Jump to content 日本-日本語

製品  >  HP ProLiant サーバ  >  アドバンテージ

旧機種と比較!最新HP ProLiantでITコスト削減

ProLiant

BladeSystem

ConvergedSystem

OneView

Moonshot System

Apollo System

サーバーオプション

サーバーニュース

オンラインストア

製品カタログ

サーバー選定/構成

お客様事例

サポート&サービス

旧製品情報

システム構成図

ホワイトペーパー

マニュアル

グリーン購入法対応状況

付属品リスト

サイトマップ

 
サーバーを、再定義しよう。Reimagine the server. Think compute. HP ProLiant Generation 9
コンテンツに進む
旧機種と比較!最新HP ProLiantでITコスト削減
現状のシステムを稼働する上で、こんな問題点はありませんか?

(1)高まるサービス負荷に対して処理能力が限界に
(2)サーバ台数が増え煩雑に
(3)増え続ける消費電力(ハードウェア、冷却)
(4)減らないメンテナンスの手間
ITコスト削減
HPサーバ+Windows Server 2008で実証!性能アップ
低消費電力
スマートな管理

最新世代のHP ProLiantはこれらの問題を解決しながら、同時にITコストを削減することができます。その秘密は「性能アップ」「低消費電力」「スマートな管理」の3つです。

HPサーバ+Windows Server® 2008で実証!性能アップ

低消費電力

スマートな管理

新旧比較2:サーバの消費電力

2Uラックマウント型サーバで消費電力の比較を行いました。前世代機の「HP ProLiant DL380 G4」と最新世代の「HP ProLiant DL380 G5」の消費電力や電力コストがどのように異なるかをシミュレートしています。

HP ProLiant 省電力への取り組み

この通り、わずか1世代の違いであっても古いサーバと最新サーバの消費電力には差が現れます。台数が増えれば増えるほどその差は大きくなり、電力にかかるコストにも影響が現れます。
HP ProLiant DL380の消費電力比較に関する詳細はこちらをご覧ください。
このページのトップへ

管理ソフトウェア HP ICEで消費電力の「見える化」を実現

サーバやストレージ機器を稼働する中で、使用している電力がどのくらいにのぼるのか、把握しきれていない企業も多いと言われます。
統合管理ソフトウェア 「HP Insight Control Environment(HP ICE)」には、ハードウェアの消費電力や熱出力を制御し、集中管理する機能を持っています。

HP ICEの主な機能

    @消費電力や吸気温度を取得し、レポート化
    A消費電力のコントロール
    B「予想年間コスト算出機能」 で電力にかかるコストを試算

HP Insight Power Manager 2.0
このページのトップへ

まとめ:「消費電力の低減」によりコスト削減

  最新のHP ProLiant は、ハードウェア性能を向上しながらも、従来機種に比べてサーバの消費電力を低減しています。
Point1 電力コストを大幅削減、サーバ台数が増えるほどその差は顕著に!
Point2 データセンタ、サーバルームの冷却に必要な空調コストも低減!
Point3 さらに消費電力を制御するソフトウェアとの併用で、より効果的な電力管理!
というメリットを実現することができます。
このページのトップへ

関連リンク

 
HP ProLiant 省電力への取り組み
@IT 〜ペディアくん、あきこちゃんと発見!「サーバ消費電力 低減のツボ」 このリンクをクリックすると、HP社外へリンクします。
電源&冷却 (Power & Cooling)
 
このページのトップへ


印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項