Jump to content 日本-日本語

製品  >  HP ProLiant サーバ  >  Essentials ソフトウェア

PROLIANT ESSENTIALSソフトウェア

ProLiant

BladeSystem

ConvergedSystem

OneView

Moonshot System

Apollo System

サーバーオプション

サーバーニュース

オンラインストア

製品カタログ

サーバー選定/構成

お客様事例

サポート&サービス

旧製品情報

システム構成図

ホワイトペーパー

マニュアル

グリーン購入法対応状況

付属品リスト

サイトマップ

 
サーバーを、再定義しよう。Reimagine the server. Think compute. HP ProLiant Generation 9
コンテンツに進む

製品イメージ

製品情報/QuickSpecs

 
Showcase
  概要説明
  仕様一覧
  Q&A
  マニュアル
  インストール方法
    使用許諾契約書

PROLIANT ESSENTIALSソフトウェア - エンド ユーザ使用許諾契約書

本エンド ユーザ使用許諾契約書(「契約」という)をよくお読みください。 本契約は、お客様(個人または単一の法人、団体、たとえば1つの会社)と、Hewlett-Packard Company(「HP」という)との間の法的な契約書です。 以下の「同意します」ボタンをクリックするか本契約で配布されたソフトウェア(「ソフトウェア」という)をコピー、インストール、または使用することで、お客様は、(i)本契約を電子的に締結する意思を有し、(ii)保証規定を含む以下の条項および以下で定義される「補助ソフトウェア使用許諾」に記載の条項に拘束され従うことに同意したとみなされます。

お客様は、本契約の条項に同意しない場合、(a)「同意しません」ボタンをクリックして本契約の拒否を意思表示することができ、(b)ソフトウェアをインストールすることができず、そして(c)ソフトウェアを使用できません。 お客様がソフトウェアを購入された場合は、ソフトウェアを返却してください。お客様がお支払いになった料金は全額返却されます。 上記に関わらず、ソフトウェアをインストールすることによって、またはその他の方法でソフトウェアを使用することによって、お客様は本契約の条項に同意したものとみなされます。

「ソフトウェア」は、HPおよびオープン ソース コミュニティを含む第三者によって提供されます。以下、「HP」によって提供されるソフトウェアを「HPソフトウェア」、第三者によって提供されるソフトウェアを「第三者ソフトウェア」といい、また、第三者ソフトウェアとオープン ソース ソフトウェアを総称して「補助ソフトウェア」という。 お客様は、「HPソフトウェア」、「補助ソフトウェア」、付随する印刷物、およびオンラインまたは電子的ドキュメンテーション(集合的に「製品」という)のコピー1部を、「現状有姿の保証規定」を含む以下の条項および補助ソフトウェア使用許諾契約(「補助ソフトウェア使用許諾」という)の条項によってのみ使用が許可されます。

お客様は随時、HPのハードウェア上で、オペレーティング システム ソフトウェア、ビジネス アプリケーション ソフトウェア等の「第三者ソフトウェア」を起動させる選択ができます。 HPは「補助ソフトウェア」プロバイダ等の他者の合法的な著作権を尊重しています。 HPはお客様に対し、「HPソフトウェア」に対するHPの権利を尊重し、本契約の条項を遵守するよう要求されているのと同様に、他者の著作権を尊重し、「補助ソフトウェア使用許諾」の条項を遵守していただきたいと考えます。

「補助ソフトウェア」の使用は、「補助ソフトウェア使用許諾」の適用を受けるものとします。ただし、本契約の「保証規定」に含まれる保証の免責事項および責任制限に関する条項も、かかる「補助ソフトウェア」に適用されるものとします。 HPは各「補助ソフトウェア」 プログラム ファイル内に「補助ソフトウェア 」プロバイダの所有であることを注記することによって、および/または、「補助ソフトウェア使用許諾」内に使用許諾情報を提供することによって、「補助ソフトウェア」を特定しております。 本契約の条項を受諾することで、お客様は、各「補助ソフトウェア使用許諾」の条項をも受諾しているとみなされます。

GNU一般公開ライセンスに基づいてライセンスされたソフトウェア(「GPLソフトウェア」という)などの、オープン ソース コミュニティにより提供されたソフトウェアが「製品」に含まれる場合に限り、「補助ソフトウェア使用許諾」により明示的に要求されているように、お客様から書面による要請があり次第、配布の費用を補う料金を徴収することによって、HPはソース コードの機械で読み取り可能な形式による、GPLソース コードまたは他のオープン ソース ソフトウェアのソース コードのコピーをお客様に郵送します。 オープン ソース ソフトウェアのソース コードおよび情報を書面で要請する形式は、以下に示すHPのWebサイトに掲載されています。

