Jump to content 日本-日本語
製品  >  HP ProLiant サーバ  >  Essentials ソフトウェア

SmartStart 7.50

ProLiant

BladeSystem

ConvergedSystem

OneView

Moonshot System

Apollo System

サーバーオプション

サーバーニュース

オンラインストア

製品カタログ

サーバー選定/構成

お客様事例

サポート&サービス

旧製品情報

システム構成図

ホワイトペーパー

マニュアル

グリーン購入法対応状況

付属品リスト

サイトマップ

 
サーバーを、再定義しよう。Reimagine the server. Think compute. HP ProLiant Generation 9
コンテンツに進む
SmartStart パッケージ

製品情報/QuickSpecs

 
Showcase
  インストール方法
  概要説明
    Q&A
  ダウンロード

一般的な質問


Q1. SmartStartは、どのサーバとオプションをサポートしていますか。
A1.

SmartStart 7.xの自動インストールでは、ROMベース セットアップ ユーティリティ(RBSU)を搭載したサーバがサポートされています。次のサポート マトリックスを参照してください。

  • 「サーバ サポート マトリックス」(SmartStartのサーバ サポートの詳細)
  • 「OSサポート マトリックス」(一般的なサーバ/OSサポートの詳細)
  • 「製品サポート マトリックス」(特定リリースのSmartStartで提供開始時からサポートされているハードウェアの詳細)

RBSUを搭載していないサーバでの自動インストールには、SmartStart 5.5を使用します。

  • SmartStart 5.5はダウンロードできます。
  • SmartStart 5.5は、システム パーティションとシステム コンフィギュレーション ユーティリティをサポートしているSmartStart 5.xバージョンの最後のファミリです。
Q2. SmartStartの自動インストールでは、どのオペレーティング システムがサポートされていますか。
A2.

SmartStartの自動インストールでは、次のオペレーティング システムがサポートされています。

  • Windows 2000(Standard、Advanced Server、およびSmall Business Server)
  • Windows 2003(Standard、Enterprise、Small Business Server、およびR2)
  • Windows Server 2003 for x64 Edition(StandardおよびEnterprise)
  • Novell NetWare 5.1、6.5、および6.6
  • SUSE LINUX Enterprise Server 9(X86およびAMD64/EM64T)
  • Red Hat Enterprise Linux 4(X86およびAMD64/EM64T)
  • Red Hat Enterprise Linux 3(X86およびAMD64/EM64T)

サポートされるOSの最新のリスト(英語)を参照してください。

Q3. SmartStartなしでオペレーティング システムを手動インストールする方法を教えてください。
A3.

ProLiantサーバには、サーバおよびアレイ コントローラ ハードウェアの設定手順を簡素化する設定ツールが組み込まれています。ハードウェア設定オプションは、サーバの起動後に使用できます。ORCA(F8キーでOption ROM Configuration for Arraysユーティリティを選択)は、RAIDコントローラを設定するオプションを提供します。RBSU(F9キーで選択)は、サーバを設定します。新しい[System Maintenance]メニュー(F10キーで選択、一部のProLiant ML/DL G3サーバだけで使用可能)は、Diagnosticsなどの内蔵ユーティリティを実行します。

ハードウェアを設定したら、ベンダ提供のOSメディアからOSインストール プロセスを実行できます。OSをインストールした後で、SmartStart CDを挿入してProLiant Support Packをインストールします。

Q4. SmartStartの新しいリリースの通知を受けるにはどうすればよいですか。また、SmartStartの各リリースについての最新の変更点に関する詳細情報は、どこで入手できますか。
A4.

ソフトウェア アップデートの事前通知を受け取るには、「Subscriber's Choice」を使用します。「Subscriber's Choice」では、セキュリティで保護されたWebサイトを使用し、お客様が提供するプロファイルに基づいて、登録されたお客様に電子メールで製品の変更点やお客様への勧告を事前にお知らせしています。この無償サービスにサインアップするには、HPのWebサイト http://www.hp.com/go/subscriberschoice/ (英語)にアクセスしてください。SmartStartの各リリースについて詳しくは、次の場所を参照してください。なお、ソフトウェアの新リリースについての通知は、英語で提供されます。

  • SmartStartのWebページの「What's new」の項およびSmartStart CD
  • 「OSサポート マトリックス」(英語)(一般的なサーバ/OSサポートの詳細)
  • 「製品サポート マトリックス」(特定リリースのSmartStartで提供開始時からサポートされているハードウェアの詳細)
Q5. SmartStartを入手する方法を教えてください。
A5.

