Jump to content 日本-日本語
≫  お問い合わせ

サーバー  > アドバンテージ

節電時代のサーバー対策


<今すぐできる節電対応>
サーバーの最大消費電力にフタをする〜動的消費電力上限(HP Dynamic Power Capping)

ProLiant

BladeSystem

ConvergedSystem

OneView

Moonshot System

Apollo System

サーバーオプション

サーバーニュース

オンラインストア

製品カタログ

サーバー選定/構成

お客様事例

サポート&サービス

旧製品情報

システム構成図

ホワイトペーパー

マニュアル

グリーン購入法対応状況

付属品リスト

サイトマップ

 
サーバーを、再定義しよう。Reimagine the server. Think compute. HP ProLiant Generation 9
コンテンツに進む
節電時代のサーバー対策 この度の東日本大震災により被害を受けられた皆様に、心よりお見舞い申し上げますと共に、一日も早い復旧をお祈り申し上げます。
今般の震災を受け、発電所が大きな打撃を受けたことから電力供給が制限される状況になっております。ITシステムにおいても、従来の電力コスト削減という視点だけでなく、節電機能により効率の良い電力消費を意識することが必須になります。
このシリーズでは、サーバーを始めとするIT機器をお使いの皆様が「今すぐにできる」節電の方法、また「オプション製品を追加してできる」効果的な電力削減の方法についてご紹介します。

サーバーを所有している Insight Controlライセンスを所有している

< 今すぐできる節電対応 >
サーバーの最大消費電力にフタをする
〜動的消費電力上限(HP Dynamic Power Capping)

本ページでは、既にHP ProLiant サーバーとiLO Advancedライセンスをお持ちのお客様を対象に、 「すぐに始められる」節電方法をご紹介します。

サーバーの最大消費電力を制限する

  適切な電力値を上限に、消費電力にフタ!
HP ProLiant サーバーは、標準搭載している専用チップの機能として、サーバーの最大消費電力を任意の値に制限することができる、動的消費電力上限 (HP Dynamic Power Capping)を備えています。
この機能を使用することで、サーバーの消費電力を従来よりも効果的に制御することができるため、お客様の電力削減の目標達成に寄与することができます。
当機能はハードウェアの制御なので、OSやアプリケーションの状態に影響を受けず、サーバーは設定された消費電力値以下で稼働します。設定は、iLO 2、iLO 3およびiLO 4の電力管理画面で簡単に行えます。

必要なもの:

HP Insight Control ライセンスについて:

サーバー管理ソフトウェア「HP Insight Control」はセットアップ、リモート制御、電力管理、ヘルス監視などを可能にするソフトウェアです。
このHP Insight Controlに含まれる「iLO Advanced」は、多くのHP ProLiant サーバーに標準で内蔵されている管理プロセッサー「iLO」の機能拡張を行うライセンスオプションです。
このライセンスにより、最大消費電力を制限する「動的消費電力上限 (HP Dynamic Power Capping)」の機能をお使いいただくことができます。

以下では、HP Insight ControlライセンスまたはiLO Advancedライセンスが適用されているサーバーにおいて、どのように消費電力を削減するのかの手順をご紹介します。
このページのトップへ

消費電力を制限する手順

1. 現在の消費電力を把握する

iLO 2/3/4にログインし、左メニューの「電力管理」→「電力メーター」を選択すると、直近24時間および20分の消費電力グラフが確認できます。
このグラフでは、赤い帯の上限付近が24時間の最大消費電力、青い帯の上限付近が24時間の平均消費電力となります。(グラフ表示のないところはサーバーを稼動させていない時間帯です。)

2. 消費電力の上限値を決める

上限値の設定について:
企業が消費電力の削減目標に向けて節電を行うに当たり、

  • 各事業部や各部署が一律で削減目標を設定する場合
  • オフィス環境○%、情報システム部○%とそれぞれに設定する場合
など、さまざまな目標の定め方があります。

また、システムの中にも”業務生産性を重要視するためにパフォーマンス劣化が許されないもの“もあれば、”ある程度はパフォーマンスを犠牲にできるシステム”もあるでしょう。

1. で確認した消費電力グラフの、赤い帯の上限付近で制限値を設定すれば、(直近24時間と同じ業務が継続する場合に)パフォーマンスの劣化を微小に抑えることができますが、消費電力の大幅な削減は実現できません。

一方で、青い帯の付近で制限値を設定すると、多くの業務処理のパフォーマンスが劣化しますが、大幅な消費電力削減が期待できます。
※ただし、実際の消費電力量と比較してあまりに低い上限値を設定すると、効果が見られないことがあります。

システムの重要度と削減目標を考慮し、赤の上限値と青の上限値の間に上限を設定されると良いでしょう。

実環境のピーク電力を把握し、削減目標を設定


3. 電力の上限値を設定する

2.で決めた目標値に従って、最大消費電力の上限値を設定します。
サーバーの最大消費電力の上限値を、絶対値(ワット数)または相対値(パーセンテージ)で設定することが可能です。

このように、動的消費電力上限 (HP Dynamic Power Capping)を使えば最大消費電力を削減してのシステム稼働が簡単に始められます。また、上限値を変更することも簡単ですので、対象期間が過ぎればアプリケーションが必要とする本来のピーク電力に上限値を戻すこともできます。
HP ProLiant サーバーとHP Insight Control ライセンス(またはiLO Advancedライセンス)をお持ちのお客様は、ぜひ今すぐにお試しください。
このページのトップへ

このページのトップへ

お問い合わせ

HPE ProLiant サーバーに関するお問い合わせは、HPE カスタマー・インフォメーションセンターまでお問い合わせください。その他実施中のキャンペーン情報はHPE Server Nowをご覧ください。
HPE カスタマー・インフォメーション・センターの電話番号は03-5749-8279、平日午前9時から午後7時、土曜午前10時から午後5時、祝祭日、5月1日、年末年始など弊社指定の休業日は除きます。 お問い合わせ

≫ このページのトップへ
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項