Jump to content 日本-日本語
製品  >  HP ProLiant サーバ  >  Essentials ソフトウェア

SmartStart Scripting Toolkit

Win32およびLinux Edition

ProLiant

BladeSystem

ConvergedSystem

OneView

Moonshot System

Apollo System

サーバーオプション

サーバーニュース

オンラインストア

製品カタログ

サーバー選定/構成

お客様事例

サポート&サービス

旧製品情報

システム構成図

ホワイトペーパー

マニュアル

グリーン購入法対応状況

付属品リスト

サイトマップ

 
サーバーを、再定義しよう。Reimagine the server. Think compute. HP ProLiant Generation 9
コンテンツに進む
ProLiant Essentials ソフトウェア

製品情報/QuickSpecs

 
概要
    仕様一覧

サーバ サポート


サポートされるサーバとオペレーティング システムの完全なリストについては、HPのWebサイト http://www.hp.com/servers/sstoolkit/ (英語)のサポート マトリクスを参照してください。

サポートされるサーバ オペレーティング システム


Toolkitは、次のオペレーティング システムについて、OSの無人インストールを統合します。これらのOSおよび他のOSに関する無人インストールのスクリプト作成方法については、オペレーティング システムのユーザ ガイドおよびインストール マニュアルを参照してください。

  • Microsoft® Windows® 2000 ServerおよびAdvanced Server
  • Microsoft Windows Server 2003 Standard、Enterprise、およびWeb Edition
  • Linux

前提となる技術知識


SmartStart Scripting Toolkit Win32およびLinux Editionを使用するには、次の事前知識およびソフトウェアの準備が必要です。

  • Win32 Editionを使用する場合
    • WinPEオペレーティング システムのコピーを用意する必要があります。WinPEは、Microsoft OPK(OEM Pre-installation Kit)を介してのみ入手できます。
    • CMDまたはバッチファイル用のスクリプティング言語の経験が必須です。また、unattend.txtの使用経験およびMicrosoft Windowsのインストール スクリプトの作成経験も必要です。
  • Linux Editionを使用する場合
    • BASHファイル用のスクリプティング言語の経験が必須です。また、kickstart.cfgの使用経験およびLinuxのインストール スクリプトの作成経験も必要です。
    • リモート インストール用にToolkitを使用する場合は、PXE(pre-boot execution environment)などのネットワーク インフラストラクチャの使用経験が必須です。

サービスとサポート


主な利点


SmartStartは、主要オペレーティング システム ソフトウェアをインストールできるようにシステムを準備して、サーバ配備プロセスを支援します。SmartStartは、サーバとアレイ コントローラの設定を可能にするROMベースの内蔵ユーティリティを利用します。SmartStartは、すべての自動インストールで、ProLiant Support Pack(PSP)と呼ぶ最適化されたProLiantサーバ サポート ソフトウェアを自動的にインストールします。SmartStartは、ProLiant Essentials Foundationパックに含まれ、すべてのProLiant MLサーバならびにProLiant DL300、500、および700シリーズのサーバに標準で付属しています。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項