Jump to content 日本-日本語
製品  >  HP ProLiant サーバ  >  Essentials ソフトウェア

Insight マネージャ

サーバー

HPE Server Now

オンラインストア

製品カタログ

サーバー選定/構成

お客様事例

サポート&サービス

旧製品情報

システム構成図

ホワイトペーパー

マニュアル

グリーン購入法対応状況

「生産性向上設備」証明書発行

付属品リスト

サイトマップ

 
コンテンツに進む
ProLiant Essentials ソフトウェア

製品情報/QuickSpecs

 
Showcase
  詳細説明
    主な機能
  利点
  管理機能
  保証

Insight マネージャの主要な機能


システムを自在に操る鍵となる Insight マネージャの主要な機能には、わかりやすい視覚的なインタフェース、総合的な障害管理とコンフィギュレーション管理、業界をリードするリモート管理、スケーラビリティなどがあります。
ネットワークの発展に伴い、同時に数百ものシステムを管理する能力が、大きな意味を持つようになってきました。Insight マネージャのコンソール アプリケーションは、Windows NT およびWindows 95 (Windows 95 サポートは、1996 年後半より開始)をサポートし、32 ビット、マルチ スレッドで動作することにより、この要求を満たします。高いスケーラビリティに加え、Insight マネージャには、主要なオペレーティングシステム、サーバ、ワークステーション、デスクトップ、ポータブルと幅広いHP製品をサポートする柔軟性があります。Insight マネジメント エージェントは、ProSignia とProLiant の各サーバ ファミリ、プロフェッショナル ワークステーション、Deskpro およびポータブルのLTE およびARMADA をサポートしています。また、Novell NetWare およびIntranetWare 、Microsoft Windows NT Server 、IBM OS/2 、UnixWare などのネットワーク オペレーティング システム、Microsoft Windows 95 およびWindows NT Workstation などのクライアント オペレーティング システムをサポートしています。

障害管理


ネットワークの信頼性を確保することは、今日のミッション クリティカルな環境において最も重要なことです。Insight マネージャを使用して、システムを予防的に管理するために必要な情報を得ることができるようになりました。
Insight マネージャは、障害の発生を予防して障害を管理するように設計されています。たとえば、SMART-2 SCSI アレイ コントローラ(図2 )により生成された予測パラメータと、Insight マネージャのトレンド分析機能を組み合わせることにより、コンポーネントに差し迫っている障害を、文字通り予測できます。障害が予測される場合には、ただちにアドミニストレータに通知されるので、予防保守を行うことにより、ネットワークの稼動時間を最大にすることができます。さらにInsight マネージャからの勧告に従って、HPは、事前予防保証で保証されている部品を無償で交換します。事前障害保証が付くコンポーネントには、サーバのディスク ドライバ、サーバのメモリSIMM およびサーバ ベースのPentiumPro CPU などがあります。さらに、事前予防保証はデスクトップにも追加されています。またPentiumII、PentiumIIIも事前予防保証がつきます。
図2:予測インジケータが、実際に問題が発生する前に潜在的な問題点を指摘

大きな画像を表示
図2:予測インジケータが、実際に問題が発生する前に潜在的な問題点を指摘

インテリジェント マネジメント機能のサポートにより、Professional Workstation 、Deskpro 、ポータブルのLTE およびARMADA 、 Insight マネージャは、IntelliSafe ハード ドライブの差し迫った障害と、システムに損傷を与える可能性がある管理対象クライアントの内部温度に関するアラートを受信します。事前障害警告により、 管理対象システムに重大な障害が発生する前に、潜在的な問題を解決するための保守に必要なシステム停止のスケジュールを立てることができます。
システム障害が発生した場合、 Insight マネジメント エージェントは、Insight マネージャのコンソールにアラートを送信します(図3 )。Insight マネージャは、即座に障害を視覚的に通知し、アドミニストレータが正しく対処できるように、その障害に関する情報を提供します。この障害管理機能は、詳細な対処法の情報を提供します。管理コンソールに送信される各アラートは、オンライン ヘルプ ファイルで分かりやすく詳細に解説されています。
図3:アラートログにより、予測されるシステム障害と実際のシステム障害を捕捉

大きな画像を表示
図3:アラートログにより、予測されるシステム障害と実際のシステム障害を捕捉

たとえば、ストレージ サブシステムに障害が発生した場合、Insight マネージャの分析機能は問題と対処方法を解説します(図4)。想像や推測に基づく問題解決を排除し、予想外のシステム停止時間を最小限に抑えます。