 ProLiant Essentials software


使用許諾条項

本契約の条項ならびに「補助ソフトウェア使用許諾」に記載される権利、制限および義務に従うことを条件として、以下の使用許諾条項が適用されるものとします。

1.  定義
  「認定コピー」とは、認定数を証明するインボイスまたはこれに類似する文書に明記されている、お客様が料金を支払ったコピーの数を意味します。

「物理コンピュータ」とは、単一の物理的なコンピュータを意味します。

「ホスト/クライアント セット」とは、1台以上のホスト側「物理コンピュータ」(「サーバ」という)と1台以上のクライアント側「物理コンピュータ」(「クライアント」という)を共通のコンピュータ ネットワークで同時に接続した1組の「物理コンピュータ」を意味します。複数の「クライアント」が同じ「サーバ」を共有することがあります。

「仮想化ソフトウェア」とは、(i)1台の物理コンピュータ上で1つのオペレーティング システム ソフトウェアの複数コピーが同時に動作することを可能にし、(ii)すべてのオペレーティング システム ソフトウェアのコピーにつき、実際にプロセッサやメモリなどの共通の物理コンピュータ ハードウェア リソースを共有している場合であっても、論理的に独立したままで相互に分離していることを確実なものとし、(iii)仮想マシンの最大数を上限とする複数の仮想マシンが同時に動作することを可能にするソフトウェアを意味します。

「仮想マシン」とは、1つのホスト側「物理コンピュータ」上で動作する「仮想化ソフトウェア」の使用によって可能になった1つのコンピューティング システムを抽象化したものを意味します。「仮想マシン」では、1つのオペレーティング システム ソフトウェアとソフトウェア アプリケーション プログラムのコピー一部が動作することがあります。

「物理コンピュータから物理コンピュータへの変換」とは、単一の「物理コンピュータ」のオペレーティング システム ソフトウェア、ソフトウェア アプリケーション プログラム、およびデータ ファイル(総称して「サーバ イメージ」という)を全体として1部コピーした後に、異なる単一のHP ProLiantサーバ上に「サーバ イメージ」をインストールすることにより、当該のHP ProLiantサーバ上に以前インストールされていた既存の「サーバ イメージ」を置き換える作業を意味します。

「物理コンピュータから仮想マシンへの変換」とは、単一の「物理コンピュータ」のオペレーティング システム、ソフトウェア アプリケーション プログラム、およびデータ ファイルを全体として1部コピーした後に、「仮想化ソフトウェア」を使用して、同一のまたは異なる単一の「物理コンピュータ」上で単一の新しい「仮想マシン」を作成し、オペレーティング システム、ソフトウェア アプリケーション プログラム、およびデータ ファイルの当該コピーを動作させる作業を意味します。

「仮想マシンから物理コンピュータへの変換」とは、単一の「仮想マシン」のオペレーティング システム、ソフトウェア アプリケーション プログラム、およびデータ ファイルを1部コピーした後に、単一の「物理コンピュータ」にオペレーティング システム、ソフトウェア アプリケーション プログラム、およびデータ ファイルの当該コピーをインストールすることにより、既存のオペレーティング システム、ソフトウェア アプリケーション プログラム、およびデータ ファイルを置き換える作業を意味します。

「仮想マシンから仮想マシンへの変換」とは、「仮想化ソフトウェア」内で動作している単一の「仮想マシン」のオペレーティング システム、ソフトウェア アプリケーション、およびデータ ファイルを1部コピーした後に、異なる「仮想化ソフトウェア」内で動作している単一の新たに作成された「仮想マシン」にコピーしたオペレーティング システム、ソフトウェア アプリケーション、およびデータ ファイルをインストールする作業を意味します。

「ネットワーク ポート」とは、単一の「物理コンピュータ」のローカル エリア ネットワーク通信インフラストラクチャに対するそれぞれの物理接続または無線接続を意味します。


