Jump to content 日本-日本語
≫  お問い合わせ

製品とサービス  >  HP ProLiant サーバ  >  HP Insight ソフトウェア

HP Lights-Out 100iリモート マネジメント プロセッサ

ProLiant

BladeSystem

ConvergedSystem

OneView

Moonshot System

Apollo System

サーバーオプション

サーバーニュース

オンラインストア

製品カタログ

サーバー選定/構成

お客様事例

サポート&サービス

旧製品情報

システム構成図

ホワイトペーパー

マニュアル

グリーン購入法対応状況

付属品リスト

サイトマップ

 
サーバーを、再定義しよう。Reimagine the server. Think compute. HP ProLiant Generation 9
コンテンツに進む
HP Lights-Out 100iリモート マネジメント プロセッサ イメージ

製品情報/QuickSpecs

 
Showcase
    概要説明
  仕様一覧
  テクニカル仕様
  Q&A
  マニュアル
製品デモ

HP Lights-Out 100iリモート マネジメント プロセッサ

HP Lights-Out 100i(LO100i)は、基本的な管理機能をシステム ボードに内蔵して提供する製品です。HP ProLiant DL100シリーズ サーバ用ライセンス ファミリの使用により、優れたコストパフォーマンスで管理機能をアクティベーションし機能を追加できます。Lights-Out 100iを使用したリモート管理により、お客様やサービス プロバイダは、サーバの場所(同じ建物内にあっても、町の反対側にあっても、世界中に散在していても)に左右されることなく、LANまたはインターネット経由でLO100iを内蔵したHP ProLiant 100シリーズ サーバをいつどこからでもリモート制御および管理できます。

HP Lights-Out 100i製品を使用することにより、お客様はシステムのシリアル コンソールおよびTelnetコンソールにリモートからアクセスしたり、システム電源を制御したり、システム環境条件をブラウザまたはコマンド ラインから監視したりすることができます。ライセンスのアップグレードにより、機能の追加が可能です。HP ProLiant DL140 G3およびDL145 G3用のバージョン2.10は、グラフィカル リモート コンソール、ディスケットおよびCD仮想メディア、ならびにSSL/SSHセキュリティ機能を備えており、これらの機能はライセンスを取得することで利用できるようになります。

バージョン3.0は、HP ProLiant DL160 G5サーバを対象にしています。このバージョンでは、USB 2.0およびDVD-ROM仮想メディアサポートが追加され、強化されたブラウザ インタフェースが搭載されています。これらの機能は、バージョン3.0用のライセンスに組み込まれています。

この簡単なリモート制御機能により、ネットワークを経由して、サーバを直接操作するようにHP ProLiantサーバを制御し、定期的なシステム管理作業やトラブルシューティング、保守などを実行できるようになります。Lights-Out 100iには3つの製品形態があります。
  • LO100i Standardは、サポート対象のサーバに付属する、非常に基本的なリモート制御機能およびリモート管理機能を提供する製品です。
  • LO100i Selectは、キーによりアクティベーション可能なオプションのバリュー パックで、この製品により、仮想メディアを使用できるほか、セキュリティ保護されたブラウザおよびコマンド ラインからLO100iマネジメント プロセッサにアクセスすることもできます。
  • LO100i Advancedは、キーによりアクティベーション可能なオプションのバリュー パックで、この製品により、LO100i Selectの機能に加え仮想KVM機能も使用できます。

2008年1月より、LO100iファームウェア バージョン3.0で、HP LO100i Advanced PackおよびHP LO100i Select Packは、追加料金を支払ってアップグレードができるオプションがある新しいライセンスが付属します。これらのオプションについて詳しくは、以下のライセンスの項またはHPのWebサイト http://www.hp.com/servers/lightsout (英語)を参照してください。

また、2008年1月より、お客様のもとにはライセンス アクティベーション キーではなく、ライセンス権利付与証明書が届くようになります。ライセンス権利付与証明書は、既存の製品番号の場合は直接提供されます。ライセンス資格証明書には、オンラインまたはファックスでライセンス アクティベーション キーの引き換えを行うために必要な情報が含まれています。電子的に処理を行うこの新しい引き換えプロセスにより、ライセンスの管理が簡単になりサービスとサポートの追跡も円滑になります。詳しくは、HPのWebサイト http://www.hp.com/jp/ICe-license を参照してください。

新機能

  • 新しい2種類のLights Out LO100i Select PackおよびLO100i Advanced Packライセンス
    • フラット パック ライセンス(ライセンス権利付与証明書を含む封筒、ライセンスキーの取得方法に関するカード、ライセンス キー リクエスト フォームを含みます)。フラット パックは、単一および任意の数の資格証明を配布するための新しい方法で、LO100iを内蔵するHP ProLiant 100シリーズ Generation 5サーバ用に、CDキットの代わりに提供されます。
    • 新しいライセンスには、将来のアップグレードが利用できるようになった時に、追加料金を支払って簡単にアップグレードできるオプションがある、ワンタイムアクティベーションキーに関するEULA(エンドユーザ使用許諾契約書)が含まれています。請求は、アップグレードを利用できるようになった時点で行われます。
  • LO100iファームウェア バージョン3.0を搭載するHP ProLiant DL 160 G5サーバのサポート
    • USB 2.0ドライブとプロトコル サポートの追加による転送速度の高速化、DVD-ROMのサポート、および仮想メディアの簡素化(FTTPサーバ要件のないディスケットおよびCD)による仮想メディアの改良
    • 強化されたブラウザ インタフェースと仮想KVMにより、OSに依存しないリモート グラフィカル コンソールが提供されます。

注: LO100i StandardおよびLO100iバージョン2.10用のAdvancedまたはSelectに対する不具合の修正や機能強化を含むメンテナンス アップデートは、今後も無料で利用できます。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項