Jump to content 日本-日本語

製品  >  HP ProLiant サーバ  >  Essentials ソフトウェア

HP Control Tower - 1.00

ProLiant

BladeSystem

ConvergedSystem

OneView

Moonshot System

Apollo System

サーバーオプション

サーバーニュース

オンラインストア

製品カタログ

サーバー選定/構成

お客様事例

サポート&サービス

旧製品情報

システム構成図

ホワイトペーパー

マニュアル

グリーン購入法対応状況

付属品リスト

サイトマップ

 
サーバーを、再定義しよう。Reimagine the server. Think compute. HP ProLiant Generation 9
コンテンツに進む
HP Control Tower

製品情報/QuickSpecs

Showcase
  概要説明
  仕様一覧
  Q&A
  マニュアル

一般的な質問


Q1. HP Control Towerとは、何ですか。
A1. HP Control Towerは、ブレードを中心としたLinux管理およびデプロイメント ソフトウェア パッケージです。この製品を使用して、特にHP BladeSystemサーバの管理と制御を行うことができます。HP Control Towerは、完全にLinux上に構築され、定評のあるRLX Control Towerソフトウェアに基づいており、一括でのシステム管理とイメージングおよびスクリプトベースのLinux およびWindowsサーバ ブレードのデプロイメントを行うことができます。HP Control Towerが市場の他のブレード管理と大きく異なる点は、その使いやすいインタフェースです。これは、ブレードおよびLinuxユーザに固有の特定のタスクおよび操作に合わせてカスタマイズすることができます。

Q2. HP Control Towerは、HP BladeSystem以外のサーバやシステムをサポートしますか。
A2. HP Control Tower(1.00)の最初のリリースは、HP BladeSystem p-Classサーバをサポートします。HP Control Towerは、HP BladeSystemに対して特に豊富で広範なサポートを提供します。

Q3. HP Control Towerはどのように構成されますか。また、その動作について教えてください。
A3. HP Control Towerは、HP ProLiant BL20p G3ブレード サーバまたはHP ProLiant DL360 G4サーバのいずれかへのインストールに必要なソフトウェア(Linuxオペレーティング システム、データベース、設定済みサーバ、HP Control Towerアプリケーション)がすべて収録されたソフト アプライアンスCD(ISOイメージ)として提供されます。これにより、HP ProLiant BL20p G3またはDL360 G4サーバが、HP Control Towerをホストする専用マネジメント アプライアンス サーバになります。Webベースの安全なグラフィカル ユーザ インタフェース(GUI)を使用して、システム管理者は、HP BladeSystemインフラストラクチャとサーバをリモートでデプロイおよび管理することができます。

Q4. RLX Control Towerを使用しています。HP Control TowerとRLX Control Towerの違いは何ですか。
A4. HP Control Towerは、ほとんどの部分においてRLX Control Towerソフトウェアをベースにしています。ただし、HP Control TowerはHP BladeSystemのみをサポートします。RLXのブレードおよびラック モジュール サーバはサポートしません。HP Control Towerは、Foundation、Monitoring & Alerting、Provisioning Manager(現在はDeployment Manager)、Task Managerなど従来のRLX Control Towerのモジュールと同じ基幹機能を提供します。

購入方法


Q1. HP Control Towerは、購入できますか。
A1. HP Control Towerのライセンス キー(メディアなし)を販売しています。HP Control Towerソフトウェアは、Software Depotから無償でダウンロードすることができます。

Q2. HP Control Towerの入手方法を教えてください。
A2. HP Control Towerは、HP製品販売店やHPのお客様担当営業を通して購入することができます。

Q3. 購入する前にソフトウェアを試用することができますか。
A3. はい。HP Control Towerの 評価版ライセンスを、 HPのWebサイトからダウンロードすることができます。
簡単な登録の後、 このサイト からライセンスをダウンロードすることもできますし、ライセンスを電子メールで受け取ることもできます。 評価版ライセンスでは、デプロイできるサーバ数と使用できる日数が限定されますが、それ以外の機能は制限されません。

Q4. HP Control Towerには、どのようなライセンス オプションがありますか。
A4. HP Control Towerには、2つのライセンス オプションがあります。最新のソフトウェアをHPのWebサイトから 無償でダウンロード することをおすすめしますが、オプションのメディア(CD)キットも有償で用意されています。
  • 1サーバ ブレード ライセンス - 1台のサーバの管理とデプロイメントができるライセンス。メディアは含まれません。
  • 8サーバ ブレード ライセンス - 8台のサーバ ブレードの管理とデプロイメントができるライセンス。メディアは含まれません。
  • メディア パック - CDメディアのキットです。ライセンスは付属していません。

