Jump to content
日本-日本語

サーバー & システム

 製品 
 サポート 
 ソリューション 

HP VMAシリーズ(販売終了)

サーバーアプリケーションに低レイテンシのI/Oパフォーマンスを提供し、データベース全体をも収容できる、大容量・スケーラブルな、SSD採用の外付けストレージアレイ

Content starts here



HP VMAシリーズ
HP VMAシリーズは、HPの包括的なSSD(ソリッドステートドライブ)ソリューションポートフォリオに含まれる製品です。HP VMAシリーズは、あらゆるフラッシュメモリがそうであるように、ストレージへの低レイテンシのアクセスによってI/Oパフォーマンスを向上させます。なおかつ、VMAシステムの長所は、テラバイトレベルはもちろんペタバイトレベルにさえも拡張可能な大容量を、完全にSSDだけで構成されたストレージと、 一貫したシステムパフォーマンスを保証する優れたファームウェアのアルゴリズムによって提供している点にあります。

特定のHPサーバーシステム向けのHP VMAシリーズ

HP VMAシリーズでは、2つのサーバーアクセス方式を利用できます。1つ目の方式はPCIe直接接続で、サーバーのPCIeカードと専用ケーブルを使用して、外部VMAアレイに接続します。これによって、単一サーバー向けに、スペック上の最速のI/Oアクセスを提供できます。この方式では、1台のサーバーに最大8台のVMAシャーシを接続できます。2つ目の方式は、VMA SANゲートウェイを使用して、VMAシステムをファイバーチャネルSAN上に配置します。この場合、ストレージをSAN上のすべてのサーバーが共有できます。各SANゲートウェイの後ろに最大2台のVMAシャーシを配置することができ、無制限の数のVMA SANゲートウェイを使用できるため、事実上無制限の容量のSSDストレージを配備できます。

VMA(PCIe直接接続)の特徴
  • 単一サーバー向けのスケーラブルな外部ストレージ
  • サーバーのPCIeバスに直接接続
  • 1台のサーバーに最大8台のVMAを接続可能
  • 100マイクロ秒未満のレイテンシ
  • シンプルなブロックストレージと同様に管理可能
  • HP ProLiant DL980 G7サーバーによるサポート

VMA(ファイバーチャネルSAN接続)
  • 事実上無制限のスケーラビリティを備える共有可能ストレージ
  • サーバーのPCIeスロット数、ラックのスペース、またはケーブルの長さによる制約なし
  • 200マイクロ秒未満のレイテンシ
  • 標準のファイバーチャネルプロトコルを使用、 HP-UX、Windows® Server、およびLinuxをサポート
  • HP ProLiant DL980 G7サーバーとHP Integrityサーバーの両方によるサポート

主な機能と利点

  • スケーラブルな容量
    • データベース全体を収容することも可能な、ニーズに応じて調整可能な容量
    • 構成単位は5TBまたは10TB
    • 1台のサーバーに最大8台のVMAシャーシを直接接続可能
    • ファイバーチャネルSAN経由で接続する場合は事実上無制限の容量
  • 従来の円板(プラッター)ベースのディスクドライブに比べて1/100のレイテンシを実現する、SSDパフォーマンス
  • 組み込まれた可用性機能
    • サーバーが停止しても利用できる外部シャーシ
    • ホットスワップ対応のメモリモジュール
    • 複数のモジュールにわたる4+1パリティRAID
  • 優れたエネルギー効率と省電力機能
    • 可動部品を持つ従来の機械式ディスクよりも高い信頼性と低い消費電力
  • サーバー処理オーバーヘッドの排除
    • VMAシステムごとに組み込まれた高度なウェアレベリングとシステム管理処理
  • HPの世界クラスのサービスおよびサポートによる支援

関連情報