Jump to content 日本-日本語
製品  >  HP ProLiant サーバ  >  Essentials ソフトウェア

Insight マネージャ

ProLiant

BladeSystem

ConvergedSystem

OneView

Moonshot System

Apollo System

サーバーオプション

サーバーニュース

オンラインストア

製品カタログ

サーバー選定/構成

お客様事例

サポート&サービス

旧製品情報

システム構成図

ホワイトペーパー

マニュアル

グリーン購入法対応状況

付属品リスト

サイトマップ

 
サーバーを、再定義しよう。Reimagine the server. Think compute. HP ProLiant Generation 9
コンテンツに進む
ProLiant Essentials ソフトウェア

製品情報/QuickSpecs

 
Showcase
    詳細説明
  主な機能
  利点
  管理機能
  保証

Insight マネージャとは


Insight マネージャは、HP製IAサーバとクライアントの運用を監視し、制御する総合的な管理ツールです。 Insight マネージャは、Windowsベースのコンソール アプリケーションと、サーバベースまたはクライアント ベースの管理データ収集エージェントの2つの部分から構成されています。
Insightマネジメント エージェントは、ハードウェアやファームウェアと連携して、1,000を超す管理パラメータをモニタします。
キーとなるサブシステム群により、ヘルス、コンフィギュレーション、パフォーマンスの各データを、エージェント ソフトウェアで使用できるようになります。エージェントは、そのデータに基づいて、障害発生時にはアラートを生成し、また通常はネットワーク インタフェースやストレージ サブシステムのパフォーマンス統計情報などの管理情報を更新します。
Insight マネージャを使用して、分散エンタープライズ内のクリティカルなシステムの機能を監視、変更することにより、真のシステム制御を達成できます。
Insightマネージャ画面イメージ01

大きな画像を表示

Insight マネージャ: 沿革


1989年のSystemPro サーバ シリーズの登場により、これまで以上にミッション クリティカルな環境で、業界標準のサーバが使用されるようになりました。ユーザは、システム管理に関して手厚いサポートが存在するミニコンやメインフレームの環境から移行してきた人たちです。管理性を確保し、システムの信頼性を高めるため、HP は管理機能を直接、サーバのハードウェアに統合することにしました。1991年、サーバマネージャ/R 製品の発表により、管理の対象と機能をアウト オブ バンドの管理機能にまで広げました。SNMP標準の登場で、増大するSNMP管理環境と統合できる管理機能の強化が求められるようになりました。HP はその要求に応え、1992年、Insight マネージャ1.0を導入することにより、管理技術を一般的に利点できるようにしました。
1992年と1993年に開発されたProSigniaおよびProLiantシリーズでは、フォールト トレランス機能と、さらに高度な管理機能が、サーバのハードウェアに組み込まれました。

Insight マネージャは、HP のハードウェア管理機能の進歩に伴い、その利点を利用して高度化しています。今日、Insight マネージャは、増大するシステム管理の需要に応え、業界で、最も総合的な、サーバおよびクライアント管理機能を提供しています。Insight マネージャの将来の方針には、Insight マネジメント エージェントに、イントラネットやWeb技術を組み込むことが計画されています。また、HP は、イントラネットおよびWeb技術を使用し、新しいWebベースのエンタープライズ マネジメント標準を取り入れた、革新的な新しいシステム マネジメント製品を開発することを約束しています。

  • エラー検出と修正
  • エラーログ
  • 自動サーバ復旧
  • リモート サーバ管理
  • 機械的な状態
  • 事前障害アラート
  • 物理/論理ドライブのパフォーマンス
  • 温度モニタ
  • 電源とファンの状態
  • CPU およびバスのパフォーマンスモニタ
  • 財産一覧サポート
  • 送信/受信のパフォーマンス
  • エラーログ
Insightマネージャ画面イメージ01
HP製品は総合的な管理性を提供します。

大きな画像を表示

経費減に役立つInsight マネージャ


ネットワーク管理では、人件費に最もコストがかかります。サーバやクライアントが、よりミッション クリティカルな環境に配置され、より遠隔地で使用されるようになるに従って、ネットワーク管理の要員も増加しています。
Insight マネージャは、障害、コンフィギュレーション、パフォーマンスの各情報を、任意の場所にいるアドミニストレータに集中的に提供することにより、システム管理のコストを軽減できます。HP システムで管理を集中すると、アドミニストレータは遠隔操作でネットワーク管理業務を自由に遂行できるようになるため効率が上がり、要員に対する投資効果を最大にできます。
管理の集中化によるスケール メリットに加え、Insight マネージャを使用すると、サーバとクライアントの可用性が飛躍的に向上することにより、コストが減少します。
Insight マネージャは、差し迫った障害を事前に警告することにより、障害予測アラートでHP のハードウェア フォールト トレランス機能を補完し、システム停止時間のスケジューリングを可能にします。障害が発生した場合、HP Insight マネージャの通知で即座に対応できます。また、視覚的なインタフェースにより、問題の分析と解決が容易になります。
 
insightマネージャ説明1 insightマネージャ説明2 insightマネージャ説明3
大きな画像を表示
 
大きな画像を表示
 
大きな画像を表示
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項