Jump to content 日本-日本語

製品  >  HP ProLiant サーバ 

HP ProLiant搭載 CPUテクノロジ

-最新CPU採用でますます広がる選択肢-

ProLiant

BladeSystem

ConvergedSystem

OneView

Moonshot System

Apollo System

サーバーオプション

サーバーニュース

オンラインストア

製品カタログ

サーバー選定/構成

お客様事例

サポート&サービス

旧製品情報

システム構成図

ホワイトペーパー

マニュアル

グリーン購入法対応状況

付属品リスト

サイトマップ

 
サーバーを、再定義しよう。Reimagine the server. Think compute. HP ProLiant Generation 9
コンテンツに進む
プロセッサ革命 HPの業界標準化戦略
日本ヒューレット・パッカードは、アダプティブ・エンタープライズ戦略を実現するため、業界標準テクノロジを採用した製品開発により、投資保護の実現や幅広い選択肢をお客様に提供し続けます。
HP ProLiant搭載 CPUテクノロジ
-最新CPU採用でますます広がる選択肢-
HPの業界標準化戦略
CPU on HP ProLiant 
関連情報

そして、業界標準テクノロ ジをベースにさらなるイノベーションを強力に推進していく ことにより、お客様に業界標準テクノロジのメリットを最大限享受頂きつつ、同時にHPならではの付加価値も併せて提供 していきます。 「業界標準テクノロジ+HPのイノベーション」 - これがHP のプラットフォーム・テクノロジ戦略の柱となります。

もちろん、プロセッサにおいても業界標準テクノロジに基づき、64ビット テクノロジの採用やデュアルコア プロセッサ搭載モデルの投入などを推進し、x86コンピューティングをリードします。
 
HPプラットフォーム戦略 : 標準化

業界標準64ビット テクノロジの採用

テクノロジ概要
IA-32を引き継ぎつつ64ビット環境を追加した「AMD64/EM64T対応プロセッサ」を搭載のHP ProLiant。 32ビット環境と64ビット環境の互換性があるので、従来の資産であるアプリケーションや管理ソフトなど、既存のリソースを活用しながらパフォーマンスを一層向上することができます。つまり、64ビット アプリケーションとともに既存の32ビット アプリケーションを実行する必要のあるお客様は、64ビット拡張テクノロジの32ビットおよび64ビットの同時コンピューティング機能の利点を活用できます。また、既存の32ビット資産を有効活用しながら64ビットに移行できるので、スムーズにそして最小限のコストで実現することを可能にします。

主な利点
パフォーマンスの向上はもちろんの事、64ビット環境への移行で次の様な利点があります。
  • 大容量メモリの利用が可能な為、システムの安定性が向上
  • パフォーマンスの向上
  • 32ビット/64ビット アプリケーションの混在が可能
  移行の流れ
HP ProLiantは、ほぼ64ビット テクノロジに移行しております。 HP ProLiantは、業界標準テクノロジをベースとした64ビット製品ポートフォリオと、32ビットから64ビット環境への移行をサポートするソリューションにより、64ビット サーバ・コンピューティングをリードします。
 
新しい64ビット対応CPUについて(AMD64、EM64T)
このページのトップへ戻る

デュアルコア テクノロジー on HP ProLiant

システム密度や運用性を維持しながら更に高いパフォーマンスを実現
BL25p/35p シングルコアとデュアルコアの比較
  BL25p/35p シングルコアとデュアルコアの比較
デュアルコア プロセッサとは、「1つのCPUパッケージに2つのコアを集積したプロセッサ」です。 2つのコアは基本的にはそれぞれ独立しているので、 もう一方のコアに干渉される事なく動作が可能です。 つまり1CPUで、処理できるトランザクションの処理数が増え、 1.5〜2倍のパフォーマンス向上が図れると言う理屈です。

また、大幅な性能向上を実現すると同時に、シングルコア プロセッサと ほぼ同等の電力、同じ冷却インフラストラクチャで動作するというのが、 デュアルコアの最大の優位点です。 既存の環境を活かしつつ、これまでと同じ台数でも多くの作業を 処理することができ、設置効率の向上、ならびに、 サーバの統合・コンソリデーションを行う際に非常に有効です。 まさに、業界が最注目のテクノロジの一つと言えます。

HP ProLiantならではのラインナップ
業界随一のラインアップを誇る“HP ProLiant”。 デュアルコア プロセッサ搭載モデルにおいても、インテル®社とAMD社、両方のプロセッサを搭載したサーバを販売する数少ない大手ベンダの1社です。
また、タワー型/ラック型/ブレード型の全てのフォームファクタへのデュアルコア プロセッサ搭載モデルの投入と、 幅広い選択肢をご提供し、お客様にご要望に合わせてお選びいただけます。
このページのトップへ戻る