Insight マネージャは、アラートを管理コンソールに表示するだけでなく、アラート受信時にプログラムを起動して、アラートを英数字でポケットベルに転送できます。柔軟な呼び出し機能により、指定された時間に、どのアラートをどのポケットベルに転送するかを指定できます。この高度な柔軟性により、常にシステムとのコンタクトを確保することができます。
図4:いつでも参照できるオンラインヘルプ

大きな画像を表示
図4:いつでも参照できるオンラインヘルプ

コンフィグレーション管理


ネットワークが高度に分散化するにつれ、費用の抑制のためには、整合性と管理保守を確保するためのコンフィギュレーション管理を行なうビジネス クリティカルなツールが必須になってきました。 Insight マネージャは、さまざまなレベルのコンフィギュレーション管理を提供します。
問題解決、システム パフォーマンスの改善および成長管理のためには、詳細なコンフィギュレーション情報を取得して、必要に応じてコンフィギュレーションを変更しなければなりません。 Insight マネージャは、コンフィギュレーション管理をサポートするために、レポート機能と保守機能を備えています。
詳細なコンフィギュレーション情報により、在庫管理とトラブルシューティングが可能

大きな画像を表示
詳細なコンフィギュレーション情報により、在庫管理とトラブルシューティングが可能

パフォーマンス管理


システムのモニタ中にパフォーマンスに問題が発生した場合で、アラートを受信したい場合のために、Insight マネージャは、すべての主要なサブシステムのスレッショルド設定機能を強化しました。スレッショルドを監視し、限度を超えた場合にレポートする機能により、パフォーマンスのボトルネックを識別し、ピーク レベルでもシステムを継続して運用することができます。

パフォーマンス管理は、複数の機能でサポートされています。リアルタイムのパフォーマンスを監視するためには、CPU 、PCI 、EISA の各バスの利用率、およびネットワークインタフェース カード(NIC )のスループットのグラフを表示できます。この視覚的な表示に加え、 Insight マネージャにより、CPU 、バスおよびディスク パーティションの使用などのパラメータに、スレッショルドを設定できます。スレッショルドを超えた場合には、Insight マネジメント エージェントがコンソールにアラートを送信するので、アドミニストレータは、重要なサブシステムの利用率をモニタし、差し迫ったパフォーマンスの問題について警告を受けることができます。

リアルタイムのパフォーマンス監視に加えて、 Insight マネージャには、パフォーマンスを継続的に監視する自動データ収集機能があります。自動データ収集により、定期的にパフォーマンス データを収集したいシステム グループを指定することができます。 Insight マネージャは、指定された間隔で、パフォーマンスと利用率のデータを追跡してグラフ化します。この情報で、効率よくシステムのボトルネックを診断し、将来の成長速度を計画することができます。

リモート管理


Insight マネージャは、経済的な損失であるシステムの停止時間を最小限に押さえます。そのために、システムの状況を分析するリモート診断、リモート システム コンフィギュレーション、リモート再起動など、リモートサーバの保守と制御に関するすべての機能をサポートすることにより、重大なサーバ障害からの迅速な復旧を支援します。
アドミニストレータは、オフライン サーバ上でのこれらの作業を、ネットワーク接続(IP またはIPX 経由)によるインバンド、またはモデム接続によるアウト オブ バンドで行います。オンライン サーバについては、業界標準のPPP (ポイントツーポイントプロトコル)を使用するInsight 非同期管理を使用してアウト オブ バンド管理を行うことができます。
Telnet またはNVT のリモートサービスを提供するサーバに対しては、IP、 IPX 経由のリモート接続も可能です。
ソフトウェアベースのリモート管理ソリューションに加え、 リモートInsight ボードでは、ミッション クリティカルなリモート サーバに対して、ハードウェア ベースのアウト オブ バンド管理を行なうこともできます。リモートInsightボード は、オンラインサーバのためにInsight マネジメント エージェントにアクセスし、完全なオフライン管理を提供します。

オフライン サーバのインバンド管理


Insight マネージャ アプリケーションは、ネットワーク上の任意のコンソール上で動作します。オフライン サーバのインバンド管理には、サーバへのTelnet (IP)およびNVT (IPX)接続がサポートされています。これにより、ネットワーク上での診断およびシステム コンフィギュレーション ユーティリティを実行することができます。