2.  a.  ソフトウェアにアクティベーション キーが必要でない場合。 製品にソフトウェアを有効にするためにキー(「アクティベーション キー」という)が必要でない場合には、お客様が本契約のすべての条項に従うという条件で、HPはお客様に、「物理コンピュータ」、「ホスト/クライアント セット」または「仮想マシン」上において、かつHPが「ソフトウェア」に付随する資料で特定した動作環境において、本契約書の第11条に「期間」として特定された間、「ソフトウェア」のオブジェクト コード バージョンを使用し、実行し、表示するための、HPソフトウェアに関するHPの著作権に基いて非独占的、移転不能(第17条に定める場合を除く)かつ全世界(第13条(i)に明記された法規で定められた国を除く)での使用許諾を付与します。 記録保存目的のために、またはコピーもしくは翻案物の作成がバックアップ サーバもしくはデバイス上での「ソフトウェア」の認可された使用にとって必要不可欠な手段である場合に限り、お客様は、「ソフトウェア」のコピーまたは翻案物を作成することができるものとしますが、コピーまたは翻案物は他の方法で使用しないものとし、元のサーバまたはデバイスが使用可能となった場合には、バックアップ サーバまたはデバイス上での「使用」を中止することを条件とします。 お客様はその他の方法で「ソフトウェア」を再生、頒布しないものとします。 本契約において明示的にお客様に付与されていない権利はすべて、HPが留保します。
  b.  ソフトウェアにアクティベーション キーが必要な場合。 「ソフトウェア」に「アクティベーション キー」が必要な場合には、お客様が本契約のすべての条項に従うという条件で、お客様が使用する特定のハードウェア構成に応じて、HPはお客様に対して、下記の使用許諾および権利を付与します。

物理コンピュータ、ホスト/クライアント セットおよび仮想マシンに関する使用許諾。 HPはお客様に、お客様が有している「ソフトウェア」の「認定コピー」と同数の、かつ、サポート対象と同数の(本契約のサポートに関する第8条を参照)、「物理コンピュータ」、「ホスト/クライアント セット」または「仮想マシン」上において、本契約書の第11条に「期間」として特定された間、「ソフトウェア」の「認定コピー」のオブジェクト コード バージョンを使用し、「認定コピー」を作成し、実行し、表示(「使用」という)するための、「仮想化ソフトウェア」に関するHPの著作権に基いて非独占的、移転不能(第17条に定める場合を除く)かつ全世界(第13条(i)に明記された法規で定められた国を除く)での使用許諾を付与します。 記録保存目的のために、またはコピーもしくは翻案物の作成がバックアップ サーバもしくはデバイス上での「ソフトウェア」の認可された使用にとって必要不可欠な手段である場合に限り、お客様は、「ソフトウェア」のコピーまたは翻案物を作成することができるものとしますが、コピーまたは翻案物は他の方法で使用しないものとし、元のサーバまたはデバイスが使用可能となった場合には、バックアップ サーバまたはデバイス上での「使用」を中止することを条件とします。 お客様はその他の方法で「ソフトウェア」を再生、頒布しないものとします。 本契約において明示的にお客様に付与されていない権利はすべて、HPが留保します。 お客様が、「仮想マシン」、「物理コンピュータ」または「ホスト/クライアント セット」上でまたは「仮想マシン」、「物理コンピュータ」または「ホスト/クライアント セット」とともに使用する「第三者ソフトウェア」に関して、すべての使用許諾を取得することを条件として、第2条bの権利が付与されます。 「仮想マシン」上で「第三者ソフトウェア」を「使用」する権利をお客様に付与する適切な使用許諾の取得を確保することはお客様の責任です。以下の例1を参照してください。 「ソフトウェア」の「認定コピー」1部を、複数の「物理コンピュータ」または「ホスト/クライアント セット」または「仮想マシン」上で同時に使用することはできません。

例1。 お客様が「ソフトウェア」を、1台のホスト「物理コンピュータ」および同一のホスト「物理コンピュータ」上で動作している2台の「仮想マシン」上で使用する場合、「ソフトウェア」の「認定コピー」3部が必要になります。

