Jump to content 日本-日本語

製品  >  HP ProLiant サーバー  >  HP Insight ソフトウェア

HP ProLiant Onboard Administrator Powered by Lights-Out 100i

サーバー

HPE Server Now

オンラインストア

製品カタログ

サーバー選定/構成

お客様事例

サポート&サービス

旧製品情報

システム構成図

ホワイトペーパー

マニュアル

グリーン購入法対応状況

「生産性向上設備」証明書発行

付属品リスト

サイトマップ

 
コンテンツに進む
HP Lights-Out 100iリモート マネジメント プロセッサー イメージ

製品情報/QuickSpecs

 
  Showcase
  概要説明
  仕様一覧
  テクニカル仕様
  Q&A
  マニュアル
製品デモ

概要

HP ProLiant Onboard Administrator, Powered by HP Lights-Out 100i (LO100i)は、IPMI、DCMI、およびSMASHシステム管理機能を提供する製品です。HP ProLiant 100シリーズ サーバー用のHP LO100i Advancedライセンスにより、優れたコストパフォーマンスで管理機能をアクティベーションして機能を追加できます。

この新しい名称は、主にHP LO100iの機能を中心にセットアップの簡素化、内部ヘルスの監視、ORCA、RBSE、エージェント、IPMIサポートなどを提供する、HP ProLiant 100シリーズ G6サーバーの管理機能の総称です。この製品により、お客様やサービス プロバイダは、サーバーがどこに配置されていても(同じ建物内にあっても、町の反対側にあっても、世界中に散在していても)、時間や場所を問わずLANまたはインターネット経由でリモート管理できます。

HP ProLiant Onboard Administrator, Powered by HP LO100iを使用すると、サーバーのシリアル コンソールおよびTelnetコンソールにリモートからアクセスしたり、システム環境の状態をブラウザまたはコマンド ラインから監視したりできます。Advancedライセンスにより、仮想KVMおよび仮想メディアや、セキュリティ保護されたブラウザおよびコマンド ライン アクセスを利用できます。リモート制御機能により、ネットワークを経由して、直接操作するようにHP ProLiant 100シリーズ サーバーを制御し、管理、トラブルシューティング、および保守を実行できます。

お客様のもとにはライセンス アクティベーション キーではなく、ライセンス権利付与証明書が届きます。ライセンス権利付与証明書には、オンラインまたはFAXによるライセンス アクティベーション キーの発行手続きに必要な情報が含まれます。電子的に処理を行うこの新しい引き換えプロセスにより、ライセンスの管理が簡単になりサービスとサポートの追跡も円滑になります。詳しくは、HPのWebサイトhttp://www.hp.com/jp/ICe-licenseを参照してください。

2009年4月から、HP Lights-Out 100iライセンスについて、他のHP Insight ソフトウェア製品同様のライセンス形態に変更した新しいライセンスを発表します。新しいライセンスにはアップデート権と、初年度24時間x7日のテクニカルサポートをバンドルいたします。


新機能

  • HP ProLiant 100シリーズ G6サーバーをサポートする HP LO100i Advancedオプション
  • Advancedライセンスに、テクニカルサポート&アップデート権をバンドル
  • HP ProLiant 300シリーズ以上のiLOに合わせた提供方法 (増設カード (LO100c)で対応するサーバーがなくなる)
  • SSL & SSHセキュリティが、HP ProLiant 100シリーズ G6サーバーではHP LO100i Standardで対応
  • IPv6サポートをHP ProLiant 100シリーズG6サーバーの標準機能として追加
  • DCMI 1.0サポートをHP ProLiant 100シリーズG6サーバーの標準機能として追加

最適な環境

以下の環境に適しています。

データセンターでIPMIやDCMI規格ベースのサーバーを必要とする、クラウドコンピューティング、Web 2.0のお客様

  • サーバーをデータセンターまたはリモートサイトに設置しており、出張の手間と費用を削減したい。
  • システムコンソールをリモートから制御して、電源管理やOS管理を行いたい。
  • システム環境ヘルスやシステムイベントログを参照したい。
  • リモートからソフトウェアやファームウェアのアップデートを実施したい。

