Jump to content 日本-日本語

製品  >  HP ProLiant サーバ  >  Essentials ソフトウェア

Rapid Deployment Pack

ProLiant

BladeSystem

ConvergedSystem

OneView

Moonshot System

Apollo System

サーバーオプション

サーバーニュース

オンラインストア

製品カタログ

サーバー選定/構成

お客様事例

サポート&サービス

旧製品情報

システム構成図

ホワイトペーパー

マニュアル

グリーン購入法対応状況

付属品リスト

サイトマップ

 
サーバーを、再定義しよう。Reimagine the server. Think compute. HP ProLiant Generation 9
コンテンツに進む
ProLiant Essentials Rapid Deployment パック

product demo「このリンクをクリックすると、新しいウィンドウが開きます」

製品情報/QuickSpecs

 
    Showcase   ダウンロード
  概要説明   Knowledge Base
  仕様一覧   定期トレーニング
  テクニカル仕様   マニュアル
  Q&A      

製品説明

Rapid Deployment Pack(RDP)は、スクリプティングまたはイメージング テクノロジを使用して、GUIベースまたはWebベースのコンソールを介して、大量のサーバの設置、構成、および配備を実行するサーバデプロイメントソリューションです。サーバを設定する時間が短縮されるため、大量のサーバを迅速に配備できます。

RDPには、HP SmartStart Scripting Toolkit、ドライバ、エージェント、コンフィギュレーション ユーティリティ、HPから提供される配備ジョブ、簡単なインストール作業、および重要なサポートとドキュメントが含まれています。HP Systems Insight Managerとの緊密な統合により、このデプロイメントソリューションは、イメージングまたはスクリプティングを使用して、迅速かつ簡単にサーバを配備することができます。サーバの配備は、対象となるサーバを多数選択しても、事前に定義したイメージやスクリプトを指定して、[Run]をクリックするという操作だけで完了します。


新機能

HP ProLiant Essentials Rapid Deployment Pack Windows Edition 3.1は、以下の機能を提供します。

  • VMware Infrastructure 3.00の配備
  • 最新のHP ProLiantサーバのサポート
  • Windows Server 2003 x64 Editionのサポート
  • SLES 10 x86、AMD64、およびインテルEM64Tのサポート

以下の環境に適しています。

定期的に新しいサーバの配備が必要なデータセンタ環境

  • 高密度サーバには、自動化された大量配備の選択肢が必要です。RDPは、使いやすいグラフィカル ユーザ インタフェースを通じて、このような配備の選択肢を提供します。
  • ヘッドレス サーバの登場により、サーバ配備を簡素化する必要があります。RDPは、HP独自のLights-Out機能を利用してヘッドレス サーバを完全に制御します。
  • ユーザには、スケーラブルな高速配備ソリューションが必要です。RDPはマルチキャスティング機能を備えているため、同時に数百台のサーバを配備する必要がある非常に大規模な環境にも対応できます。
  • お客様は、高度でありながらどのレベルのITスタッフでも使用できる、導入しやすいサーバデプロイメントソリューションを必要としています。RDPは、ドラッグ アンド ドロップ ユーザ インタフェースを採用し、またHP Systems Insight Managerに統合しているため、すべてのITスタッフが使用でき、明確なアクセス権の指定によってアクセス権限のないスタッフによる不正使用を防止します。

分散拠点を持つ大規模組織

  • お客様は、無人のサーバ配備方法を必要としています。RDPを使用するリモート配備では、サーバをラックに設置し、ネットワークに接続し、タグを読む現場スタッフだけで十分です。サーバのスイッチを入れることを含めて、リモートで実行できます。

主な利点

高速で使いやすいドラッグ アンド ドロップ ソリューション

  • 自動化を通じて複数のサーバや複数のサイトに対して、一貫した信頼性の高い構成が生成され、大規模配備中の全体的なITリソース要件が軽減されます。
  • データセンタ内部やリモート サイトでのサーバの配備および再配備用のバーチャル プレゼンスとバーチャル コントロールを確立します(ITスタッフは現場にいる必要がありません)。
  • 企業が変化するワークロードに迅速に対応するために、サーバ配備の自動化を簡単にします。
  • 一貫性のある使いやすい配備/構成管理ツールにより、サポート、保守、トレーニングのコストを軽減します。