SmartStartは、ProLiant ML DLの300、500、および700シリーズのすべてのサーバに標準で付属しており、ProLiant Essentials Foundation Packに含まれています。また、HPのWebサイト http://www.hp.com/jp/servers/smartstart/ からダウンロードすることもできます。最新のリリースも購入できます。

HPは、サーバの購入日から90日間以内であれば、問題のある配布メディアを交換します。問題のある配布メディアを受け取ったお客様は、交換用のSmartStartを請求するか、最新のCDデータをダウンロードすることができます。SmartStart CDを購入するには、HP認定サプライヤまたは最寄りのHPカスタマー インフォメーション センターに、提供されているパックと購入情報についてお問い合わせください。

Q6. SmartStart CDイメージを複製することはできますか。
A6.

ProLiant Essentials Foundation PackおよびProLiant Software Maintenance Packに含まれているCD(SmartStart CD、Management CD、Firmware Maintenance CD(Maintenance Packのみ)は、企業単位でライセンス付与されます。これらのCDイメージは、サーバやCDキットを購入する各企業内のすべてのProLiantサーバで複製および使用できます。このCDイメージの複製には、企業内であれば、これらのCDからカスタマイズされたイメージを作成して運用することも含まれます。

Q7. どのようなマルチサーバ デプロイメント ツールが提供されていますか。
A7.

SmartStart Scripting ToolkitまたはRapid Deployment Packを使用すると、大量のサーバを簡単かつ迅速にデプロイメントできます。

SmartStart Scripting Toolkitは、大量のサーバをデプロイメントするための無人自動インストールを提供します。ML/DL/BLシリーズのProLiant製品ラインをサポートし、一般的なオペレーティング システムに対応しています。このツールキットには、モジュール式のユーティリティ セットと、このユーティリティ セットを使用して自動サーバ デプロイメント プロセスを作成する詳細な方法を記載したマニュアルが含まれています。詳しくは、HPのWebサイト http://www.hp.com/servers/sstoolkit/(英語)を参照してください。

Rapid Deployment Packは、スクリプト生成やイメージ生成を通じてデプロイメントを集中管理するためのAltiris GUIコンソールとスクリプト式デプロイメント エンジンとしてのSmartStart Scripting Toolkitを結合した、AltirisおよびHPによるデプロイメント ソリューションです。Rapid Deployment Packについて詳しくは、HPのWebサイト http://www.hp.com/jp/servers/rdp/ を参照してください。

Q8. ProLiant EssentialsおよびProLiant Essentials Foundation Packとは、どのようなものですか。
A8.

ProLiant Essentialsソフトウェアは、ProLiant ML、DLの300、500、および700シリーズのサーバ、ならびにProLiant BLサーバの機能を拡張するモジュール式の柔軟なツールのセットです。ProLiant Essentialsは、サーバ管理の適用範囲や機能を拡張します。また、ライフサイクル全体のコストと必要なITリソースを低減することによって、アダプティブ エンタープライズの展開を促進します。詳しくは、HPのWebサイト http://www.hp.com/jp/servers/proliantessentials/ を参照してください。

ProLiant Essentials Foundation Packには、SmartStart CDとManagement CDが入っています。このパックには、アダプティブ エンタープライズに組み込むProLiantサーバの設置、設定、管理を行うすべてのお客様にとって不可欠なソフトウェアが含まれています。また、このパックは、ProLiant MLサーバ、ProLiant DL300、500、および700シリーズのサーバに標準で付属しており、業界をリードするHPの最新のシステム レベル管理ツールを提供します。

Q9. SmartStartのサポートを受ける方法を教えてください。
A9.

HPでは、ProLiantサーバのデプロイメントを成功させるために役立つあらゆる種類のサービスを用意しています。SmartStartアプリケーションの実装と運用を支援するためのプロフェッショナルなコンサルティング サービスから電話サポート サービスによる対応まで、HPサービスの専門知識をご利用いただけます。


ハードウェアの設定に関する質問


Q1. RBSUとは何ですか。また、その使い方を教えてください。
A1.