HPCおよびHPTCクラスタを含む、企業のハイパフォーマンス コンピューティング環境

  • 基本的なIPMIやDCMIリモート マネジメント ツールを必要としている。
  • サーバーのサポート担当者が、コマンド ラインまたはグラフィカル インタフェース ツールを含むツールの使用を望んでいる。
  • サーバーを支社に設置しており、支社にはサーバーのサポート担当者がいない。

リモートからのサーバー メンテナンス業務を行うSMB向けサービス プロバイダ

  • SMBの顧客にリモートITサービスを提供するサービス プロバイダ。担当するサーバーを適切なタイミングでサポートしなければならない。

モデルの比較情報

機能

LO100i
Advanced

LO100i
Standard

アーキテクチャ セキュリティ保護された必須のリモート制御、リモート シリアル コンソール、および仮想メディア、内蔵の仮想KVM機能(ハードウェア ベースのグラフィカル リモート コンソール) リモートのシリアル コンソールを使用した、セキュリティ保護されていないインタフェース経由の基本的なリモート管理
サポートされるサーバー DL140 G3およびDL145 G3では、バージョン2.10
DL160 G5ではバージョン3.0
全てのG6サーバーではバージョン4.0
DL140 G3およびDL145 G3では、バージョン2.10
DL160 G5ではバージョン3.0
全てのG6サーバーではバージョン4.0
メディアなしの提供
バージョン3.0および4.0のみ
 
将来のF/Wアップグレード ライセンス
バージョン3.0および4.0のみ
 
仮想DVD-ROMのサポート
バージョン3.0および4.0のみ
 
仮想メディアでのUSB 2.0およびDVD ROMのサポート
バージョン3.0および4.0のみ
 
SMASH CLP
仮想KVM(リモートKVM over IP)
仮想フロッピー/CDメディア  
セキュリティ保護されたブラウザ インタフェース(SSLのサポート)

バージョン4.0のみ
セキュリティ保護されたコマンド ライン インタフェース(SSHのサポート)
バージョン4.0のみ
仮想電源
システム イベント ログ  
IPMIセンサー監視
セキュリティ保護されたTelnet、ブラウザ、IPMIインタフェース  
OSに依存しないヘルス ステータス
OSベースの管理アプリケーションを使用したLAN経由のIPMI 2.0
DCMI 1.0

主な利点

お客様はサーバーの状態に関わらず、通常業務および緊急事態におけるリモート管理が可能

  • ユーザは、サーバーの設置場所に足を運ぶことなく、「ハングアップ」したサーバーの再起動のための電源の操作や、システムBIOSファームウェアのリモート フラッシュや問題の診断を行えます。この機能は、ライセンスを適用することで利用できるオプションです。
  • 問題が、いつどこで発生しても素早く対応する制御機能を提供します。
  • LANまたはインターネット経由で、ブラウザまたはtelnetを利用してリモート管理できます。

エントリ レベルのサーバーの低価格でのリモート管理

運用やサポートにかかるコストと時間を最小限に抑えます。

  • SMBやコストを重視する大企業のお客様は費用対効果の高いリモート管理の方法を、LO100i StandardとAdvancedから選択できます。

資産保護と信頼性

システムへの投資の信頼性を高める資産保護

  • LO100iは、アクセスの制限とデータの暗号化を行う標準ベースの強力なIPMI、DCMIおよびSMASHセキュリティ機能を備えています。
  • ブラウザ インタフェースおよびコマンド ライン インタフェースのデータが暗号化されるため、資産、データ、および情報の安全確保を高いレベルで簡単に実現できます。
  • LO100i Advancedのライセンスを適用してアップグレードを行い仮想メディアや仮想KVMの機能を追加できるため、投資を最大限に活用できます。
  • IPMI、DCMI、およびSMASHといった業界標準を使用するため、教育にかかる費用が最小限で済みます。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項