物理コンピュータから物理コンピュータへの変換、物理コンピュータから仮想マシンへの変換、仮想マシンから仮想マシンへの変換および仮想マシンから物理コンピュータへの変換に関する使用許諾権。 HPはお客様に、「物理コンピュータ」、「ホスト/クライアント セット」または「仮想マシン」上の「ソフトウェア」の「認定コピー」ごとに、1回の「物理コンピュータ」から「物理コンピュータ」への変換、1回の「物理コンピュータ」から「仮想マシン」への変換、1回の「仮想マシン」から「仮想マシン」への変換、または1回の「仮想マシン」から「物理コンピュータ」への変換を実行するための、「仮想化ソフトウェア」に関するHPの著作権に基いて非独占的、移転不能(第17条に定める場合を除く)かつ全世界(第13条に明記された法規で定められた国を除く)での使用許諾を付与します。 すべての「第三者ソフトウェア」について、「物理コンピュータ」と「仮想マシン」との間で変換する権利をお客様に付与する適切な使用許諾の取得を確保することはお客様の責任です。以下の例2を参照してください。 「物理コンピュータ」から「物理コンピュータ」への変換、「物理コンピュータ」から「仮想マシン」への変換、「仮想マシン」から「仮想マシン」への変換、または「仮想マシン」から「物理コンピュータ」への変換の実行は、お客様が「第三者ソフトウェア 」プロバイダを含めたソフトウェア プロバイダから変換を実行するためのすべての使用許諾権を取得しない限り、認められません。 いずれかの種類の変換の完了後、その変換のために使用された「製品」の「認定コピー」は消滅し、その後、当該「認定コピー」でいかなる種類の変換も実行する権利はなくなります。

例2。 お客様が「物理コンピュータ」から「物理コンピュータ」への変換を3回、「物理コンピュータ」から「仮想マシン」への変換を2回、「仮想マシン」から「仮想マシン」への変換を1回、および「仮想マシン」から「物理コンピュータ」への変換を1回実行するために「ソフトウェア」を「使用」する場合、「ソフトウェア」の「認定コピー」7部が必要となります。お客様は、「第三者ソフトウェア」 プロバイダから、すべての「第三者ソフトウェア」の変換を実行する権利を確保しなくてはなりません。

ネットワーク ポートに関する使用許諾。 HPはお客様に、サポート対象の(本契約のサポートに関する第8条を参照)「ネットワーク ポート」の1つを経由した単一の「物理コンピュータ」上において、「ソフトウェア」の「認定コピー」1部のオブジェクト コード バージョンを「使用」するための、「仮想化ソフトウェア」に関するHPの著作権に基いて非独占的、移転不能(第17条に定める場合を除く)かつ全世界(第13条に明記された法規で定められた国を除く)での使用許諾を付与します。 「ソフトウェア」の「認定コピー」1部を、複数の「物理コンピュータ」または単一の「物理コンピュータ」上における複数の「ネットワーク ポート」で同時に使用することはできません。 以下の例3を参照してください。

例3。 お客様が4つの「ネットワーク ポート」を有する1台の「物理コンピュータ」、および8つの「ネットワーク ポート」を有するもう1台の「物理コンピュータ」上で「ソフトウェア」を「使用」する場合、「ソフトウェア」の「認定コピー」12部が必要となります。

使用許諾の移転禁止。 「ネットワーク ポート」に関する「使用許諾」は、HPから書面による明示的な承諾を得ずに、ある「物理コンピュータ」から別の「物理コンピュータ」に移転することはできません。 「仮想マシン」の移動に関する下記の規定を除き、「ソフトウェア」の「認定コピー」のうち1部を、特定の「物理コンピュータ」または「ホスト/クライアント セット」または「仮想マシン」上で「使用」した場合、HPおよび「第三者ソフトウェア 」プロバイダから書面による明示的な承諾を得ずに、使用許諾を別の「物理コンピュータ」または「ホスト/クライアント セット」または「仮想マシン」に移転することはできません。

仮想マシンの移動。 お客様が、「仮想マシン」上で「使用」する「ソフトウェア」の「認定コピー」については、「仮想マシン」全体を、あるホスト「物理コンピュータ」から別のホスト「物理コンピュータ」に移動させるときに、それと同時に移動することができ、かかる移動の回数に関する制限はありません。ただし、移動後の「ソフトウェア」の「認定コピー」は1部のみであるものとします。またお客様は「第三者ソフトウェア 」プロバイダから書面による明示的な承諾を取得しているものとします。 「仮想マシン」を移動させたために、「認定コピー」を実行する「仮想マシン」のコピー1部が生成された場合、お客様は、オリジナルの「仮想マシン」を破棄し、それ以降、使用することができない状態にしなければなりません。

ホスト/クライアント セット−新しいサーバ ホスト物理コンピュータ。 お客様は、使用許諾を受けたクライアント「物理」コンピュータに新しいサーバ 「ホスト物理コンピュータ」が導入された場合でも、使用許諾を受けたクライアント「物理コンピュータ」上で「ソフトウェア」の「認定コピー」の使用を継続することができます。

