Jump to content 日本-日本語
≫  お問い合わせ

製品とサービス  >  HP ProLiant サーバ  >  Essentials ソフトウェア

Integrated Lights-Out

ProLiant

BladeSystem

ConvergedSystem

OneView

Moonshot System

Apollo System

サーバーオプション

サーバーニュース

オンラインストア

製品カタログ

サーバー選定/構成

お客様事例

サポート&サービス

旧製品情報

システム構成図

ホワイトペーパー

マニュアル

グリーン購入法対応状況

付属品リスト

サイトマップ

 
サーバーを、再定義しよう。Reimagine the server. Think compute. HP ProLiant Generation 9
コンテンツに進む
Integrated Lights-Out 製品イメージ

製品情報/QuickSpecs

 
概要説明
  仕様一覧
  Q&A
  オプション
  Close up! (PDF)
マニュアル

 ≫ 

概要

 ≫ 

iLoの標準機能 1

 ≫ 

iLoの標準機能 2

iLo Advancedおよび
Selectの機能

Integrated Lights-Out AdvancedおよびSelectの機能

仮想グラフィック リモート コンソール(iLO Advancedのみ)

Integrated Lights-Outは、ハードウェア ベースのグラフィック リモート コンソール機能を提供します。この機能により、サポートされているWebブラウザを仮想デスクトップとして使用し、ホストサーバのディスプレイ、キーボードおよびマウスを完全に操作できます。したがって、そのWebブラウザを介し、シャットダウンやスタートアップ操作を行え、リモートのホストサーバの動作を表示できます。このコンソールは、標準的なWebブラウザを使用して動作するため、リモート サーバやクライアント システムに別のソフトウェアを追加する必要はありません。iLOファームウェアv1.75以降では、ポジショニング テクノロジを使用して性能が向上したマウス拡張機能が利用できます。

仮想メディア(iLO AdvancedおよびSelect)

USBベースの仮想メディア機能により、管理者は、クライアント マシン上の標準1.44MBディスケット ディスク ドライブ、クライアント マシン上のDVD/CD-ドライブまたはUSBフラッシュ ドライブ、またはネットワーク上の任意の場所にあるクライアントのディスケット ディスク ドライブまたはDVD/CD-ROMドライブのイメージを使用してリモート サーバを起動することができます。リモート サーバがUSB対応オペレーティング システム(Windows® 2000、Windows Server® 2003、Red Hat Linuxなど)を搭載している場合、仮想デバイスまたはISO 9660イメージとしてローカルのUSBデバイスと変わりなく使用できるようになります。仮想メディア機能を使用すると、ディスケットやDVD/CD-ROMを挿入するためだけにリモート サーバのある場所まで出向く必要がなくなるので、サーバ管理のための時間を節約し、効率性を向上することができます。この機能により、管理者は、以下の機能をアプレット ユーザ インタフェース、コマンド ライン、またはスクリプトからリモートで実行できます。

ディレクトリ統合(iLO AdvancedおよびSelect)

Integrated Lights-Out Advancedは、エンタープライズ クラスのディレクトリ サービスと統合して、安全でスケーラブルな費用対効果の高いユーザ管理を提供します。Microsoft Active DirectoryやNovell eDirectoryなどのディレクトリ サービスを使用すると、Integrated Lights-Outプロセッサにユーザ ロールを割り当て、ディレクトリ ユーザを認証できます。Active Directoryでは、スキーマ拡張に統合する(またはしない)という柔軟性を得ることができます。簡単で信頼性の高いインストール プログラムが用意されているので、管理コンソールのスナップインをインストールして、既存のディレクトリ スキーマを拡張することで、HP Lights-Out管理製品によるディレクトリのサポートが可能になります。また、ディレクトリ移行ツールを使用して、どちらの統合手段でもセットアップを自動化できます。
英語環境のみサポート

マルチファクタ認証(iLO AdvancedおよびSelect)

Integrated Light-Out Advancedは、スマートカードまたはUSBフラッシュ ドライブに内蔵されたデジタル署名を使用して、2つの要素認証が付属した、先進のユーザ認証機能を提供します。強力なこの認証機能を使用すると、iLOのアクセスは、スマートカードやUSBフラッシュ ドライブおよびPINを有する証明書を持つIT担当者のみに制限されます。

ターミナル サービスとの統合(iLO AdvancedおよびSelect)

Integrated Lights-Outは、Microsoftターミナル サービスと統合されているため、ホスト システムにオペレーティング システムが完全にロードされ利用できる場合、Microsoftターミナル サービスに自動または手動で切り替えることにより、高性能なグラフィック リモート コンソールを提供できます。オペレーティング システムが稼動しなくなった場合でも、iLOが引き続いてハードウェア ベースの安全なLights-Outコンソールを提供し、ホスト サーバへのエンドツーエンドのリモート アクセスを可能にします。さらに、Microsoftターミナル サービス セッションをiLOのネットワーク インタフェース経由で転送することにより、実務ネットワーク セキュリティ機能が向上します。

Windowsのリモート カーネル デバッガ(iLO AdvancedおよびSelect)

リモートのPC上で実行されるMicrosoft WindowsデバッガをiLOの仮想シリアル ポート(VSP)に接続して、オペレーティング システムのカーネル エラーを診断および修正できます。

より簡単で迅速なHP ProLiant BL p-Classの構成とセットアップ(iLO Advanced)

ユーザは、使い慣れたiLOインタフェースを使用して、BL p-Classサーバを容易に初期構成およびセットアップできます。ユーザは、内蔵のウィザードの指示に従い、正しい順序で、iLOプロセッサ、ブレード サーバ、およびオペレーティング システムの初期構成とインストールを進めていきます。このプロセスでは、SmartStart CD、OSのCD、ISOイメージなど該当するメディアが仮想メディアとして統合され起動されます。また、iLOが、ブレード サーバのラック イメージを自動的に表示し、ユーザが、ポイント アンド クリック操作で、各ブレードとエンクロージャへの簡単なナビゲーションを可能にします。

このページのトップへ
戻る  
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項