Jump to content 日本-日本語

製品  >  IAサーバ  >  Essentials ソフトウェア

SmartStart 7.00

ProLiant

BladeSystem

ConvergedSystem

OneView

Moonshot System

Apollo System

サーバーオプション

サーバーニュース

オンラインストア

製品カタログ

サーバー選定/構成

お客様事例

サポート&サービス

旧製品情報

システム構成図

ホワイトペーパー

マニュアル

グリーン購入法対応状況

付属品リスト

サイトマップ

 
サーバーを、再定義しよう。Reimagine the server. Think compute. HP ProLiant Generation 9
コンテンツに進む
SmartStart 7.00 パッケージ
製品情報/QuickSpecs
Showcase
    インストール方法
  多様なメンテナンス
  仕様一覧

3種類のサーバ セットアップ方法


ROMベースのサーバ システムでは、SmartStartによる「3種類のサーバ セットアップ方法」を利用できます。

自動OSインストール


SmartStartは、ハードウェア プラットフォームのパフォーマンスを最適化できるように、オペレーティング システムのインストールをすべての手順にわたって手引きします。自動インストールを使用すると、SmartStartは、インストールに備えてサーバを準備するので、ベンダ供給のCDを使用してオペレーティング システムをインストールできるようになり、さらに、ProLiant Support Pack(PSP)を使用してサーバ サポート ソフトウェアを自動インストールできるようになります。
   
 
  1. ROMベース ユーティリティを使用してサーバおよびアレイ コントローラを設定するか、インテリジェントなデフォルト設定を選択します。
  2. SmartStart CDを起動して、ハードウェア コンフィギュレーションを検証し、インタビュー式の質問に順番に答えて、OSをインストールできるようにサーバを準備します。
  3. OSのCDを挿入して、OSのインストールとサーバ サポート ソフトウェアの自動インストールを完了します。

手動OSインストール


ROMベース ユーティリティを利用して、OSのインストールを完了する前にサーバのハードウェアを設定します。
   
 
  1. ROMベース ユーティリティを使用してサーバおよびアレイ コントローラを設定するか、インテリジェントなデフォルト設定を選択します。
  2. OSのCDを起動し、インタビュー式の質問に順番に答えて、OSのインストールを完了します。
  3. SmartStart CDを挿入して、最新バージョンのサポート ソフトウェアを適用します(WindowsおよびLinuxシステムのみ)。

ROMベースではない従来のサーバ システムでは、SmartStart 5.5を使用してサーバをセットアップしてください。


  1. SmartStart 5.5 CDを起動して、ハードウェアを設定し、OSをインストールできるようにシステムを準備します。必要なインストールの種類に応じて、自動、手動、または複製インストールを選択します。
  2. OSのCDを挿入して、OSのインストールを完了します。
  3. SmartStart 6.xのCDを挿入して、サーバを最新バージョンのソフトウェア ドライバでアップデートします。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項