認定コピーの保存。 お客様は、「ソフトウェア」の「認定コピー」とともにロードされたハードウェア構成のローカル メモリまたはストレージ デバイスに「ソフトウェア」をコピーすることができます。 「物理コンピュータ」、「ホスト/クライアント セット」、または「仮想マシン」に「ソフトウェア」の「認定コピー」を配布する目的に限り、お客様は、合理的な数のネットワーク サーバ「物理コンピュータ」または安全なイントラネット上に「ソフトウェア」をコピーすることができます。 記録保存目的のために、またはコピーもしくは翻案物の作成がバックアップ サーバもしくはデバイス上での「ソフトウェア」の認可された使用にとって必要不可欠な手段である場合に限り、お客様は、「ソフトウェア」のコピーまたは翻案物を作成することができるものとしますが、コピーまたは翻案物は他の方法で使用しないものとし、元のサーバまたはデバイスが使用可能となった場合には、バックアップ サーバまたはデバイス上での「使用」を中止することを条件とします。 お客様はその他の方法で「ソフトウェア」を再生、頒布しないものとします。 本契約において明示的にお客様に付与されていない権利はすべて、HPが留保します。 お客様は、「ソフトウェア」の「認定コピー」を実行しているハードウェア構成とともに、「アクティベーション キー」を保管しておくものとします。 「アクティベーション キー」の情報は、将来参考にする場合もありますので、コピーを保管しておいてください。


3.  製品アップデート。 「製品アップデート」とは、「製品」のバグ修正、部分的訂正または軽微な改良を含む「製品」のリリースを意味します。 「製品アップデート」は、HP単独の判断により随時配布されます。 HPが「製品アップデート」を提供する場合、「製品アップデート」独自の条項が伴うことがありますが、提供されないときは、お客様が使用時において、本契約の条項に違反していない場合に限り、お客様は本契約の条項に基づいて、「製品アップデート」を使用することができます。

4.  製品アップグレード。 「製品アップグレード」とは、「製品」の重大な変更、拡張および/または、機能上の重要な追加もしくは改良を含む「製品」のリリースを意味します。 「製品アップグレード」は、HP単独の判断により随時配布され、HPはその裁量により、お客様が「製品アップグレード」を使用するために、新しい使用許諾の購入を要求する場合があります。 HPが「製品アップグレード」を提供する場合、製品アップグレード独自の条項が伴うことがありますが、提供されないときは、お客様が使用時において、本契約の条項に違反していない場合に限り、お客様は本契約の条項に基づいて、「製品アップデート」を使用することができます。

5.  財産権。 「製品」の所有権および著作権その他の財産権は、Hewlett-Packard Development Company, L.P.(HPの知的財産権を所有する会社)に帰属します。ただし、「第三者ソフトウェア」の所有権は第三者サプライヤに帰属し、オープン ソース ソフトウェアの所有権は「補助ソフトウェア」 リストに記載のオープン ソース ソフトウェア プロバイダに帰属します。 お客様の「製品」の「認定コピー」を「使用」する権利は、お客様に「製品」の「認定のコピー」に関する権限、所有権および財産権を付与することではなく、また、「製品」、「認定コピー」、またはその一部が売却されることでもありません。 第三者サプライヤおよび「補助ソフトウェア 」プロバイダは、本契約に基づいて受益者となることを意図されており、お客様に対して直接、「製品」のそれぞれの部分における自己の権利を保護することができるものとします。

6.  移転。 事前にHPから書面による承諾を得ずに、または「補助ソフトウェア使用許諾」で特段に認められない限り、かつ適用される料金の支払いを条件に、お客様は、(a)本契約に基づいてお客様に付与された権利を他者に賃貸、リース、貸与またはその他の方法で移転する権利、(b)商業用目的でのタイムシェアリングまたはサービスビューロでの使用を目的として「製品」の「認定コピー」を「使用」する権利、(c)公共ネットワークまたは分散ネットワーク上に「製品」をコピーする権利、を有さないものとします。

7.  著作権。 「製品」およびその「認定コピー」は米国著作権法、その他の国の著作権法および国際条約の規定によって保護されています。 お客様は、製品の識別、著作権表示、所有権の表示を「製品」またはその「認定コピー」から除去してはならないものとします。

