HPE Apollo
6500 System

製品の画像は、実際の製品と異なることがあります。

大容量のデータを迅速に処理する必要性がありますか?
HPE Apollo 6500 は、ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)イノベーションを実現するためのツールであり優れた処理能力を提供、ディープラーニングを加速させます。
システムは、高い処理性能を提供しながら、GPU高密度搭載から発生する消費電力増大という課題にスムーズに対応するため、 3つのコンポーネント ProLiant XL270d Gen9 サーバートレイ、Apollo d6500 シャーシ、Apollo 6000 パワーシェルフで構成されます。

XL270d Gen9 サーバーは、 2Uのサーバーに8基のNVIDIA® Tesla M40 GPUと2基のIntel® Xeon® E5-2600 v4 プロセッサーを搭載、サーバーあたり最大56Tflopsの単精度演算性能を提供します。また、お客様のニーズに合わせてGPUテクノロジーを最適化するための選択肢として、内蔵のPCIe Gen3 ファブリックを活用可能です。

アクセラレータと密接に結びついた高バンド幅、低レイテンシーのネットワークは、 最大限のネットワークの活用をお約束します。また、2つのx16 PCIe Gen3スロットはハイスピードアブリックの選択肢を提供します。

Apollo6500システムは、コンピュータソリューションを加速させます。


What's new

  • 2Uあたり最大56Tflopsの単精度演算性能をつうじて問題解決を加速
  • ワークロードにマッチするアクセラレータ構成の最適化
  • 2つのx16 PCIe Gen3スロットによるノード間通信の高速化によるハイスピードファブリックの提供

特長


最も要求が高いハイパフォーマンスコンピューティングに 対する
柔軟な構成

  • HPE Apollo 6500システムは最大 8基の300W までのGPU をサポート、コプロセッサーが優れたパフォーマンスを提供
  • アクセラレータ間での高速ピアツーピア通信に向け最適化されたワークロードの為に、1つの高速PCIeスイッチ上に4 つの GPUをサポート、また CPUあたり最大8基GPUサポートに向け1つのCPUに2バンクを実装
  • より高速なCPUと GPUとの間の通信を必要とするワークロードに向け、CPUあたり4基のGPU構成も選択可能
  • HPE ProLiant XL270d Gen9 サーバーは最高のパフォーマンスを実現するため、業界標準 Intel® Xeon® E5-2600 v4 プロセッサー、12 G SAS SDD、最大1024 GB DDR4 2400 MHzメモリーをサポートします。
  • HPE ProLiant XL270d Gen9 サーバーあたり、最大16枚のHPE DDR4 2400 MHzメモリモジュールはデータ集中型アプリケーションのワークロード 向けにより高速なパフォーマンスを提供します。

アクセラレータノード間の高バンド幅、低レイテンシーネットワーク

  • HPE Apollo 6500システムは、ハイスピードアブリックの選択のため、2つのロープロファイルPCIe Gen3 x16スロットは肢を提供します。
  • GPU と CPUが8:1の テクノロジで、GPUノード間の低レイテンシーの実現のため、ネットワーキングはPCIe Gen3 ファブリックを活用可能です。
  • HPE InfiniBand アダプターあたり4基のGPUで GPU Direct のサポート

サポート情報