Jump to content
日本-日本語

サーバー & システム

 製品 
 サポート 
 ソリューション 

データベース標準化を支援する施策
「ロックリリース」とは?

“ガラパゴス化”からの脱却は「データベース標準化」が最適

Content starts here
データベース標準化を支援する施策「ロックリリース」とは?

既存のデータベースが抱える“ガラパゴス化”の問題

データベースの高額なライセンス費用、クラウドへの移行の困難さ、ビッグデータ活用時の分析の複雑化 ── こうした問題は、データベースが“ガラパゴス化”して孤立していることに起因するのであり、その原因はデータベースの移行の困難さであることが多くみられます。

データベースの高額なライセンス費用

データベースの高額なライセンス費用
例えば、システム費用に目を向けた場合、そこにはオープンシステムのメリットがあります。特定のベンダーに占有されることなく、多くのベンダーの中から自由に組み合わせ、独自のソフトウェアを開発し、システム構築ができる結果、低価格でありながらも、拡張性などを含む将来性、構築や発展方向の柔軟性と性能向上を図ることが実現します。

例えば、8CPU16コアのHP 9000 rp7420は、当時8,302万円でしたが、技術革新により必要CPU数が減り、同一性能を出せるHP Integrity rx2800 i2 (2CPU8コア) は373万円で販売しています。一方、データベースのライセンス費用はハードウェアの約11倍と、システム費用の大半を占めています (2011年12月現在)。また、近年のIT革新であるWeb 2.0やクラウド化は、まさにオープンシステムだからこそ、成し得た発展なのです。

クラウドへの移行の困難さ

また、多くの企業の情報システムは、迅速性・信頼性を維持しつつ、さらなるコスト削減を求められています。それを解決するテクノロジーとしてパブリッククラウド、プライベートクラウドといったテクノロジーが注目されており、多くの企業は、これを活用する方法を模索されています。

しかし、長年にわたり利用されてきたシステム、特にデータベースシステムは、情報システムの根幹であり、パフォーマンス向上や信頼性の確保のために、個々の製品に依存した機能を使って改善を実施してきました。その結果、様々なテクノロジーを組み合わせてシステムを改善してゆくクラウドのプラットフォームへの移行に関しては、逆に大きな障壁となってしまいます。
クラウドへの移行の困難さ

ビッグデータ活用時の分析の複雑化

さらには、ビッグデータの有効的な活用において、既存のデータベースとの連携は不可欠です。しかしながら、企業内に複数のデータベースが散在する状態でビッグデータ活用した場合、データの揺れの発生、データタイミングの不整合性、分析速度の低下、新規分析システムの構築の困難、管理コストの増大といった問題が生じます。

これらの問題は、ビジョンの欠落、部門調整の回避、自前開発、過剰品質等の様々な要因が積み重なり、既存システムが複雑化した結果です。そうした要因への対応を含め、ビジネス効果を最大化するビッグデータを活用するシステムの導入のためには、全体最適と個別最適の双方の実施が必要となります。
ビッグデータ活用時の分析の複雑化

“ガラパゴス化”からの脱却は「データベース標準化」が最適

このような問題の“ガラパゴス化”の解消には「データベース標準化」が最適ですが、データベースの移行の困難さが障害となっています。データベースの移行は、アプリケーション側の改修も必要となります。

いわゆる構造化データベースのリレーショナルデータベース管理システム (RDBMS) において、「ANSI SQL」といったデータの操作や定義を行うためのデータベース言語の統一標準規格があります。長年にわたり利用されてきたシステム、特にデータベースシステムは、情報システムの根幹であり、パフォーマンス向上や信頼性の確保のために、個々の製品に依存した機能を使って改善を実施してきました。その結果、データベース言語の統一標準規格とは異なるベンダー特有の“方言”を多く含む環境にロックインされ “ガラパゴス化”してしまっているのです。
“ガラパゴス化”からの脱却は「データベース標準化」が最適

データベース標準化を支援する施策「ロックリリース」

そこで、HPが提唱するのがデータベース標準化を支援する施策「ロックリリース(ロックインからの解放)」なのです。現在、多くの企業ではデータベースが個々の製品にロックインされた状態にあり、「ロックリリース」のためには業務アプリケーションの改修などに多大な工数とコストを要することが大きな課題になっています。

その課題に対して、適切な4つのアセスメントサービスと、移行時や移行先となるベンダーとのアライアンスによってお客様を最大限にサポートする施策こそが、「ロックリリース」なのです。

「ロックリリース」

「ロックリリース」を実現するための4つのアセスメントサービス
データベース言語の統一標準規格とは異なるベンダー特有の“方言”を、「ANSI SQL」ベースに業界標準のSQLを使う形にアプリケーションの変更していく ── HPでは、そうしたデータベース標準化に向けて段階的にサポートするサービスご用意しております。
データベース改革推進アライアンス
移行先となるデータベースのソフトウェア・ベンダーと、お客様に直接ソリューションおよびサービス提供を行うシステムインテグレーターの各社がアライアンスパートナーとして参画することで、「ロックリリース」の実現をより確実なものへと進めていきます。

ロックリリース関連情報

ご予約・ご相談は

日本ヒューレット・パッカード担当営業、または日本ヒューレット・パッカードパートナー企業の担当者にお問い合わせください。
担当者が不明の場合、日本ヒューレット・パッカードカスタマー・インフォメーションセンターに お問い合わせください。