Q5. HP Control Towerのライセンスと登録のプロセスを教えてください。
A5. 2つのHP Control Towerライセンス オプションのいずれかを購入すると、パッケージの背面にライセンス登録コードの記載されたHP Control Towerライセンス キットが引き渡されます。このコードを、HP Control Towerライセンス登録Webサイトでパッケージの指示に従って登録してください。購入した数のライセンスにアクセスできるライセンス ファイルが電子メールで送られます(またはただちにダウンロードすることもできます)。

起動と運用


Q1. HP Control Towerのインストール方法を教えてください。
A1. HP Control Towerのインストールは、HP Control Towerソフトウェアの動作する専用のマネジメント アプライアンス サーバ(ProLiant DL360 G4サーバまたはProLiant BL20p G3サーバ ブレード)を構築するという非常に簡単なプロセスです。オペレーティング システム、データベース、ファイル システムなどの追加のサービスをHP Control Tower管理サーバ上で動作させる必要はありません。HP Control Towerのマニュアルに、独立した管理ネットワークをセットアップするガイダンスが記述されています。マニュアルを参照しシステムの要件を確認してから、インストール プログラムを実行してください。

Q2. HP Control Towerでは、管理しているサーバ ブレードにエージェントがインストールされている必要がありますか。
A2. いいえ。HP Control Towerの活用にサーバ エージェントは必要ありません。必要に応じて、ProLiant Support PackおよびHP Control Towerエージェントをオプションでインストールすることができます。エージェントごとに提供されるデータとサポートについて詳しくは、HP Control Towerのユーザ マニュアルとWhite Paperを参照してください。

管理ソフトウェア


Q1. HP Control Tower、HP Systems Insight Manager(HP SIM)、HP ProLiant Essentials Rapid Deployment Pack(RDP)は、どのような時に使用するのがよいですか。
A1. これら3つのHP製品は、非常に相互補完的です。HP Control Towerは、LinuxのHP BladeSystemがデプロイまたは使用されている部門や企業で使用することをおすすめします。このHP BladeSystem/Linux環境が、混在プラットフォーム(HP ProLiant、HP Integrity、およびHP StorageWorks)または混在オペレーティング システム(HP-UX、Windows、Linux、VMware ESXやMicrosoft Virtual Serverなどの仮想マシンの使用も含む)を持つ大規模な企業の一部である場合 、より大きな管理ドメイン レベルでHP Systems Insight Managerをシステム管理に使用することをおすすめします。すなわち、HP Control Towerとその管理対象のリソースは、HP Systems Insight Managerの管理するドメインのサブセットとして扱うことができます。

Rapid Deployment Packについては、ユーザが、(HP BladeSystem)ProLiant BLサーバ ブレードを含むProLiant DL、ML、またはBLサーバを混在させてデプロイしていて、それらのサーバ間で1つのデプロイメント ツールまたはコンソールを使用したい場合には、Rapid Deployment Pack Windows Editionの使用をおすすめします。また、ユーザのWindowsサーバのデプロイメントの比率が高い場合も、RDP Windows Editionの使用をおすすめします。RDP Windows Editionは、WindowsとLinuxターゲット サーバの両方のデプロイメントをサポートしていますが、Windowsにより最適化されており、RDPサーバ自体もWindows上で構築します。逆に、HP Control Towerは、1台のLinuxサーバ上にホストされ、Linuxベースのターゲット サーバをデプロイするのに最適化されています。HP Control Towerは、LinuxとWindowsの両方のサーバ ブレード ターゲットの管理とデプロイメントをサポートしています。HP Control Towerは、1つのソフトウェア パッケージで、HP BladeSystemに最適化されたその他の共通のタスクを監視、管理、デプロイ、および実行することができます。

Q2. HP Control Towerは、HP Systems Insight Manager(HP SIM)やHP ProLiant Essentials Rapid Deployment Pack(RDP)と統合されていますか。
A2. HP Control Towerの最初のリリースでは、ツール定義(TDEF)がHP Control TowerとHP SIMの間を連携させています。HP Control TowerとRDPは、同じ管理対象ドメインで使用することを想定していません。その理由は、どちらもよく似たオペレーティング システム デプロイメント機能を持ち、同じネットワークやPXEサービスのために競合する可能性があるからです。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項