8.  サポート。 サポート条件および連絡先情報は、業界標準サーバ製品の保証規定およびテクニカル サポート(「サポート規定」という)に詳述されています。この「サポート規定」は、HPのWebサイト(http://www.hp.com/)にコピーが掲載されています。 「サポート規定」の条項に従うことを条件として、「製品」およびそのメディアのテクニカル サポートは、「ソフトウェア」の「認定コピー」がインストールされているHPの「物理コンピュータ」購入日から90日間(「サポート期間」という)につき提供されます。 北米でテクニカル サポートを利用するには、HPの技術サポート センター(1-800-474-6836)までご連絡ください。このサービスはサポート期間中、月曜日から金曜日までの通常の営業時間内に提供されます。 北米以外の国では、最寄りのHPの技術サポート電話センターにご連絡ください。 本契約のもとで、オンサイト サポートなどその他のサポートは一切提供されません。 「サポート規定」に定められ、HPのWebサイトの製品情報ページに明記されている、サポートされていない「物理コンピュータ」上で使用される「製品」については、HPのサポートも提供されないものとします。

9.  リバース エンジニアリングの制限。 お客様は、HPから事前に書面による承諾を得ずに、「HPソフトウェア」の修正、逆アセンブル、リバース エンジニアリング、逆コンパイル、解読、またはその他の方法による「HPソフトウェア」のソース コードへのアクセスもしくはソース コードの確定の企てをしないものとします。 お客様は、「補助ソフトウェア使用許諾」で明示的に許可されていない限り、第三者サプライヤから事前に書面による承諾を得ずに、「第三者ソフトウェア」の修正、逆アセンブル、リバース エンジニアリング、逆コンパイル、解読、またはその他の方法による「第三者ソフトウェア」のソース コードへのアクセスもしくはソース コードの確定の企てをしないものとします。 お客様がソフトウェアに関して本第9条に反する制定法に基づく権利を有する場合には、お客様はHPに、「ソフトウェア」の意図している逆アセンブルまたは逆コンパイルに関する合理的な詳細に記載された情報を、かかる逆アセンブルまたは逆コンパイルの実行前に提供するものとします。

10.  権利の留保。 本契約でお客様に明示的に付与されていない権利はすべて、HP、その第三者サプライヤおよび「補助ソフトウェア 」プロバイダが留保します。

11.  期間および終了。 本契約の条項をお客様が受諾して以降の期間およびかかる条項をお客様が遵守している期間(「期間」という)、お客様は本契約および「補助ソフトウェア使用許諾」に基づいてお客様に付与された権利を行使することができます。 上記に関わらず、HPは、お客様の、かかる条項の不遵守について通知することによって、「製品」を使用するためのお客様の権利を終了させることができるものとします。 終了後直ちに、お客様のデータベースに存在するデータの個々の部分を除き、お客様は、インストールされているサーバからお客様の翻案物に併合された「ソフトウェア」のコピーを含む全ての「製品」のコピーを除去し、破棄し、またはHPに返却するものとします。 お客様は任意の形式で併合された部分とともに「製品」をHPに返却、インストールされているサーバから除去、または破棄することによって、いつでも、本契約を終了することができるものとします。

12.  秘密情報を持つコンピュータ ソフトウェア。 その保有、使用、または複製には、HPから有効な使用許諾を得る必要があります。 FAR 12.211および12.212に従って、商業用コンピュータ ソフトウェア、コンピュータ ソフトウェア ドキュメンテーション、および商業用製品の技術データは、HPの標準の商業用使用許諾のもとで、米国政府に使用許諾が付与されます。

13.  法律の遵守。 「製品」およびこれに関連するハードウェア、ソフトウェア、技術またはサービスは、米国商務省の被否認者リスト、拡散に利用する恐れのある団体リスト、または米国財務省の特別指定国民リストに記載されている者または団体に対して、米国が禁輸制裁している国に対して、あるいは米国輸出管理規則(15 CFR 744)に指定される、核兵器、化学兵器、生物兵器またはミサイル技術の開発もしくは生産に直接的または間接的に関与する当事者に対して、輸出、再輸出、移転またはダウンロードできないものとします。 本契約に同意することによって、お客様は、(i)米国の禁輸制裁国に所在していない(または同国の国民ではない)こと、(ii)米国商務省の被否認者リスト、団体リスト、または米国財務省の特別指定国民リストに特定されていないこと、および(iii)米国輸出管理規則に指定される、核兵器、化学兵器、生物兵器またはミサイル技術の開発もしくは生産に直接的または間接的に関与していないことを確認します。

