Jump to content 日本-日本語

製品  >  HP ProLiant サーバ  >  Essentials ソフトウェア

HP Insight Control Linux Edition for HP BladeSystem
- リリース1.6

サーバー

HPE Server Now

オンラインストア

製品カタログ

サーバー選定/構成

お客様事例

サポート&サービス

旧製品情報

システム構成図

ホワイトペーパー

マニュアル

グリーン購入法対応状況

「生産性向上設備」証明書発行

付属品リスト

サイトマップ

 
コンテンツに進む
HP Insight Control Linux Edition for HP BladeSystem - リリース1.6
製品デモ

製品情報/QuickSpecs

Showcase
  概要説明
  仕様一覧
  Q&A
  システム構成
マニュアル

概要

HP Insight Control Linux Edition for HP BladeSystemは、ブレードを中心としたLinuxの管理および配備ソフトウェア パッケージで、HP BladeSystemサーバの管理および制御の実行を可能にします。これは、以前HP Control Towerと呼ばれていた製品の最新バージョンです。このソフトウェアは、Linuxおよびオープン ソース コンポーネントで構築され、HP BladeSystem ProLiantサーバの配備と詳細な管理を実行します。

HP Insight Control Linux Editionの主な機能は次のとおりです。
  • ブレード固有の特定の作業や操作に適した、Linuxユーザ用の使いやすいインタフェース
  • 安全なWebベース コンソールからのHP BladeSystemにおける検出、ヘルス監視とアラート、および操作の制御
  • 配備および変更管理タスクについての使いやすく柔軟な作業チェーン操作
  • HP BladeSystem c-Classおよびp-Classサーバのオペレーティング システムの一括プロビジョニング
  • HP BladeSystem Onboard Administrator(OA)エンクロージャ マネジメント モジュール、およびHPのIntegrated Lights-Out(iLO)とiLO 2リモート管理プロセッサへのインタフェースと組み合わせた、詳細なブレード ラック表示機能
  • 安全で独立した管理ネットワークによって、あらゆる種類の顧客ネットワーク環境に対する配備、監視、およびリモート管理を一元化
  • 拡張の簡単なモジュール式設計により、将来の増設や機能に対応

HP Insight Control Linux Editionは、ソフト アプライアンスCDとして提供されます。このCDには、マネジメント アプライアンス プラットフォームでのインストールに必要なすべてのソフトウェア(Linuxオペレーティング システム、データベース、HP Control Towerの基本ソフトウェア)が収録されています。サポートされているプラットフォームには、HP ProLiant BL20p G3/G4、すべてのc-Classサーバ ブレード(HP ProLiant BL460c、BL465c、BL480c、BL685c)、HP ProLiant DL360 G4/G4p/G5 SCSIサーバがあります。このいずれかのサーバが、HP Insight Control Linux Editionをホストする専用マネジメント アプライアンス サーバとなります。

HP Insight Controlファミリのパッケージ ソフトウェアの一部であるHP Insight Control Linux Editionは、Linuxを中心とするブレード環境を対象としたソフトウェア ソリューションです。

HP Insight Control Linux Edition 1.6には、次のような新機能があります。最新リリースのRed Hat Enterprise Server(RHEL 4 update 5、RHEL 5 PSP適用)およびNovell社のSuSE Linux Enterprise Server(SLES 10 PSP適用)のサポートが追加されています。また、製品の問題点に対処するためのアップデートも追加されています(オーストラリア用2007年サマータイムのアップデート、5つ以上のパーティションのサポート、対話型インストール)。これらの機能は、次の特徴をもつHP BladeSystem c-ClassおよびそのProLiant c-Classサーバ ブレードをサポートするリリース1.5の機能に追加されたものです。(1)マネジメント アプライアンス ホストのサポートの追加、(2)Debianのインストールの実装、(3)ハードウェア設定、ファームウェア アップデート、およびカスタムLinux環境のインストール/起動の新しい作業チェーン、(4)その他のインタフェースおよび機能強化。

2007年7月より、HP Insight Control Linux Edition for HP BladeSystemに1年間、24時間×7日間のHPソフトウェア テクニカル サポートおよびアップデート サービスが含まれます。HPサポート担当者への迅速な問い合わせとソフトウェア アップデートの配布が可能になります。このサービスについて詳しくは、HPのWebサイトhttp://www.hp.com/services/insight(英語)を参照してください。

入手できるパッケージと購入情報

  • HP Insight Control Linux Edition 1.6 -- RHEL4 update 5、RHEL5、SLES 10 PSP適用のサポート、および製品の複数の問題点に対処

