Jump to content 日本-日本語

製品  >  HP ProLiant サーバ  >  HP Insight ソフトウェア

HP Lights-Out 100iリモート マネジメント プロセッサ

サーバー

HPE Server Now

オンラインストア

製品カタログ

サーバー選定/構成

お客様事例

サポート&サービス

旧製品情報

システム構成図

ホワイトペーパー

マニュアル

グリーン購入法対応状況

「生産性向上設備」証明書発行

付属品リスト

サイトマップ

 
コンテンツに進む
HP Lights-Out 100iリモート マネジメント プロセッサ イメージ

製品情報/QuickSpecs

 
Showcase
  概要説明
  仕様一覧
  テクニカル仕様
  Q&A
  マニュアル
製品デモ

新機能についての質問

Q1. Lights-Out 100リモート マネジメントでは、何が変わりましたか。
 
A1. Lights-Out 100リモート マネジメントとは、HP ProLiant 100シリーズ サーバのリモート管理を可能にする製品スイートのことです。Generation 5サーバより前のサーバでは、Lights-Out 100製品スイートは、ML100シリーズ用のメザニン カードとHP ProLiant DL100シリーズ サーバに内蔵されるLO100i機能で構成されていました。内蔵機能では、その高度な機能を有効にするためにLO100i SelectまたはLO100i Advancedのライセンスが必要でした。LO100cリモート マネジメント カード(メザニン)は、LO100i Advancedライセンスと同じ高度な機能を備えており、HP ProLiant ML100シリーズ サーバ用のリモート管理機能でこれらの機能が有効になっていました。

2008年1月より、HP ProLiant 100シリーズGeneration 5サーバ用のLights Out 100リモート マネジメント バージョン3.0のリリースに伴い、次に示すようないくつかの変更が発生します。
 
  • 一部のDL100シリーズ サーバは内蔵のLO100i(オンボード)マネジメント プロセッサおよびファームウェアではなくLO100cメザニン カードを搭載して出荷されるようになります。ただし、ほとんどのHP ProLiant DL100シリーズ サーバでは、仮想メディアや仮想KVMなど高度な機能を有効にするためには、以前と同じくLO100i AdvancedまたはSelectのライセンスが必要です。同様に、ほとんどのML100シリーズ サーバでは高度な機能を使用するためには、これまでと同様にLights-Out 100cリモート マネジメント カードが必要です。各サーバのQuickSpecsには、そのサーバで必要なLights-Out 100が説明されています。
  • Generation 5サーバのライセンス(ファームウェア バージョン3.0)は、将来、アップグレードできます。2008年1月より、LO100iファームウェア バージョン3.0で、HP LO100i Advanced PackおよびHP LO100i Select Packは、将来のアップグレードが利用できるようになった時に、追加料金を支払って簡単にアップグレードができる、ワンタイムアクティベーションキーとして購入できます。LO100i Standardの不具合の修正および機能強化を含むメンテナンス更新は、引き続き無償で利用できます。
  • HP ProLiant DL160 G5サーバがサポートされます。また、USB 2.0とDVD-ROMのサポートの追加と簡素化(FTTPサーバ要件がないディスケットおよびCD)により仮想メディアの機能が向上しています。
  • 機能強化されたブラウザ インタフェースと仮想KVMにより、OSに依存しないリモート グラフィカル コンソールが提供されます。

Q2. HP ProLiant 100シリーズG5用のバージョン3.0で提供される新しいライセンスキットとHP ProLiant DL140 G3およびDL145 G3用のファームウェア バージョン2.10で使用するLO100i Advanced PackおよびSelect Packで提供される従来のライセンス キットの違いを教えてください。
 
A2. G3サーバでは、ファームウェア リリース2.10が使用されオプション キットの形式でライセンスが出荷されていました。G5サーバでは、すべてのライセンスがフラット パック ライセンスまたは電子版ライセンスです。フラット パック ライセンスの内容は、ライセンスを電子的に取得するために必要なCOA(Certificates of Authorization)が入った封筒です。