14.  準拠法。 本契約の準拠法はニューヨーク州法(ただし、抵触法を除く)とします。 国際物品売買契約に関する国連条約は明示的に排除されます。 「製品」が米国以外の国で取得された場合には、現地の法律が適用される場合があります。

15.  可分性。 本契約のいずれかの条項もしくは規定が不法であるか、または強制執行不能であると判断された場合であっても、本契約の残存条項もしくは規定の有効性または強制執行可能性は、引き続き有効に存続するものとします。 本契約の権利または規定を執行しなかった場合、または執行に遅延が生じた場合であっても、それ以降の違反に対してかかる権利または規定に関する権利が放棄されたものとはみなされないものとします。 その内容から、「製品」の使用許諾の終了後も継続する本契約の規定は、履行が完了するまで有効に存続します。

16.  データ使用の承諾。 お客様は、HPがお客様による「製品」の「使用」およびHPによる技術サポートの要請に関連して、お客様が提供する技術情報を収集し、これを使用する場合があることに同意します。ただし、HPは、この情報を、お客様を個人的に特定する形式において使用しないものとします。

17.  譲渡。 お客様は事前にHPから書面による承諾を得ずに、本契約、「製品」、「認定コピー」、または本契約に基づく権利もしくは義務を譲渡、再使用許諾または移転できないものとします。 このような譲渡、再使用許諾または移転の試みは無効とされ、その際、HPは本契約をただちに終了することができるものとします。 ただし、お客様が譲渡日まで、本契約の第2.b条の要求に基づき、「第三者ソフトウェア」を「使用」する権利をお客様に付与する適切な使用許諾を取得することを含め、本契約のすべての条項を遵守している場合、適用される料金の支払いを条件に、「補助ソフトウェア使用許諾」の譲渡に関する独自の条項がある場合を除き、お客様は、お客様の事業のすべてまたは事実上すべての譲渡と一緒に、本契約および本契約に基づいて付与された権利を譲渡することができます。ただし譲受人は、本契約のすべての条項を遵守することに同意する必要があります。 「補助ソフトウェア」を譲渡または移転する権利は、「補助ソフトウェア使用許諾」の条項の適用を受けます。 使用許諾を譲渡する方法についての情報は、HPのWebサイトに掲載されています。

http://www.hp.com/products1/evolution/software/index.html?jumpid=reg_R1002_USEN


18.  完全合意。 本契約(Ancillary Software(補助ソフトウェア)リストにあるすべての「補助ソフトウェア使用許諾」を含む)は、「製品」に関するお客様とHPとの間の最終的で、完全で、かつ排他的な契約であって、本契約の主題に関して、口頭または書面を問わずになされた、従前の通信事項、表明事項または合意事項のすべてに優先するものです。 本契約に明示しない追加または別段の条項は適用されません。 本契約は、お客様またはお客様の正式に権限を有する代表者およびHPによって署名された修正書面によらずに変更できないものとします。 HPのポリシーまたはサポート サービス用プログラムの条項が本契約の条項と矛盾する場合には、本契約の条項が優先して適用されます。

19.  保証。
  a.  アクティベーション キーが必要でないソフトウェア - 現状有姿の保証規定。

免責事項。 該当の法律によって許可される範囲において、本「製品」およびサポート サービス(該当する場合)は、口頭または書面、明示的または黙示的を問わずに、いかなる種類の保証も伴わずに、「現状有姿のまま」でお客様に提供されます。 HPは「製品」に関する商品性、良好な品質、権利の非侵害、情報用コンテンツの正確性、特定目的への適合性、応答、結果あるいは職人的努力の正確性あるいは完全性、ウィルスに感染されていないこと、および過失がないことなどすべてならびにサポート サービスの提供または提供不履行に対する保証(これに限られない)を含め、いかなる黙示的保証をも明示的に否認します。 さらに、「製品」に関する平穏享有、平穏占有および説明との一致については、保証(これに限られない)は一切存在しません。 結果および「製品」の動作に関するリスクはすべて、お客様が負うものとします。 口頭または書面を問わずに、HP、HPの正式な権限を有する代表者またはその他の当事者によって提供された情報または助言は、保証を設定するものではなく、本「現状有姿」の保証を修正するものではありません。 管轄地域によっては、黙示的保証または条件の排除が認められない場合があります。その場合には、かかる現地法によって禁止される範囲において、上記の排除はお客様に適用されないことになります。 お客様は国、州または地方ごとに異なるその他の権利を有する場合もあります。

  b. 

