Jump to content 日本-日本語

製品  >  HP ProLiant サーバ  >  Essentials ソフトウェア

HP ProLiant Essentials Server Migration Pack
Physical to ProLiant Edition 1.4

サーバー

HPE Server Now

オンラインストア

製品カタログ

サーバー選定/構成

お客様事例

サポート&サービス

旧製品情報

システム構成図

ホワイトペーパー

マニュアル

グリーン購入法対応状況

「生産性向上設備」証明書発行

付属品リスト

サイトマップ

 
コンテンツに進む
HP ProLiant Essentials Server Migration Pack
Physical to ProLiant Edition
  Showcase
概要説明
仕様一覧
  Q&A
  システム構成
  マニュアル
関連リンク
SMP(P2V/V2V/V2P)
  HP ProLiant Essentials
  HP ProLiant Blade Systen
  HP ProLiant DL/ML

製品説明

既存のサーバをアップグレードしますか、または置き換えますか。現在は、移行も長期的な運用計画のひとつです。現在稼働中のサーバを、HP ProLiant Essentials Server Migration Pack - Physical to ProLiant Editionソフトウェアを使用して移行してください。このソフトウェアは、既存のサーバとその内容を最新のサーバ テクノロジに移行するための、自動化された、正確な、しかも低コストの方法を提供する、サーバ ベンダでは唯一の移行支援製品です。


新機能

  • HP ProLiantサーバのサポートを拡大し、HP ProLiant DL580 G5、およびHP ProLiant BL680c G5に対応
  • HP ストレージエンクロージャのサポートを拡大し、MSA60、およびMSA70に対応

対象となる環境

テクノロジ移行のためにサーバの取り替えまたはアップグレードを希望しているお客様

  • より新しい機能を実現するための次世代のProLiantサーバ - 提供されるすべての新機能(より高速なプロセッサ、メモリのスケーラビリティの向上、ストレージまたはNICコントローラの改善、リモート管理および電源管理の機能強化など)のために新しいサーバにアップグレードしようとしているが、OSとアプリケーションに関しては変更したくないお客様。
  • スモール フォーム ファクタ ドライブ - 新しいスモール フォーム ファクタ ドライブが実装されたサーバにアップグレードしたいと考えているが、サーバからサーバにドライブを物理的に移動してデータを移行できる状況ではないお客様。
  • HP BladeSystemへの移行 - ラックマウント型サーバからHP BladeSystemサーバに移行しようとしているが、OSとアプリケーションに関しては変更したくないお客様。
  • 現在他社製のサーバを利用しているが、HPのサーバを今後は利用したい。しかし稼働中のOS、アプリケーションに関しては変更したくないお客様。

保証およびリースの移行のためにサーバの取り替えまたはアップグレードを希望しているお客様

  • 保証期間が終了したサーバ - 既存のサーバの保証を延長するより、新しいサーバを購入する方が費用効率が高いと考えているお客様。
  • サーバのリース期間の終了 - サーバをリースしており、リース期間の終了時に既存のサーバ ハードウェアを新しいハードウェアに取り替える容易な方法を望んでいるお客様。

設計当時の管理者がすでに在籍していないが、サーバはアップグレードを希望しているお客様

  • 管理者がすでに在籍していない、手順書が最新であるか不安な場合。しかし、移行をスムーズに実行する必要がある状況。

製品の位置付け

既存のサーバとその内容を最新のサーバ テクノロジに移行するための、自動化された、正確な、しかも低コストの方法を提供します。

主な利点

新しいサーバ テクノロジへの確実なアップグレード

  • 正確な移行:サーバ全体(オペレーティング システム、アプリケーション、およびデータ)をエラーのないように移行します。移行元のセクタのコピーによって、移行先サーバが移行元サーバの正確なオリジナルになり、(隠しシステム ファイルであっても)データの損失がないことが保証されます。
  • 移行元サーバの整合性:移行元サーバが常に、移行する前とまったく同じように使用できるように、移行中の移行元サーバには変更が加えられません。
  • 移行先サーバの最適な設定:移行先サーバでは必ず、正しいデバイス ドライバが使用されます。

新しいサーバ テクノロジの迅速な配備

  • 移行の自動化:ウィザードによって起動する移行セットアップ プロセスと、サーバの自動化された転送、設定、およびアクティブ化。移行するパーティションの選択や、NTFSパーティションのサイズ変更も可能です。
  • HP製、他社製問わず移行可能:デバイス固有のドライバや依存関係を心配することなく、サポートされるオペレーティング システムを実行している任意のx-86サーバを移行できます。これには、移行元に存在する任意の種類のドライブ、ストレージ コントローラ、ネットワーク コントローラが含まれます。
  • 移行の状態:移行元サーバと移行先サーバ、および中央のアプリケーションにあるログ ファイルで簡単に表示できます。

新しいサーバ テクノロジへの移行コストを最低限に抑止

  • 低コストの移行:手動による移行の方法に比べて、移行に必要な時間が大幅に削減されます。
  • 使いやすさ:移行をすばやく、容易に起動できます。アプリケーションはインストールが簡単で、デバイス固有のドライバを入手する必要はなく、さらに移行中に手動のセットアップは発生しません。
  • 低い投資額:製品には移行単位の価格が設定されているため、最初から巨額の投資を前払いする必要はありません。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項