Jump to content 日本-日本語

製品  >  HP ProLiant サーバ  >  Essentials ソフトウェア

HP ProLiant Essentials Intelligent Networking Pack Windows Edition

ProLiant

BladeSystem

ConvergedSystem

OneView

Moonshot System

Apollo System

サーバーオプション

サーバーニュース

オンラインストア

製品カタログ

サーバー選定/構成

お客様事例

サポート&サービス

旧製品情報

システム構成図

ホワイトペーパー

マニュアル

グリーン購入法対応状況

付属品リスト

サイトマップ

 
サーバーを、再定義しよう。Reimagine the server. Think compute. HP ProLiant Generation 9
コンテンツに進む
HP ProLiant Essentials Intelligent Networking Pack イメージ

製品情報/QuickSpecs

 
  Showcase
  製品概要
  仕様一覧
  Q&A
  製品デモ
  マニュアル

製品の特長


Virus Throttle新機能


ネットワーク トラフィックの外向きTCP接続要求における異常な動作を監視し、「未感染」マシンへの伝染を遅らせ、ネットワーク管理者に報告します。このアルゴリズムは、マシンが通常の活動において新しいマシンや異なるマシンに送信接続をすることがあまりなく、別のマシンよりも同じマシンに対して繰り返し接続するという考察に基づいています。この動作は、急速に広まるウィルスやワームの基本的な動作と対照的です。感染したマシンは、できるだけ多くの異なったマシンにできるだけ多くの送信接続を試みます。Virus throttleの機能は、フィルタをネットワーク スタックに実装し、ほとんどの通常トラフィックが影響を受けることのないように、遅延を繰り返すことで新しいホストへの接続速度を制限します。

アクティブ パス フェールオーバ


このフェールオーバ オプションによって、ProLiantサーバは、ブロックされたネットワーク パスを予測して回避することができます。このオプションは、コア ネットワーク システムまたはEcho Nodeを使用して接続性を確認します。チーム内のNICはパスが使用可能かどうかを確認し、パスが使用できなくなると、プライマリNICがセカンダリNICにフェールオーバします。Echo Nodeには、特別なソフトウェアをインストールする必要はありません。標準的なネットワーク パケットを使用して、チーミングされているNICの接続性を判別します。Echo Nodeのセットアップ作業は、ネットワーク コンフィギュレーション ユーティリティ(NCU)を使用して、IPアドレスとMACアドレス(オプション)を指定し、次に、プローブの間隔とタイムアウトの値を設定するだけです。

ファスト パス フェールオーバ


このフェールオーバ オプションによって、ProLiantサーバは、ネットワーク トランザクションに対して、ネットワークの宛先への最速の経路を選択することができます。チーム メンバーから宛先までの経路が、使用可能な別の経路よりも遠かったり、速度が遅くなると、フェールオーバを開始します。このようなスローダウンを検知すると、プライマリNICから、宛先までより高速な経路を持つチーム内のセカンダリNICまたはバックアップNICへのフェールオーバが起動します。

デュアル チャネル チーミング


基本的なNICチーミングでは、受信のロード バランシングや冗長化はサポートされておらず、2スイッチ間の送信のロード バランシングのみがサポートされていました。デュアル チャネル チーミングを使用すると、ProLiantサーバが2スイッチ間の「チーミングのチーミング」を構成することができ、これによって送信および受信のロード バランシングがサポートされます(チーミング分割)。デュアル チャネル チーミングをサポートするには、サーバは4枚以上のNICで構成する必要があります。この機能は、スイッチ アシスト デュアル チャネル ロード バランシングとも言われます。

お客様による利用のシナリオ


  • 可用性問題の防止 - ProLiantのお客様で、サーバを実環境に配備している方は、INPを使用してエンドユーザが不満を持つ可能性のある問題を、ほとんどの場合事前に特定、診断、および修正することができます。
  • ネットワーク帯域幅の増加 - ProLiantのお客様で、常に最大限の帯域幅が必要な方は、INPを使用してネットワーク コア スイッチへの最速のパスを判別し、ネットワークに到達することができます。これによって、プライマリ パスに障害が発生した場合に小さい帯域幅のバックアップ接続を使用せずにすみます。
  • ウィルスの感染拡大防止 - ProLiantのお客様で、自分のネットワーク環境に実装するセキュリティ対策を探している方に有用です。Virus Throttleは、感染の防止は行いません(ウィルスはマシンに届きます)が、短期間で伝染するウィルスに対して特に効果があります。ウィルスの感染拡大を抑制することで、被害を最小限にします。ウィルスを活発にまき散らすマシンを減らすことによって伝染速度を遅くして、ネットワーク負荷を減少させます。

補完製品


ProLiant Essentials Foundation Pack(すべてのProLiant ML/DL 300+サーバに付属。SmartStart CDおよびManagement CDを含む)
リモートInsightボードLights-Out Edition ProLiant Essentials内蔵Lights-Out Advancedパック
HP Systems Insight Manager
ProLiant Essentials Rapid Deploymentパック
ProLiant Essentials Workload Managementパック
SmartStart Scripting Toolkit
ProLiant BL、ML、およびDLサーバ

補完ネットワーク チーミング製品


自動(推奨)
802.3ad Dynamic、(フォールト トレランス機能付き)
スイッチ アシスト ロード バランシング(SLB)、(フォールト トレランス機能付き)
トランスミット ロード バランシング(TLB)、(フォールト トレランス機能付き)
ネットワーク フォールト トレランス(NFT)のみ

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項