アクティベーション キーが必要なソフトウェア ‐ 限定保証規定。

HPは、購入日から90日間につき、「製品」が実質的に付随資料に基づいて機能することを保証します。 お客様の州/管轄地域によって、黙示的保証または条件が設定される場合で、連邦または州/地方の法律によって、それらを否認することが禁止される場合には、お客様には黙示的保証または条件も適用されます。ただし、購入日から90日以内になされた欠陥に関する請求のみに適用されるものとします。 欠陥が発見されても、その請求が90日以内になされなかった場合には、いかなる種類の保証も条件も適用されません。 州/管轄地域によっては、黙示的保証または条件の有効期間に関する制限が許可されない場合があります。その場合には、上記の制限はお客様には適用されなくなります。

免責事項。 上記の限定保証規定は、お客様になされる唯一の明示的な保証であり、またドキュメンテーション、パッケージまたはその他によって設定される他の明示的保証または黙示的保証(該当する場合)の代わりに提供されるものです。 限定保証規定を除き、かつ準拠法によって許可される最大限の範囲において、HPおよびHPのサプライヤは、「製品」およびサポート サービス(該当する場合)を、「現状有姿」のままで、かつ瑕疵を問わない条件で提供し、明示的または黙示的であるか、法律によるものであるかを問わずに、「製品」に関する商品性、特定目的への適合性、良好な品質、権利の非侵害、応答、結果あるいは職人的努力の正確性または完全性、ウィルスに感染されていないこと、および過失がないことなどすべてならびにサポート サービスの提供または提供不履行に対する黙示的な保証、義務または条件を含む(ただしこれらに限定されない)、他のいかなる保証および条件も一切否認します。 さらに、「製品」に関する権限、平穏享有、平穏占有、説明との一致、または非侵害について、保証または条件は一切存在しません。


20.  認可の保証。
  a. 

お客様には、「物理コンピュータ」、「ホスト/クライアント セット」または「仮想マシン」への変換の対象となるすべてのソフトウェアに関する使用許諾を第三者ソフトウェア プロバイダを含めたプロバイダから取得していることを保証していただきます。


21.  責任制限。
  a. 

アクティベーション キーが必要かどうかを問わずすべてのソフトウェア

現地法によって禁止される範囲を除き、HP、HPの子会社、関連会社、取締役、役員、従業員、代理人またはサプライヤは、いかなる場合であっても、「製品」の「使用」もしくは「使用」不可または「使用」の結果から発生する直接的損害、間接的損害、特別損害、付随的損害、結果損害、懲罰的損害、またはその他の損害(利益の喪失、データの喪失、またはダウンタイムのコストを含む)について、これらが保証、契約、不法行為またはその他の法律上の理論に基づくものであるか否かに関わらず、HPがこれらの損害の発生の可能性を事前に知らされていた場合であっても、これらについては一切責任を負わないものとします。 本「製品」は、原子力施設、航空機の航行または航空機の通信システム、航空管制、生命維持装置、または武器システムの計画、建設、維持または稼動における用途(「危険性の高い用途」と総称する)のためにデザイン、製造あるいは意図をしたものではありません。 かかる危険性の高い用途に「製品」が「使用」された場合には、お客様が単独でその責任を負うものとし、お客様は、かかる「使用」に関連した損失、損害、経費または責任についてHPを補償および擁護し、これらからHPを免責するものとします。 お客様による「製品」の「使用」は、お客様自身がそのリスクをすべて負担して行うものです。 管轄地域によっては、付随的損害または結果損害に関する責任の排除または責任の限度が認められない場合があります。その場合には、かかる現地法によって禁止される範囲において、上記の限度はお客様に適用されないことになります。

  b. 

アクティベーション キーが必要なソフトウェア

お客様が何らかの理由によって損害を被った場合であっても、その損害(上記に記載されるすべての損害、および直接的または一般的な損害のすべてを含むが、これらに限定されない)にかかわらず、本契約の規定に基づくHPおよびHPのサプライヤの全責任、ならびに前記事項のすべてに関するお客様の排他的な救済手段(限定保証規定の違反に関して、HPが選択した場合の修理または交換の救済手段を除く)は、「製品」についてお客様が実際に支払った金額または5.00米ドルのうち、大きい方の金額に限定されます。 前記の制限、除外および否認(上記の保証を含む)は、救済手段がその本来の目的を達成しない場合であっても、準拠法によって許可される最大限の範囲において適用されます。

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項