本文に進む 日本−日本語
≫ お問い合わせ
more options -->
製品とサービス |  IAサーバ | Essentials ソフトウェア

SmartStart 6.4


ProLiant HOME

HPのエンタープライズ戦略
Adaptive Enterprise
製品情報
ProLiant サーバ情報
  エントリレベル サーバ情報  
  ソフトウェア情報  
  サーバストレージ情報  
  オプション製品情報  
  管理ツール情報  
  技術情報  
  製品価格一覧  
  旧製品情報  
構成情報/ソリューション
システム構成情報
  導入前のアドバイス  
  導入事例  
  ソリューション  
サポート
サポート一覧
  ダウンロード サービス  
  マニュアル ライブラリ  
サービス
保証/サービス一覧
ニュース & プロモーション
ProLiant ニュース
ProLiant プロモーション
サイトマップ
ページ案内
関連リンク
HP Integrity
HP Storage
販売パートナー
HP DirectPlus-日本HPのオンラインストア

SmartStart 6.40 パッケージ イメージ
製品情報
Showcase
  インストール方法  
    多様なメンテナンス  
  仕様一覧  
多様なシステム メンテナンス

SmartStart CDから各ユーティリティを起動してサーバのメンテナンスを行う

Insight Diagnostics - システム コンポーネントのテストを実行し、サーバのハードウェアとソフトウェアのコンフィギュレーションに関する情報を表示します。ハードウェアとソフトウェアのテストを実行できるサブシステムとしては、プロセッサ、入力デバイス、通信ポートおよびデバイス、ストレージ デバイス、グラフィックス、メモリ、マルチメディア デバイスがあります。

ACU(アレイ コンフィギュレーション ユーティリティ) - 新しく追加したアレイ コントローラおよび関連するストレージ デバイスを設定できます。Smartアレイ コントローラとStorageWorksa RAID Array 4x00製品ファミリ向けのアレイ コンフィギュレーション ユーティリティXE(ACU-XE)により、ディスク ドライブ アレイの設定と拡張が簡単に行えるようになります。コンフィギュレーション ウィザードを備えたWebベースのツールにより、アレイ コントローラを設定したり、既存のコンフィギュレーションにディスク ドライブを追加したり、あるいは既存のディスク ドライブ アレイを再設定したりできます。

Array Diagnostics Utility -アレイ コントローラ上でデバイスのテストを行います。

ROMアップデート ユーティリティ - システム、オプション製品、およびハードディスク ドライブのファームウェアのカスタマイズ アップデートに対応できます。

Erase Utility - システム構成(接続されているドライブ、接続されていないドライブ、BIOS、および不揮発性メモリ(NVRAM))を消去および初期化できます。

ROMベースの内蔵ユーティリティを使用してサーバのメンテナンスを行う

  • ROMベース セットアップ ユーティリティ(RBSU)を使用すると、システム情報を表示したり、オペレーティング システム(OS)を選択してシステムにOSをインストールする準備をしたり、システム デバイスや取り付け済みのオプション製品を設定したり、プライマリ ブート コントローラを選択したりするなど、サーバのさまざまな設定作業を実行できます。RBSUは、システムのPOSTの終了後にF9キーを押すと起動します。
  • Option-ROM Configuration for Arraysユーティリティ(ORCA)を使用すると、アレイ コントローラを設定できます。ORCAは、システムのPOSTの終了後にF8キーを押すと起動します。ORCAでは、論理ドライブを作成および削除したり、割り込みを設定したり、ブート コントローラの順序を設定したりすることができます。
  • 改良された自動設定プロセスによって、ユーザがRBSUやORCAを起動しなくても、OSとRAIDのデフォルト選択内容にシステムが自動設定されます。デフォルトのOSは、Windows 2000およびWindows Server 2003です。また、デフォルトのRAID構成は、1台のドライブ→RAID 0、2台のドライブ→RAID 1、3〜6台のドライブ→RAID 5となっています。RBSUおよびORCAを使用してサーバを設定するオプションも、つねに利用できます。
  • 動的セットアップ サポートにより、仮想インストール ディスク上にある必要なブート ドライバをOSが自動的に検索するように設定できるので、ユーザが操作しなくてもOSのインストールを実行できます。この機能は、Windows Server 2003、Novell NetWare 6.0、および将来のRed Hat Linuxについてのみサポートされています。
  • 一部のシステムでは、POSTの終了後にF10キーを押すことによって、診断ユーティリティや参照ユーティリティを利用できます。F10キーを押すと、システム メンテナンス ユーティリティが起動します。
ソフトウェアをアップデートしてシステムを最新の状態に保つ

SmartStart CDを使用して、ProLiant Support Pack(PSP、ProLiantサーバ用のソフトウェアとドライバ)にアクセスできます。SmartStart CDをWindowsまたはLinuxシステムに挿入すると、自動実行メニューが起動して、以下のオプションが提供されます。
 
  • PSPの自動インストール
  • バージョン コントロール レポジトリ マネージャ(VCRM)の実装
  • CDに収録されているソフトウェアおよびドライバへのアクセス
  • Webサイトにある最新バージョンのソフトウェアおよびドライバへのアクセス
  自動実行メニューには、Microsoft Windows NT 4.0、Windows 2000、Windows Server 2003のサポート ソフトウェア(PSP)およびNovell NetWareのサポート ソフトウェア(PSP)用のソフトウェア ディスケット イメージを作成する機能が備わっています。ProLiantサーバで利用可能なソフトウェアの完全なリスト、および最新バージョンのソフトウェアの入手については、HPのWebサイト http://h18007.www1.hp.com/support/files/server/jp/index.html を参照してください。
SmartStartの自動実行メニューは、以下のいずれかの構成を備えたシステムで動作します。
 
  • Microsoft Internet Explorer 5.5以降が搭載されたMicrosoft Windows NT 4.0
  • Microsoft Internet Explorer 5.0以降が搭載されたMicrosoft Windows 2000
  • Microsoft Internet Explorer 5.0以降が搭載されたMicrosoft Windows Server 2003
  • Netscape 7.01、4.79、およびMozilla 1.01が搭載されたLinux
  定期配信オプション:製品変更通知(PCN)のWebサイトは、定期配信オプションのWebサイトに移行しました。これまでPCNのWebサイトで受け付けていたPCNおよびCustomer Advisory(CA)の事前配信は、新しいWebサイトから提供されます。これまでのPCN定期配信利用者は、そのアカウント情報が新しいWebサイトに移行されているので、継続してHPからの定期配信を受けることができます。定期配信オプションのWebサイトのユーザIDは、ユーザの電子メール アドレスですが、パスワードは変更されません。定期配信オプションのWebサイト http://www.hp.com/united-states/subscribe/ (英語)で提供される機能の豊富な通知の利用をおすすめします。


プライバシー ご利用条件・免責事項