Jump to content 日本-日本語
製品  >  HP ProLiant サーバ  >  Essentials ソフトウェア

Insight マネージャ

ProLiant

BladeSystem

ConvergedSystem

OneView

Moonshot System

Apollo System

サーバーオプション

サーバーニュース

オンラインストア

製品カタログ

サーバー選定/構成

お客様事例

サポート&サービス

旧製品情報

システム構成図

ホワイトペーパー

マニュアル

グリーン購入法対応状況

付属品リスト

サイトマップ

 
サーバーを、再定義しよう。Reimagine the server. Think compute. HP ProLiant Generation 9
コンテンツに進む
ProLiant Essentials ソフトウェア

製品情報/QuickSpecs

 
Showcase
  詳細説明
  主な機能
  利点
  管理機能
    保証

事前予防保証と Insight マネージャ


Insight マネージャ バージョン2.0以上を使用するHP製品には、事前予防保証がサポートされています。これによりInsightマネージャで監視を行うと、障害を未然に防ぐことができます。

事前予防保証


下記のHP製のコンポーネントについては、Insight マネジメント エージェントによって潜在的な障害の可能性が検出された場合、事前予防保証の対象となり、ユーザは、故障時の保証と同等のサービスを受けることができます。

ハードディスクドライブ


SMART対応ハードディスクドライブに障害が検出された場合、事態が致命的になる72時間前までにアラートが通知されます。

ECCメモリ


ECCメモリは1ビットエラーを自動訂正します。1ビットエラー訂正が事前に設定されているスレッショルドを上回った場合には、Insight マネジメントエージェントによりアラートが通知されます。事前設定スレッショルドは、システム アーキテクチャごとに異なります。

プロセッサ


Pentium Pro、Pentium II及び、Pentium IIIも事前予防保証の対象となります(一部機種を除く)。

Insight マネージャは、障害予防状態を検出すると、コンポーネントが劣化していることを黄色のステータス インジケータで示し、同時に、そのコンポーネントの取り換えを勧告するメッセージを表示します。
Insight マネージャからコンポーネントの劣化についてアラートを受信した場合、システム管理者は、保証の枠内で、問題のコンポーネントの取り換えが行えます。取り換え手続きについては、画面の指示に従うか、あるいは正規のHP保守代理店にお問い合わせください。また、各マシンごとの事前予防保証の枠は各製品の保証規定をご覧ください。
サーバの障害対応機能

大きな画像を表示
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項