2008年1月より、ライセンス キー コードの代わりに、ライセンス権利付与証明書が提供されます。ライセンス権利付与証明書には、オンラインでのライセンス キー コードの発行手続きに必要な情報が含まれます。電子処理によるこの新しい発行プロセスにより、ライセンスの管理が簡単になりサービスとサポートの追跡が円滑化します。詳しくは、HPのWebサイト http://www.hp.com/jp/ICe-license を参照してください。
 

Q3. 新しいライセンス キーを注文した時の手続きは、どのようなものですか。
 
A3. お客様がライセンスキットを注文すると、ライセンス権利付与証明書が提供されます。この証明書には、ライセンス キー コードを入手するために必要なすべての情報と http://webware.hp.com へのリンクが掲載されています。ライセンス キーは、このサイトから請求します。

http://webware.hp.com に初めてアクセスするお客様は、お客様自身の情報を登録します。登録した情報は保存され、以降にそのお客様が別のライセンス キーを入手するために再びこのサイトにアクセスする際には、電子メールアドレスを入力すると取り出すことができます。また、ライセンス キーを入手したあと、そのキーを電子メールまたはファックスで送信し手元に残しておくと便利です。これで作業は完了です。キーを郵送すると数週間かかる場合もありますが、この手順ならば数分で完了します。
 

ライセンス適用とアップグレードについての質問

Q1. LO100i Advanced PackやLO100i Select Packを購入することで、どのような選択肢が増えますか。
 
A1. LO100i Advanced PackおよびLO100i Select Packは、多様なニーズに合わせた選択肢をお客様に提供するためのパッケージ製品として使用が許諾されます。2008年1月より、LO100iファームウェア バージョン3.0で、HP LO100i Advanced PackおよびHP LO100i Select Packは、将来のアップグレードが利用できるようになった時に、追加料金を支払って簡単にアップグレードができる、ワンタイムアクティベーションキーとして購入できます。LO100i Standardのバグフィックスおよび機能強化を含むメンテナンス更新は、引き続き無償で利用できます。
 

Q2. アップデートとアップグレードの違いは何ですか。現在、利用可能なファームウェア アップグレードは何ですか。
 
A2. アップデートとは、不具合の修正を含むマイナー リビジョンのファームウェア リリースのことです。アップグレードとは、新しく使用を許諾される重要な機能や機能強化を含む新しいメジャー ファームウェア バージョンのことです。LO100i AdvancedおよびSelectの最初のファームウェア アップグレードは、2008年後半に予定されていますが、時期は変更になる場合があります。
 

Q3. LO100i Advanced PackおよびSelect Packの製品番号に変更はありますか。
 
A3. はい。将来のファームウェア アップグレードに対する請求を可能にするファームウェア ライセンスとの関連で、新しい1サーバ ライセンスの製品番号が変更されています。同時に、エンドユーザ使用許諾契約書と、AdvancedおよびSelectの機能を有効にする(ファームウェアにライセンスを適用することになります)ためのライセンス キーも変更されます。
 

Q4. ファームウェア バージョン3.0以前のリリースでも、アップグレード ライセンスを購入する必要があるのですか。
 
A4. ファームウェア バージョン2.10についてはアップグレード リリースの予定はないため、このバージョンを対象にしたアップグレードは販売されません。2008年の後半にバージョン3.0のアップグレードを利用できるようになった時点でLO100i AdvancedおよびLO100i Selectのアップグレードに、アクセスできるようになります。ただし、アップグレード元になるライセンスが有効になっていないとアップグレードできません。
 

Q5. こうした変更は、どのような理由で行われるのですか。
 
A5. このような変更は、ソフトウェア ライセンスについての業界での一般的な慣例やHP独自のソフトウェア ライセンスに関する慣例に、LO100i AdvancedとLO100i Selectのファームウェア ライセンスを準拠させることになります。また、このような変更により、HPは、ProLiantのお客様に業界をリードするリモート管理機能を中断することなく提供できるようになります。
 

