本文に進む 日本−日本語
日本HPホーム 製品とサービス サポートとドライバ ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ
日本HPホーム
製品とサービス |  IAサーバ |  Essentialsソフトウェア

SmartStart 6.3


ProLiant HOME

HPのエンタープライズ戦略
Adaptive Enterprise
製品情報
ProLiant サーバ情報
  エントリレベル サーバ情報  
  ソフトウェア情報  
  サーバストレージ情報  
  オプション製品情報  
  管理ツール情報  
  技術情報  
  製品価格一覧  
  旧製品情報  
構成情報/ソリューション
システム構成情報
  導入前のアドバイス  
  導入事例  
  ソリューション  
サポート
サポート一覧
  ダウンロード サービス  
  マニュアル ライブラリ  
サービス
保証/サービス一覧
ニュース & プロモーション
ProLiant ニュース
ProLiant プロモーション
サイトマップ
ページ案内
関連リンク
HP Integrity
HP Storage
販売パートナー
HP DirectPlus-日本HPのオンラインストア

ProLiant Essentials Software
製品情報
» Showcase
  » 概要説明  
  » 仕様一覧  
    OSインストール方法  

標準的なOSインストール方法

自動インストール:SmartStartは、ハードウェア プラットフォームの性能を完全に最適化できるように、オペレーティング システムのインストールをすべての手順にわたって手引きします。自動インストールを使用すると、SmartStartは、インストールに備えてサーバを準備するので、ベンダ供給のCDを使用してオペレーティング システムをインストールできるようになり、さらに、ProLiant Support Pack(PSP)を使用してサーバ サポート ソフトウェアを自動インストールできるようになります。

手動インストール:オペレーティング システムの手動インストールでは、ROMベースのユーティリティとベンダ供給のオペレーティング システムのメディアを利用した後、SmartStart CDからサーバ サポート ソフトウェアを手動でインストールします。将来のProLiantサーバでは、内蔵コンポーネントを追加することにより、手動インストールのセットアップ手順を改良しユーザの操作を最小限に抑えること、業界でも主流となるOSの標準インストールとの統合化を実現すること、CDの入れ替え回数を最小限に低減すること、およびよく使うユーティリティをROMに内蔵することでメンテナンスのために簡単に利用できるようにすることなどが可能になります。
  • 自動構成の手順を改良。この機能は、ユーザが操作しなくても、OSとRAIDのデフォルト選択内容にシステムを自動設定するものです。デフォルトのOSは、Windows 2000、Windows Server 2003(RC2)のStandard EditionおよびEnterprise Editionです。また、デフォルトのRAID構成は、1台のドライブ→RAID 0、2台のドライブ→RAID 1、3〜6台のドライブ→RAID 5となっています。この自動構成の手順を使用せず、ORCAまたはACUを使用してRAID構成を設定することも可能です。
  • 動的セットアップ サポートにより、必要に応じ、OSが必要とするブート ドライバを自動的に検索するように設定できるので、ユーザが操作しなくてもOSのインストールを実行できます。
  • 内蔵ROMコンポーネントには、診断ユーティリティや参照ユーティリティを実行できる機能が含まれているため、システム パーティションを使用する必要はありません。

ソフトウェア アップデート

以下の方法のいずれかを使ってソフトウェアを最新の状態に維持してください。

SmartStartの自動実行メニュー

SmartStartには、すべての主要なオペレーティング システムで最適化された性能を実現する、最適化されたドライバおよびユーティリティが含まれています。自動実行メニューには、Microsoft® Windows® NT® 4.0とWindows 2000のサポート ソフトウェア(PSP)およびNovell® NetWare®のサポートソフトウェア(PSP)用のソフトウェア ディスケット イメージを作成する機能が備わっています。ProLiantサーバで利用可能なソフトウェアの完全なリスト、および最新ソフトウェアの入手については、Webサイトhttp://h18007.www1.hp.com/support/files/server/jp/index.htmlを参照してください。SmartStartの自動実行メニューは、以下のいずれかのコンフィギュレーションを備えたシステムで動作します。
  • Microsoft Internet Explorer 5.5以降が搭載されたMicrosoft Windows NT 4.0
  • Microsoft Internet Explorer 5.0以降が搭載されたMicrosoft Windows 2000

上記のいずれかの構成を満たすシステムで、SmartStartの自動実行メニューをロードするには、オペレーティング システムの動作中にSmartStart CDをCD-ROMドライブに挿入します。
  • ドライバをインストールするには、[ソフトウェアのインスト−ル]をクリックします。
  • MicrosoftとNovell NetWareのドライバのCDを参照するには、[CDの内容の参照]をクリックします。

ActiveUpdate

ActiveUpdateは、障害予測通知やProLiantサーバ用ソフトウェア アップデートの自動ダウンロードを提供する高度なWebベースのアプリケーションです。ActiveUpdateは、新しいバージョン コントロール レポジトリ マネージャまたはInsightマネージャ7 SP1とともに使用すると、全体的なソフトウェア メンテナンス プロセスが簡単になります。詳しくは、HPのWebサイトhttp://h18000.www1.hp.com/products/servers/management/activeupdate/
index.html
(英語)を参照してください。


プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