ProLiantサーバでただちに稼動

  • 付属のProLiantインテグレーション モジュールが、HPから提供される配備イベントとスクリプトとともに、最新バージョンのSmartStart Scripting Toolkit、最適化されたドライバ、およびマネジメント エージェントを提供します。
  • SmartStartテクノロジを使用してHPから提供される配備ジョブとスクリプトが、生産性を最大化し、サーバの構成とソフトウェアの配備を自動化し、世界的なレベルのIT効率を推進し、維持管理費を削減します。
  • HPから提供される構成イベントと、Microsoft WindowsやLinuxオペレーティング システムとを簡単に統合できるため、自動化された方法で初期のOS配備を簡素化し、統合のステップをさらに推進します。
  • RDPは、VMware ESXホストの配備、およびそのVMware ESXホストへのWindowsとLinuxのゲストの配備をサポートすることによって、仮想サーバを配備しているデータセンタの急速に増加するニーズに対応します。
  • HPブレード サーバ専用に設計された独自の機能
    • RDPは、ProLiant BLサーバラインに推奨されるデプロイメントソリューションです。
    • 独自のrip-and-replace機能を使用して迅速な保守が可能です。障害予測警告により、事前にブレード サーバを交換して保守することが可能です。新しいブレード サーバは、位置(ベイ、エンクロージャ(筺体)、ラック)に基づいて交換するサーバの設定を自動的に継承します。
    • ブレード サーバはラック内の位置で簡単に識別できます。ブレードは、ラック、エンクロージャ、ベイなどのわかりやすいアイコンで表示されます。
    • 仮想ラック/エンクロージャ/ベイ機能を使用して、ブレードが特定のベイに最初に挿入されるときに実行されるイベントを割り当てることができます。ユーザは、コンソールのインタフェースから、仮想エンクロージャおよび関連した仮想ベイを作成し、その作成時に単一イベントをエンクロージャのベイに関連付けることができます。

ProLiantサーバ管理製品の中核

  • マネジメント エージェントの配備と構成により、重要なサーバのヘルス ステータスを表示し、新しいHP Systems Insight ManagerまたはInsightマネージャ7からのアクセスを可能にします。
  • RDPとIntegrated Lights-OutおよびリモートInsightボードLights-Out Editionの統合によって、リモート管理を簡素化します。フルシステム アクセスにより、電源の制御から仮想メディアまでの管理を行います。
  • HP Systems Insight Manager(HP SIM)との緊密な統合により、配置されていないサーバをHP SIMで表示することができ、またサーバ配備コマンドをHP SIMメニュー バーに追加することができます。

プロファイルからのサーバ構築を実現し、 作業効率を飛躍的にアップ

Rapid Deployment Packは、HPとAltiris社によって開発されたサーバ設置・構築作業を劇的に進化させたソフトウェアです。Altiris社のAltiris Deployment ServerとHPのProLiantインテグレーション モジュールを組み合わせ、IT管理者が行わなければいけないサーバ設置作業をはじめ、ハードウェアの設定、 OS やアプリケーションのインストール等を自動化および効率化します。たとえひとつのブレードが故障した場合でも、ブレードを差し替えるだけで、サーバの再インストールが自動的に行われ、さらにアレイの設定やハードウェアの設定までもが自動化できます。

たとえばRapid Deployment Packにより、これまで6 台のWEB サーバを導入する場 合、9 時間かかっていたものが、所要時間わずか40 分。また、従来100 時間かかっ た100 台のサーバのアップグレードをたった1 時間と、従来の常識を覆した作業効率アップを実現しました。

≫ 

Windows Edition

≫ 

Linux Edition

   
Windows Edition RDP Linux Editionは、現在のバージョン1.30をもって提供を終了することになりました。RDP Windows Edition 3.00がオプションキットへの同梱が開始される時期から、RDP Linux EditionのCDは提供されなくなります。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項