全般的な質問

Q1. LO100i SelectとLO100i Advancedの対象になる環境はどんな環境ですか。
 
A1. LO100iは、多くのエンタープライズ環境で要求される仮想メディア機能とデータ セキュリティ機能の強化を実現します。LO100iの2つのオプション アップグレードは基本的に同じものですが、LO100i Advancedでは内蔵の仮想KVM(ハードウェア ベースのグラフィカル リモート コンソール)が提供されます。このことを考えると、主要なリモート システム コンソールとしてグラフィック コンソールを使用してリモート管理するサーバには、LO100i Advancedによるアップグレードが最適です。Windows環境では、グラフィック コンソールによる管理が一般的です。

LO100i Selectは、Linux環境での使用に適しています。Linux環境でのリモート管理はSerial over LANやセキュリティ保護されたTelnetコンソールで十分行えるため、仮想メディアとデータ セキュリティのアップグレードだけが必要です。
 

Q2. Lights-Out 100cリモート マネジメント カードとLights-Out 100i内蔵マネジメント プロセッサのSelectおよびAdvancedライセンスに機能面での違いはありますか。
 
A2. Lights-Outs 100製品は常に進化しています。機能はリリースやサーバの世代によって異なり、以前の世代のサーバでは新しいリリースや新しいカードが動作しないため、最新の機能比較については、モデル比較の表を参照してください。
 
  • Lights-Out 100i Standardリモート マネジメントは、すべてのHP ProLiant 100シリーズ エントリ レベル サーバを対象に、リモート シリアル コンソールを使用したセキュリティ保護されていないインタフェース経由で基本的なリモート管理機能を提供します。
  • オプションのLO100i Selectライセンスは、LO100i Standardのすべての機能を備える(セキュリティ保護されたリモート制御、リモート シリアル コンソールを提供する)とともに仮想メディアの機能を提供します。
  • オプションのLO100i Advancedライセンスは、LO100i Selectのすべての機能に加え、仮想KVM機能(ハードウェア ベースのグラフィカル リモート コンソール)を備えています。
  • LO100cリモート マネジメント カードとLights-Out 100i Advancedに含まれる機能は同じです。

Q3. Lights-Out 100の機能は、iLO 2 Standardの機能とどのように異なりますか。
 
A3. Lights-Out 100の機能は、iLO 2 Standardの機能と比較すると基本的なものだと言えます。ただし、Lights-Out 100がIPMIおよびSMASH規格に準拠しているのに対し、iLOはこれらの規格のほかにより包括的な機能に基づいているため、いくつかの重要な違いがあります。これはLights-Out 100とiLO 2サーバおよび機能比較の表で説明されています。
 

Q4. HPは、HP ProLiant 100シリーズ サーバでiLO 2のフル機能を提供する予定ですか。
 
A4. Lights-Out 100は、HP ProLiant 100シリーズのサーバ向けに、低価格で基本的なリモート制御と管理の機能を提供することを目的にしています。LO100iとLO100cリモート マネジメント カード(RMC)の機能は一部重複します。一方、iLO 2は、HP ProLiant 300、HP ProLiant 500シリーズ サーバならびにHP ProLiant BLサーバを含む要求レベルがより高いリモート管理環境向けに今後も業界をリードする高度な機能を総合的に組み合わせて提供します。このため、HPの製品の中では今後もiLO 2が最高レベルのリモート管理製品です。
 

Q5. 設置済みのGeneration 2のHP ProLiant 100シリーズ サーバを対象にした、仮想KVM機能へのアップグレードは用意されていますか。
 
A5. いいえ。この機能を使用するには、すべてのHP ProLiant 100シリーズG5サーバや、HP ProLiant DL140 G3、DL145 G3、ML150 G3、ML110 G4、ML115サーバを含むG3およびG4サーバなどの新しいサーバでのみサポートされる新しいハードウェアおよびファームウェアが必要です。前世代のサーバは、サポートされません。
 
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項