Jump to content
日本-日本語

サーバー & システム

 製品 
 サポート 
 ソリューション 

HP VMAシリーズ(販売終了)

サーバーアプリケーションに低レイテンシのI/Oパフォーマンスを提供し、データベース全体をも収容できる、大容量・スケーラブルな、SSD採用の外付けストレージアレイ

Content starts here



HP VMAシリーズ
HP VMAシリーズは、HPの包括的なSSD(ソリッドステートドライブ)ソリューションポートフォリオに含まれる製品です。HP VMAシリーズは、あらゆるフラッシュメモリがそうであるように、ストレージへの低レイテンシのアクセスによってI/Oパフォーマンスを向上させます。なおかつ、VMAシステムの長所は、テラバイトレベルはもちろんペタバイトレベルにさえも拡張可能な大容量を、完全にSSDだけで構成されたストレージと、 一貫したシステムパフォーマンスを保証する優れたファームウェアのアルゴリズムによって提供している点にあります。

メリット - Tab - Selected

HP VMAシリーズの位置付け

HPの他のSSDソリューションと比較すると、HP VMAシリーズは、内蔵型のローエンド製品よりも多くの容量と共有ストレージアクセス方式の選択肢を提供しますが、ソフトウェア管理機能に関してはハイエンドの自動階層化システムよりも劣ります。階層化、ミラー化、複製、または可用性ソフトウェア機能が必要な場合は、最適なアプローチとしてHP 3PARおよびHP P9500プラットフォームを検討し、HPのストレージ・スペシャリストにご相談いただくことをお勧めします。

HP VMAシリーズは、データベース用途向けにオンライントランザクション処理(OLTP)を強化しています。この製品が提供する大容量によって、データベース全体をソリッドステートメモリ内に速やかに、かつ容易に配置し、レイテンシを極小化して非常に優れたIOPSパフォーマンスを実現可能です。HPサーバーとHP VMAシリーズによって構成されるデータベースソリューションは、何倍も高価な競合他社製品を超える容量とパフォーマンスを提供します。

HP VMAシリーズが選ばれる理由

HP VMAシリーズを使用することには、以下のような多数のメリットがあります。
  • 大きな 容量を提供するため、単なるログファイルや単純な構造以上のものをソリッドステートに格納できます。HP VMAシリーズは、データベース全体を収容できます。
  • 単一サーバー向けのデータ格納用途にも、複数サーバーの共有ストレージ用途にも使用できます。
  • 外付け方式なので、電力または冷却機能に関する負荷がサーバーにかかりません。
  • お客様による保守が可能であり、ホットプラグ対応のメモリモジュールを備えています。

関連情報