Jump to content 日本-日本語

製品  > HP ProLiant サーバー  >  Essentials ソフトウェア

SmartStart 7.20

サーバー

HPE Server Now

オンラインストア

製品カタログ

サーバー選定/構成

お客様事例

サポート&サービス

旧製品情報

システム構成図

ホワイトペーパー

マニュアル

グリーン購入法対応状況

「生産性向上設備」証明書発行

付属品リスト

サイトマップ

 
コンテンツに進む
SmartStart パッケージ

製品情報/QuickSpecs

 
Showcase
  インストール方法
    概要説明
  ダウンロード

多様なシステム メンテナンス


SmartStart CDから各ユーティリティを起動してサーバーのメンテナンスを行う

  • Insight Diagnostics - システム コンポーネントのテストを実行します。Insight Diagnosticsは、サーバーのハードウェアとソフトウェアのコンフィギュレーションに関する情報を表示します。ハードウェアとソフトウェアのテストを実行できるサブシステムとしては、プロセッサ、入力デバイス、通信ポートおよびデバイス、ストレージ デバイス、グラフィックス、メモリ、マルチメディア デバイスがあります。また、リモート マネジメント プロセッサ(iLO、RILOEII)も実行できるようになりました。
  • アレイ コンフィギュレーション ユーティリティ(ACU) - 新しく追加したアレイ コントローラおよび関連するストレージ デバイスを設定できます。コンフィギュレーション ウィザードを備えたWebベースのツールによって、アレイ コントローラを設定したり、既存のコンフィギュレーションにディスク ドライブを追加したり、あるいは既存のディスク ドライブ アレイを再設定したりできます。
  • Array Diagnostics Utility(ADU) -アレイ コントローラ上でデバイスのテストを行います。
  • Erase Utility - システム構成(接続されているドライブ、接続されていないドライブ、BIOS、および不揮発性メモリ(NVRAM))を消去および初期化できます。

ROMベースの内蔵ユーティリティを使用してサーバーのメンテナンスを行う

  • ROMベース セットアップ ユーティリティ(RBSU)を使用すると、システム情報を表示したり、オペレーティング システム(OS)を選択してシステムにOSをインストールする準備をしたり、システム デバイスや取り付け済みのオプション製品を設定したり、プライマリ ブート コントローラを選択したりするなど、サーバーのさまざまな設定作業を実行できます。RBSUは、システムの起動後にF9キーを押すと起動します。
  • Option-ROM Configuration for Arraysユーティリティ(ORCA)を使用すると、HPアレイ コントローラを設定できます。ORCAは、システムの起動後にF8キーを押すと起動します。ORCAでは、論理ドライブを作成および削除したり、割り込みを設定したり、ブート コントローラの順序を設定したりすることができます。
  • 改良された自動設定プロセスによって、ユーザがRBSUやORCAを起動しなくても、OSとRAIDのデフォルト選択内容にシステムが自動設定されます。デフォルトのOSは、Windows 2000/Windows Server 2003です。また、デフォルトのRAID構成は、1台のドライブ→RAID 0、2台のドライブ→RAID 1、3〜6台のドライブ→RAID 5となっています。RBSUおよびORCAを使用してサーバーを設定するオプションも、常に利用できます。
  • 動的セットアップ サポートによって、仮想インストール ディスク上にある必要なブート ドライバをOSが自動的に検索するように設定できるので、ユーザが操作しなくてもOSのインストールを実行できます。この機能は、Windows Server 2003についてのみサポートされます。
  • 一部のシステムでは、システムの起動後にF10キーを押すことによって、診断ユーティリティや参照ユーティリティを利用できます。F10キーを押すと、システム メンテナンス ユーティリティが起動します。

サービスおよびサポート


HPでは、 ProLiant サーバーの配備を成功させるために役立つサービスを用意しています。
  • SmartStartサポート フォーラム- HPサポート フォーラムは、コミュニティ ベースの、HPのお客様用のユーザ サポート ツールです。お客様によるコミュニティ内でHP製品についての議論に参加することができます。
  • ソフトウェアとドライバのダウンロードページ - ProLiant製品用の最新のソフトウェアとドライバを提供します。

サポートされるOS


  • Microsoft Windows NT 4.0
  • Microsoft Windows 2000(Server、Advanced Server、SBS)
  • Microsoft Windows Server 2003(Standard Edition、Enterprise Editionr、SBS)
  • Novell NetWare 5.1および5.1 SBS
  • Novell NetWare 6.0および6.0 SBS
  • Novell NetWare 6.5
  • Red Hat Professional 8.0、Red Hat Enterprise Linux 2.1および3、SuSE Linux Enterprise 7、8、および9、UnitedLinux 1.0(ProLiant Support Packのみ)
サポートされるProLiantオペレーティング システムの最新の一覧については、HPのFTPサイト
ftp://ftp.compaq.com/pub/products/servers/os-support-matrix-pdf(英語)を参照してください。

サポートされるサーバー


サーバーの導入:ProLiant BL20P G2、BL40P、ML/DL300、500、700 RBSUベース システムの自動インストールおよびサーバー メンテナンス作業には、SmartStart 7.x以上を使用してください。RBSUベースより以前のシステムでのオペレーティング システムの設定およびインストールについては、SmartStart 5.5を使用してください。
ソフトウェアおよびファームウェアのアップデート:HPのWebサイトhttp://www.hp.com/go/support/(英語)、SmartStart CD、またはProLiant Firmware Maintenance CDを使用して、最新のソフトウェアとファームウェアにアクセスします。最新のHP Systems Insight Managerは、HPのWebサイトhttp://www.hp.com/jp/hpsim/からダウンロードできます。
サポートされるProLiantサーバーの最新の一覧については、HPのWebサイト http://www.hp.com/servers/smartstart/supportmatrices(英語)を参照してください。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項