入手できるパッケージと購入情報

ライセンス オプション

HP Insight Control Linux Edition for HP BladeSystem - リリース1.6

HP Insight Control Linux Edition 1サーバライセンス(1年 24×7 テクニカルサポート&アップデート権付)(メディアなし)
注: このライセンスにより、HP Insight Control Linux Editionを使用して1台のサーバ ブレードを配備および管理できます。
452155-B21
HP Insight Control Linux Edition 8サーバライセンス(1年 24×7 テクニカルサポート&アップデート権付)(メディアなし)
注: このライセンスにより、HP Insight Control Linux Editionを使用して8台のサーバ ブレードを配備および管理できます。
452156-B21

Insight Control Linux Edition Media Pack

注: このオプションのメディア パックCDには、HP Insight Control Linux Editionマネジメント アプライアンス用のISOイメージが含まれています(以下の「マネジメント アプライアンス(ホスト)のサポートされているサーバ」にあるサポート対象サーバを参照してください)。サーバは別途入手する必要があります。HP ProLiantサーバについて詳しくは、HPのWebサイトhttp://www.hp.com/jp/proliantを参照してください。
注: このメディア パックはオプションです。最新のISOイメージと最新のアップデートをHPのWebサイトhttp://www.hp.com/go/icle/(英語)(このページの[Download]ボタンをクリックしてください)から無償でダウンロードできます。
412956-B22

ライセンスおよびパッケージ

HP Insight Control Linux Editionライセンスは数量ベースです。つまり、管理対象サーバの定められた数に対してHP Insight Control Linux Editionを使用するためのライセンスが提供されます。HP Insight Control Linux Editionを使用して配備および管理を行うサーバごとに1つのライセンスが必要です。ライセンスは特定の管理対象サーバと関連付けられることはありません。すなわち、登録されているHP Insight Control Linux Editionのライセンス合計数を超えない範囲で、任意に組み合わせたサーバを管理できます。ライセンス管理機能は、マネジメント アプライアンス上で動作しているHP Insight Control Linux Editionに含まれています。

HP Insight Control Linux Editionは、ライセンス キットの指示に従って、HPのWebサイトから登録する必要があります。これにより、購入した数のライセンスを有効にし、使用するHP Insight Control Linux Editionマネジメント アプライアンスに関連付けるために必要なライセンス アクティベーション ファイルを受け取ることができます。

契約条項については、エンド ユーザ使用許諾契約書に記載されています。HP Insight Control Linux Editionの使用前に、この契約書への同意が必要です。

注: ライセンスは管理対象サーバに対してのみ購入する必要があります。HP Insight Control Linux Editionマネジメント アプライアンス(ホスト)自体は、ライセンスを必要としません。
注: HP Insight Control Linux Editionで、HP Control Tower 1.0/1.1のライセンスを使用できます。

ライセンスは追加式になっているため、複数のライセンスを組み合わせて、1台(または複数台)のHP Insight Control Linux Editionマネジメント アプライアンス(ホスト)によって管理されるサーバのライセンスを1つにまとめることができます。管理対象のサーバ数の変動をサポートするための、HP Insight Control Linux Editionマネジメント アプライアンスのスケーラビリティに関するガイダンスについては、このQuickSpecsの後半に掲載されています。

HP Insight Control Linux Editionのご注文は、担当営業またはHP製品販売店にお問い合わせください。

HP Insight Control Linux Editionについて詳しくは、HPのWebサイトhttp://www.hp.com/jp/servers/ctを参照してください。

HP BladeSystemについて詳しくは、HPのWebサイトhttp://www.hp.com/jp/bladesystemを参照してください。

その他のHPマネジメント関連の製品とサービスについて詳しくは、HPのWebサイトhttp://www.hp.com/jp/servers/manageを参照してください。

アップグレード

2007年7月より、HP Insight Control Linux Edition for HP BladeSystemに1年間、24時間×7日間のHPソフトウェア テクニカル サポートおよびアップデート サービスが含まれます。HPサポート担当者への迅速な問い合わせとソフトウェア アップデートの配布が可能になります。このサービスについて詳しくは、HPのWebサイトhttp://www.hp.com/services/insight(英語)を参照してください。

HP Control Tower 1.0/1.1からHP Insight Control Linux Editionに無償でアップグレードできます。現在Control Tower 1.0を使用しているユーザは、1.1にアップグレードしてからHP Insight Control Linux Editionにアップグレードしてください。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項