オフライン サーバのアウト オブ バンド管理


システム パーティションにネットワーク サポートがロードされていないリモート オフライン サーバでは、システム パーティション ユーティリティ(診断およびシステム コンフィギュレーション ユーティリティ)を使用します。ANSI 端末エミュレーションを使用して、モデム経由でInsight マネージャ コンソールにアクセスできます。

オンライン サーバのアウト オブ バンド管理(非同期管理)


Insight 非同期管理は、モデム接続によるリモート オンライン サーバのアウト オブ バンド管理をサポートします。NetWare 、Microsoft Windows NT 、およびSCO UNIX のユーザは、モデムと電話回線により接続されたサーバを、LAN やWAN 接続のサーバ同様に、容易に管理できます。Insight 非同期管理は、Microsoft Windows NT およびSCO UNIX については標準でサポートされています。NetWare に関しては、別途、NetWare 用のInsight 非同期管理の購入が必要になります。

Insight 非同期管理は、業界標準のPPP を使用して管理対象サーバにリモート アクセスを行います。PPP は、管理データの交換とアラート伝達のための信頼性の高い標準プロトコルです。モデム アクセスのセキュリティを確保するため、複数レベルのパスワード、標準のCHAP およびPAP 認証、オプションのコール バック操作、アクセス ログが提供されています。

ミッション クリティカルなリモート サーバの管理:リモートInsight ボード


Insight マネージャが提供するソフトウェア ベースのリモート管理ソリューションに加え、 リモートInsight ボードは、リモート サーバ管理に、さらに高いレベルの信頼性を提供します。
リモートInsight ボードは、インテリジェントなリモート管理ボードで、管理対象のサーバ上のEISA スロットに挿入します。ハードウェア ベースなので、リモートInsight ボードは、さらに高いレベルの保護と信頼性を保証できます。遠隔地にあるミッション クリティカルな環境のサーバには、理想的な管理ツールです。プロセッサ、メモリ、モデムおよびバッテリの統合により、リモートInsight ボード は、サーバのハードウェアとソフトウェアから独立して動作します。アウト オブ バンドで継続的にリモート アクセスを行なうことができ、アラート メッセージを非同期的にアドミニストレータのポケットベルや Insightマネージャ コンソールに送信します。ボード バッテリにより、リモートInsight ボードのアラート機能は、サーバのリセットや電力障害のアラートも送信できるよう強化されています。
リモートInsight ボードのすべての機能を組み合わせて使用することにより、サーバ、オペレーティング システムまたはネットワークがアクセス可能かどうかに関わらず、管理対象サーバとの接続が確保されます。さらに、リモートInsight ボードは、シームレスなリモートコンソールを提供して、クリティカルなサーバ情報(エラーログ、ブートおよび障害シーケンスのビデオなど)の取得と表示により、サーバの問題の診断を支援し、リモートリブート機能を提供します。リモートInsight ボードは、 Insight マネージャと完全に統合されており、現行の管理ツールとしても機能するので、非同期管理用モデムを別途用意する必要がなくなりました。リモートInsight ボードは、業界標準のPPP プロトコルを使用して、Insight マネジメント エージェントおよび Insight マネージャのコンソールと通信し、完全なアウト オブ バンド管理を提供します。

主要な管理製品との統合


HPは、分散エンタープライズを管理するユーザが直面している課題を理解しています。ユーザは、多くのネットワーク、コンピュータ プラットフォーム、アプリケーションおよびデータベースを、現在使用しているエンタープライズ ツールで管理することを望み、統合性の高い管理製品を求めています。このため、HPは、システム管理をリードする企業と協力して、エンド ツーエンドで、企業規模の管理ソリューションを提供しています。

HPは、Insight マネージャをMicrosoft SMS と統合し、Insight マネジメント エージェントを、IBM*やSun*などの、主要なエンタープライズ管理プラットフォームと統合しています。システム マネジメント パートナーシップを通じて、BMC*、Boole and Babbage*、Cabletron*、Seagate* and Tivoli*は、各社の管理製品とInsight マネジメント エージェントを統合しています。
*注)英語版製品のみのサポートとなります。

管理しやすいネットワーク環境


Insight マネージャは、分散ネットワーク環境向けに設計されており、主要なネットワーク オペレーティング システムをサポートし、ネットワーク管理標準に厳密に基づいています。Insight マネージャ製品は、幅広い機能により、多種多様なネットワーク環境に対応することができます。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項