Jump to content 日本-日本語

製品  >  HP ProLiant サーバ  >  Essentials ソフトウェア

HP Integrated Lights-Out 2 Standard Blade Edition

ProLiant

BladeSystem

ConvergedSystem

OneView

Moonshot System

Apollo System

サーバーオプション

サーバーニュース

オンラインストア

製品カタログ

サーバー選定/構成

お客様事例

サポート&サービス

旧製品情報

システム構成図

ホワイトペーパー

マニュアル

グリーン購入法対応状況

付属品リスト

サイトマップ

 
サーバーを、再定義しよう。Reimagine the server. Think compute. HP ProLiant Generation 9
コンテンツに進む
Integrated Lights-Out 製品イメージ
製品デモ

製品情報/QuickSpecs

 
Standard テクニカル仕様
    Blade Edition   Q&A
  Advanced for BL   システム構成
  Advanced   マニュアル
  概要説明   ダウンロード
  オプション      

製品説明

HPは、次世代のProLiant BL p-Classおよびc-Classブレード サーバの標準機能としてバンドルされる、必要不可欠なリモート管理機能を実現するIntegrated Lights-Out 2(iLO 2)Standard Blade Editionをリリースします。iLO 2 Standard Blade Editionにより、HP BladeSystemヘッドレス インフラストラクチャを最大限に活用し、広範囲のシステム管理作業をリモートから実行することができます。

iLO 2 Standard Blade Editionは、ProLiantサーバの標準機能として一般に提供されるすべてのリモート制御機能に加えて、HP BladeSystemサーバを管理するために不可欠の新しい高性能機能、仮想KVMリモート コンソール、およびブラウザベース仮想メディアを提供します。さらに、ブレードのトラブルシューティングやメンテナンスのために、ハードウェア ヘルス、イベント ログ、設定などのシステム管理情報にいつでもアクセスできます。

iLO 2 Standard Blade Editionは、次世代のProLiant BL p-Classおよびc-Classサーバに統合されるHPの新しい第4世代のLights-Outマネジメント プロセッサおよびファームウェアに基づいています。より高度なLights-out管理機能が必要な場合、iLO 2 Standard Blade Editionは、ライセンスが必要な新しいオプション製品であるProLiant Essentials iLO Select Packを使用してアップグレードすることができます。iLO 2 Selectは、より高度なセキュリティ、仮想メディア、および電源管理機能を実現します。

新機能

HP Integrated Lights-Out 2 Standard Blade Editionにより、次世代ProLiant BLサーバのために必要不可欠なリモート制御および管理機能が提供されます。

パフォーマンス

  • 仮想KVMテクノロジにより、ヘッドレス ブレードのグラフィック リモート コンソール機能がKVM over IPの性能で提供されます。
  • Integrated Remote Consoleにより、仮想KVM、仮想電源、および仮想メディアを、Javaに依存しない単一画面で制御できます。
  • オペレーティング システムに関係なく、システム ヘルスおよびブレード電源/BTU監視にアクセスできます。また、HP BladeSystem Onboard Administratorと統合され、シングル サインオンによる直接アクセスが可能です。
  • 新しいブラウザ インタフェースにより、Webページが使いやすくなり、他のProLiant Essentials製品との一貫性も持つようになりました。

オプション

  • 新しいHP ProLiant c-Classサーバでサポートされるようになりました。

対象となる環境

ヘッドレス リモート制御および管理を必要とする、iLO 2ベースProLiant p-Classまたはc-Classブレード サーバを使用するすべてのHP BladeSystem環境
  • ProLiant BL c-Classサーバおよび次世代のp-Classサーバを使用する大規模なエンタープライズ データセンタ
  • ProLiant BL c-Classサーバおよび次世代のp-Classサーバを使用するメインストリーム/中規模のデータセンタ、部門、およびブランチ オフィス

モデル仕様の比較

  iLO 2 Standard Blade Edition
iLO 2 Standard
iLO Standard
仮想メディア(ブラウザ モード) レ    
仮想KVMグラフィック モード レ    
仮想KVMテキスト モード レ OS起動前  
仮想電源 レ レ レ
Integrated Remote Console レ OS起動前  
リモート シリアル コンソール レ レ レ
仮想インジケータ レ レ レ
内蔵システム ヘルス レ レ  
電源監視 レ レ  
SSLおよびSSHセキュリティ レ レ レ
共有ネットワーク ポート   高速 低速
ブラウザ、SMASH CLP、スクリプティング インタフェース レ レ レ

主な利点

出張旅費を削減し、効率とシステムの稼動時間を改善

iLO 2により、いつ、どこからでもすべてのProLiant BLサーバを完全に制御できるようになります。
  • サーバがどのような状態でもシステム コンソール、電源、および仮想メディアを完全にリモート制御できるので、HP BladeSystemヘッドレス インフラストラクチャを最大限に活用できます。
  • iLO 2により、同じ建物内であれ、大陸を横断するような離れた場所であれ、サーバの設置場所に出向く必要性が削減されるので、システムのトラブルシューティングやリストアに要する時間が短縮されます。
  • システム イベント ログや基本的なハードウェア ヘルス ステータスに継続的にアクセスできるので、OSベースのツールにアクセスできないときに、診断したり、リモート サーバの問題を修正したりする時間が短縮されます。
  • 補助電力により、ブレード サーバの電源がオフになっても、iLO 2マネジメント プロセッサは正常に動作できます。

信頼性の高いセキュリティ

セキュリティに妥協せずに、HP ProLiant BLサーバをリモート管理できます。iLO 2 Standard Blade Editionにより両方を手に入れることができます。
  • iLO 2は、Webブラウザ用の業界標準SSL(Secure Socket Layer)、コマンド ライン用のSSH(Secure Shell)、およびリモート コンソール用のRC4により、どのiLO 2インタフェース経由でも安全な通信を保障します。
  • iLO 2 Standard Blade Editionは、カスタマイズ可能なアクセス権を提供して、最大の12ユーザ アカウントにより、基本的なアクセス セキュリティを提供します。

IT環境に適合

ProLiantリモート管理ソリューションは、iLO 2 Standard Blade Editionを使用することにより、固有の、変化しつづけるIT環境に適合します。
  • 各iLO 2マネジメント プロセッサに、標準ブラウザ、コマンド ライン、またはスクリプトから完全にアクセスできます。クライアント システムに、新たにソフトウェアをインストールする必要はありません。
  • 単純なブラウザ インタフェースまたは強力なスクリプティング機能とHP BladeSystem Onboard Administratorの使用により、単一のiLO 2マネジメント プロセッサまたはiLO 2マネジメント プロセッサの大規模なグループの初期設定がスケーラブルで容易なものになります。
  • Lights-Out設定ユーティリティを使用して、すべてのiLO 2およびiLOマネジメント プロセッサのユーザ アカウントやその他の設定を、一貫性のある方法で容易に設定できます。
  • iLO 2は、既存のLights-Outユーティリティと完全な互換性を持ちます。このため、すべてのProLiant環境に容易に統合でき、既存のリモート管理ツールおよびインフラストラクチャへの投資を保護できます。
  • 他のProLiant管理ツール(HP Systems Insight Manager、HP OpenView、およびProLiant Essentials Rapid Deployment Packなど)との緊密な統合により、iLO 2への効率的な集中管理およびアクセスが提供されます。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項