マルチプロセッサのパフォーマンス

マルチプロセッサ構成を行った場合のメリット
1台のサーバに対して複数プロセッサを搭載する事で処理の分担が可能になり、サーバ全体の処理性能を向上させる事が可能です。プロセッサ以外の部分が共用できる為、サーバ機を複数台用意するのに比較すると導入コストを削減出来ます。

特に、大規模なデータベースサーバーやアプリケーションサーバー(アプリケーションの動作を補助し、利用者の処理要求を制御するサーバー)など多くの人数が利用する環境で、効果を最大に発揮します。

1CPU構成と2CPU構成 パフォーマンスデータ
表1:秒あたりの新規SSL接続数 表2:平均トランザクション応答時間
表1:秒あたりの新規SSL接続数 表2:平均トランザクション応答時間
上記は、HP ProLiant ML150G2にてWebサーバを構築し、CPU構成を1CPU/2CPUと変えた場合のパフォーマンスの変化を測定した結果です。(HP調べ)
* IIS6.0を使用してWebサーバを構築し、SSL (Secure Sockets Layer)負荷をかけたときのパフォーマンスを測定及び、比較結果。

表1は、秒あたりの新規SSL接続数を表しており、2CPUにする事で94% の向上が見られました。 また、表2の平均トランザクション応答時間につきましても、同じ数のトランザクションを約1/2の時間で処理処理している事が確認できます。
このページのトップへ戻る

CPU on HP ProLiant 

HP ProLiant ならではの選択肢

 
業界標準サーバ用のx86プロセッサの特性 - AMD Opteron™ およびIntel® Xeon® 技術概要、第二版
インテル®社製プロセッサ
インテル® Xeon®プロセッサは高いクロック速度に最適化されており、単一のノースブリッジをメモリコントローラとして使用している為、オンライン スペア・ミラーメモリ・RAIDメモリなど、メモリの耐障害性を高めることが可能です。

また、大容量のキャッシュを持っているので、キャッシュを使うアプリケーションを利用するのであれば、インテル® Xeon®プロセッサが最適です!メール&メッセージングやERPシステムなどの用途に向いています。
プロセッサの詳細情報はこちらでご確認下さい。
インテル社製プロセッサ
 拡大画像を表示
Xeon MPプロセッサとデュアル フロントサイドバスを使用する4Pアーキテクチャの例

プロセッサの種類 MLライン DLライン BLライン
インテル®® Celeron® プロセッサ<br>
      インテル®® Celeron®D プロセッサ インテル® Celeron® プロセッサ
インテル® Celeron® D プロセッサ
ML110G3*
ML310G3*
DL320G3  
インテル®®® Rentium® 4 プロセッサ<br>
      64ビット インテル®® Rentium® 4 プロセッサ インテル® Pentium® 4 プロセッサ
64ビット インテル® Pentium®
4プロセッサ
ML110G2/G3
ML310G2/G3
DL320G3  
64ビット インテル®® Rentium® 4 プロセッサ<br>
      64ビット インテル®® Rentium® 4 プロセッサ MP 64ビット インテル® Xeon® プロセッサ
64ビット インテル® Xeon® プロセッサ MP
ML150 G2
ML350G4/G4p
ML370G4
ML570G3*
DL140G2
DL360G4/G4p
DL380G4*
DL560
DL580G3*
DL740
BL20pG3
*印・・・デュアルコア プロセッサ搭載製品

AMD社製プロセッサ
AMD Opteron™プロセッサは並行処理に最適化されています! また、AMD64では独自の「ダイレクトコネクト・アーキテクチャ」が採用され、各プロセッサからメモリが直結されておりますので帯域幅は広く、メモリレイテンシは少なくなり、スケーラビリティも向上します。

特に4Pのトランザクション処理、メッセージング、およびSAPデータベース構成といった点で非常に優れたパフォーマンスを示しています。また、EDAアプリケーションにおいても最大実メモリ容量のベネフィットを生かす利用が可能です。

また、 AMD Opteron®プロセッサは1クロックあたりの処理量を増やしてパフォーマンスを出す設計になっているので、消費電力や熱の面では有利であり、1Uサイズやブレードサーバなど、集積度の高いシステムには適しています。
プロセッサの詳細情報はこちらでご確認下さい。
 Opteronプロセッサを使用する4Pアーキテクチャの代表例
 拡大画像を表示
Opteronプロセッサを使用する4Pアーキテクチャの代表例

プロセッサの種類 MLライン DLライン BLライン
AMD Opteron™ プロセッサ 200シリーズ AMD Opteron™ プロセッサ 200シリーズ   DL145G2*
DL385*
BL25P*
BL35P*
AMD Opteron™ プロセッサ 200シリーズ AMD Opteron™ プロセッサ 800シリーズ   DL585* BL45P*
*印・・・デュアルコア プロセッサ搭載製品
このページのトップへ戻る

関連情報

 
ベンチマーク情報
whitepaper 技術資料
Close Up! HP ProLiant
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項