Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫  お問い合わせ
製品とサービス  >  HP ProLiant サーバ  >  Essentials ソフトウェア

SmartStart Scripting Toolkit

Win32およびLinux Edition

ProLiant

BladeSystem

ConvergedSystem

OneView

Moonshot System

Apollo System

サーバーオプション

サーバーニュース

オンラインストア

製品カタログ

サーバー選定/構成

お客様事例

サポート&サービス

旧製品情報

システム構成図

ホワイトペーパー

マニュアル

グリーン購入法対応状況

付属品リスト

サイトマップ

 
サーバーを、再定義しよう。Reimagine the server. Think compute. HP ProLiant Generation 9
コンテンツに進む
ProLiant Essentials ソフトウェア

製品情報/QuickSpecs

 
  概要
  仕様一覧

モデル


可用性
HPのWebサイト http://www.hp.com/servers/sstoolkit/ (英語)からSmartStart Scripting Toolkitをダウンロードできます。HPのWebサイト http://www.hp.com/united-states/subscribe/ (英語)で、Subscriber's Choiceのサービスを申し込むと、サーバ サポート ソフトウェアの新リリースについての通知を事前に受け取ることができます。

はじめに


新しいSmartStart Scripting Toolkit Win32およびLinux Editionが提供されます。Scripting Toolkitは、インストールと設定を自動化/無人化するソリューションを提供することにより、ProLiantサーバの大量配備を簡単に行えるようにします。SmartStartテクノロジに基づいたこのScripting Toolkitを使用すると、標準となるサーバ設定スクリプトを柔軟に作成できます。ユーザは、作成したスクリプトを使用して、サーバの設定プロセスで発生する多くの手動手順を自動化します。この自動化プロセスにより、各サーバの配備にかかる時間が短縮されるため、多数のサーバを設置してサイトを拡張することができます。

SmartStart Scripting Toolkitは、ML/DL 300、500、および700シリーズのサーバとBLサーバをサポートします。SmartStart Scripting Toolkitは、オペレーティング システム インストールのスクリプト作成およびProLiantサーバ ハードウェアの設定の経験があるITエキスパートを対象に設計され、モジュール式のユーティリティ セットと、このユーティリティ セットを使用して自動サーバ配備プロセスを作成する方法を記載した非常に役立つマニュアルが含まれています。最新機能については、HPのWebサイト http://www.hp.com/servers/sstoolkit/ (英語)を参照してください。


「ラックに搭載したら即稼動("Rack and Go")」配備


サーバをラックに搭載し、電源を入れ、ネットワークに接続し、起動CDを挿入するだけで、配備プロセスが開始されます。サーバ設定のスクリプトとオペレーティング システム インストールのスクリプトを組み合わせることにより、IT管理者は自動/無人方式を利用して、短時間で新しいサーバを設定し、オペレーティング システムをインストールできます。

バーチャル プレゼンスによるサーバ配備


リモートInsightボードLights-Out Edition(RILOE)、内蔵Lights-Out(iLO)、およびScripting Toolkitは、ネットワークのどこからでもIT資産を制御できることを目的とする「バーチャル プレゼンス」を提供する、HPの管理戦略の主要コンポーネントです。RILOE/iLOを使用すると、リモートのサーバに強力な機能でアクセスできます。システム管理者は、「仮想フロッピーCD」機能を使用することにより、ネットワーク経由でリモートから新しいサーバの電源を入れ、ネットワーク起動CDのイメージから起動し、サーバ設定スクリプトを実行し、OSインストールを実行していくことができます。このため、ローカルのITスタッフがいなくてもリモート サイトに新しいサーバを配備できるようになります。

SmartStart Scripting Toolkitの利点


  • 「ラックに搭載したら即稼動("Rack and Go")」の無人インストールにより、貴重なITリソースが配備作業から解放されます。
  • サーバの大量配備をサポートできるようになり、配備できるサーバの数が増えるため、サーバ当たりの配備費用を削減できます。
  • 多数のサーバに一貫したサーバ コンフィギュレーションを配布します。
  • よく利用されるオペレーティング システムのインストール方法との統合が可能です。
  • 「ベスト プラクティス」ガイドが用意されており、ProLiant固有のサーバ コンフィギュレーションを統合するスクリプト作成に役立つ例が提供されます。

主な特長


  • SmartStartテクノロジ - 定評のあるテクノロジを使用して、信頼性が高く一貫性のあるサーバ コンフィギュレーションを提供します。
  • 複製ユーティリティ - サーバ ハードウェア、アレイ、およびRILOE/iLOの設定スクリプト ファイルを簡単に作成してコピーできます。
  • 設定ファイル - 標準のハードウェア設定ファイルを柔軟に編集できます。
  • スクリプト作成 - IT管理者は、サーバ設定のスクリプト ファイルを作成して、オペレーティング システムの無人インストール ツールに関連付けることができます。Win32 Editionでは、CMDまたはバッチファイル用のスクリプティング言語、Linux Editionでは、BASHファイル用のスクリプティング言語が使用されます。
  • Win32環境用の移行ユーティリティ - お客様がToolkitのDOSバージョンで作成したスクリプトの既存のDOSデータ ファイルをWin32ファイルに変換します。

SmartStart Scripting Toolkitの利点


  • 迅速で効率的なサーバ配備を実現する柔軟でカスタマイズ可能なスクリプト
  • サーバ配備コストの低減
  • 大量サーバ配備をサポートできる環境にお客様のサイトをスケールアップ
  • ハウツー情報を含む、わかりやすいドキュメントを提供
  • 自動サーバ配備ソリューションの構築

登録とダウンロード


SmartStart Scripting Toolkit DOS、Win32、およびLinux Editionは、HPのWebサイト http://www.hp.com/servers/sstoolkit/ (英語)で簡単な登録手続きを行うことにより、無償で入手できます。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