Jump to content 日本-日本語

製品  >   HP ProLiant サーバ  >   Essentials ソフトウェア

HP Insight Diagnostics

サーバー

HPE Server Now

オンラインストア

製品カタログ

サーバー選定/構成

お客様事例

サポート&サービス

旧製品情報

システム構成図

ホワイトペーパー

マニュアル

グリーン購入法対応状況

「生産性向上設備」証明書発行

付属品リスト

サイトマップ

 
コンテンツに進む
ProLiant Essentials ソフトウェア

製品情報/QuickSpecs

 
  Showcase
  仕様一覧

概要説明

HP Insight Diagnosticsは、IT管理者が、サーバの設置、問題のトラブルシューティング、修理の妥当性検査を実行するための、診断およびトラブルシューティング機能を提供する事前予防的なサーバ管理ツールです。機能は多少異なりますが、オンライン版とオフライン版があります。
HP Insight Diagnosticsオンライン版は、Webベースのアプリケーションで、サーバを効率的に管理するために必要なシステム構成および他の関連データを収集します。オペレーティングシステムの動作中に利用可能で、システム マネジメント ホームページを通じてアクセスできるだけでなく、自動収集スケジュールを設定することもできます。
HP Insight Diagnosticsオフライン版はSmartStart CDから起動し、オペレーティング システムの停止中にシステムやコンポーネントに関するさまざまな詳細テストを実行します。Insight Diagnosticsを使用すると、IT管理者は、ハードウェアやソフトウェアの構成変更を追跡し、完全で徹底したシステム監査プロセスを確立することもできます。

HP Insight Diagnosticsオンライン版は、従来のSurveyユーティリティに代わって、サーバ構成情報を収集する機能を提供します。ユーティリティについて詳しくは、『HP Insight Diagnostics Online Edition』のWhitepaperを参照してください。


可用性および使用法

  • HP Insight Diagnosticsは、100シリーズを除くすべてのHP ProLiantサーバ用のHP Insight Foundationスイート、および100シリーズの一部のG5およびG6以降のモデル用のHP ProLiant Easy Setup CDの一部として、提供されています。
  • HP Insight Diagnosticsは、Windows®およびLinuxプラットフォームでサポートされ、SmartStartによる自動インストール プロセス中に自動的にインストールされます。個別コンポーネントまたはWindows®およびLinux用のHP ProLiant Support Packの一部として、HPのWebサイトからダウンロードすることもできます。NetWare、SCO UnixWare®、OS/2、Tru64、またはOpenVMSシステム用のシステム構成データを入手してテストしたいお客様は、各オペレーティング システム用の既存のWeb対応エージェントを利用できます。
  • アップデートは、HPのWebサイト http://welcome.hp.com/country/jp/ja/support.html のソフトウェアおよびドライバのダウンロード ページからダウンロードできます。
  • システム マネジメント ホームページは、HP ProLiant Support Packとともに自動的にインストールされます。

主な機能

  • 診断機能:診断機能がテスト結果のパラメータデータ履歴をチェックし、ライフサイクル内のシステムの稼動環境とハードウェア動作に関する数値が許容範囲内であることを確実にします。システム及びコンポーネントに対して、複数の非侵害かつ綿密な分析をOS稼働中に実施できるので、システムに高い可用性を与えます。Smart Array Drive Diagnosisは従来のオンラインテストを強化する最初の機能です。障害の発生したドライブをピンポイントで識別し、そのドライブが保証内の場合は交換に備えます。初回の作業で正しいドライブが交換されることを助長して作業時間を削減します。
  • セキュリティ:システム マネジメント ホームページからHP Insight Diagnosticsにアクセスすると、HP Insightマネジメント エージェント、HPバージョン コントロール エージェント、およびHP Insight Diagnosticsのような統合モジュールが提供するすべての機能にアクセスできます(注:システム マネジメント ホームページは、上記のコンポーネントとともに自動的にインストールされます)。オペレーティング システムベースのセキュリティの強化により、現在の管理者アカウントを利用して、Insight Diagnosticsおよび他の統合モジュールに安全にアクセスできます。許可されたユーザ以外はシステム管理情報にアクセスできなくなるので、IT管理者の不安は解消されます。
  • テスト:サーバの重要なサブシステムに対して診断テストを実行できます。ストレステストは、負荷の高い実務環境をシミュレートします。コマンドライン オプションを使用すると、システムのグループ全体の診断テストを実行できます。ハードディスクドライブとフロッピーディスクドライブから、内蔵管理プロセッサとメモリに至るまで、すべての診断テストが用意されています。
  • 構成の監査証跡:詳細なサーバ インベントリを維持し、構成変更の履歴を追跡します。1日、1週間、または1カ月に1度の割合で、設定のスナップショットの作成をスケジューリングできます。Insight Diagnosticsは、最大10個の構成スナップショットを追跡します。
  • 柔軟な報告機能:XML(Extensible Markup Language)で出力されるので、出力を簡単に検索、解析できるとともに、ほとんどすべての監査プロセスに組み込むことができます。また、出力された結果は、HTML(Hypertext Markup Language)形式で表示したり、XSL(Extensible Stylesheet Language)変換シートとバージョン7.0以降に添付されたread meファイルに収録されている手順の説明を使用して、テキストファイル形式に変換したりすることができます。

利点

  • アップタイムとピーク性能を維持し、予期しないダウンタイムの発生を低減:迅速に障害条件を診断して応答します。管理者は、他の管理アプリケーションに関する高レベルの分析を確認し、システム障害を特定することができます。
  • ブラウザベースのリモート管理を通じて、時間を節約し、効率を改善:安全なWebブラウザ経由で、どこからでも構成情報を表示できます。
  • 集中管理され、一貫したユーザインタフェースを通じ、すべての単一サーバ管理情報にアクセス:システム マネジメント ホームページを通じて、障害管理、システム ソフトウェア バージョン コントロール、構成スナップショット、オンライン診断のすべてにアクセスできます。すべての製品がHP ProLiant Essentialsユーザ インタフェース ガイドラインに準拠しているため、すべての管理機能のユーザインタフェースに一貫性があります。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項