RBSUは、ROMベース セットアップ ユーティリティの略で、一部のHP ProLiantサーバで利用できます。RBSUを利用できるサーバの完全なリストについては、QuickSpecsを参照してください。このユーティリティはシステムROMに内蔵されており、サーバのハードウェアを設定できます。起動シーケンスからF9キーを押すと、この設定プロセスが起動します。システム パラメータの設定には、以前は、F10キーを押して起動するシステム コンフィギュレーション ユーティリティが使用されていました(このユーティリティはSmartStart 5.5以前でインストールされます)。RBSUは、マシンに依存するため、サーバ タイプ別にカスタマイズされています。RBSUは、次のような各種の設定動作を実行します。

  • システム情報を表示する
  • オペレーティング システム(OS)を選択する
  • システム デバイスと取り付けられたオプションを設定する
  • プライマリ ブート コントローラを選択する

RBSUの使い方について詳しくは、HPのWebサイト にアクセスし、RBSUユーザ ガイドをダウンロードしてください。

Q2. ORCAとは何ですか。
A2. Option-ROM Configuration for Arrays(ORCA)ユーティリティは、アレイ コントローラを設定するためのユーティリティです。ORCAは、システムPOSTの後でF8キーを押すとアクセスできます。ユーザは、論理ドライブの作成、削除、割り込み設定、ブート コントローラ順の設定を行うことができます。

ファームウェアおよびソフトウェアのアップデートに関する質問


Q1. ProLiantサーバおよびオプション用の最新バージョンのファームウェアおよびソフトウェアは、どこから入手できますか。
A1.

ProLiantサーバおよびサーバ オプション用のファームウェアは、ProLiant Firmware Maintenance CDに収録されるようになりました。このCDは、SmartStart CDイメージのダウンロード用Webページからダウンロードできます。

Q2. ProLiant製品のファームウェアをアップデートする方法を教えてください。
A2.

次のいずれかの方法で、ProLiantのファームウェアをアップデートできます。

  • ROMアップデート ユーティリティ:一部のProLiantサーバおよびオプションのファームウェアのアップデートでは、ProLiant Firmware Maintenance CDを起動または自動実行するとアクセスできるこのユーティリティを使用します。
  • ROMPaq:一部のProLiantサーバおよびオプションで使用できる、ディスケットベースのファームウェア アップデートの方法です。
  • オンラインROMフラッシュ コンポーネント:一部のProLiantサーバおよびオプションで使用できる、WindowsおよびLinuxシステムでファームウェアをオンライン アップデートする方法です。

ROMのアップデートについて詳しくは、HPのWebサイトを参照してください。

Q3. ProLiant Support Pack(PSP)とは、どのようなものですか。
A3.

ProLiant Support Packは、ProLiant製品用に最適化されたドライバ、ユーティリティ、および管理エージェントの、オペレーティング システム(OS)別のバンドル製品です。このソフトウェア バンドルは、適切なインストールと機能性を保証するために、テストされ、HPのSmartStart CDと同時にリリースされます。PSPには独自のデプロイメント ユーティリティが付属しているので、ソフトウェアを個別のProLiantシステムに簡単にインストールできます。PSPは、次の方法で入手できます。

PSPをインストールする方法は、いくつかあります。SmartStart CDの自動実行機能からインストール プログラムを起動したり、PSPに付属のデプロイメント ユーティリティを使用してインストールしたりすることができます。

PSPの使用方法について詳しくは、『HP ProLiant Support Packおよび展開ユーティリティ ユーザ ガイド』を参照してください。

Q4. システムのソフトウェア バージョンの管理を簡素化するために使用できるものはありますか。
A4. 新しいHP Systems Insight Manager(HP SIM)を使用することによって、ProLiantサーバでバージョンを管理できます。バージョン コントロール レポジトリ マネージャ(VCRM)とバージョン コントロール エージェントをHP SIMと組み合わせて使用すると、ProLiantの新しいアップデートがHPからリリースされた場合に通知を受け、アップデートの重大度を理解して、環境内にあるすべてのProLiant製品へのProLiantソフトウェアのデプロイメントをスケジューリングできます。PSPは、ドライバや管理エージェントを含んでおり、バージョン管理の基礎となります。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項