Jump to content 日本-日本語

サーバー  >  HP Integrity NonStop サーバー  > テクノロジー

混在処理機能

混在処理制御機能により複数業務、データベースを統合しシングルシステムでの稼動を実現

HP Integrity NonStop サーバー

アドバンテージ
コンテンツに進む
システム担当者様が抱える悩みを解決!HP NonStopソリューションセミナー開催中!!

混在処理機能
HP Integrity NonStop サーバーはHP NonStop OSの機能により255段階のプロセスの優先度制御を実現します。
HP NonStop OSはデバイスドライバー(Data Access Manager:DAM)の機能をソフトウェアとして提供します。そのため、HP NonStop OSはCPUの優先度制御は勿論、デバイスドライバー(DAM)のレベルまで一貫して優先度を管理、制御する事ができます。
この独自の優先度制御機能により、HP Integrity NonStop サーバーでは複数業務をシングルシステム内に同時稼動させる事が可能なのです。

混在処理の実現

HP Integrity NonStop サーバーではアプリケーションに設定された優先度がディスクアクセスを行なうデバイスドライバー(Data Access Manager:DAM)まで引き継がれます。
UNIXやLinux、Windowsなど一般的なマルチOSで稼動するアプリケーションは、優先度制御をアプリケーションレベルで設定します。この優先度はデバイスドライバーレベルに到達すると、アプリケーションによる制御から稼動するOSによる制御に移行し、それまでの優先度が引き継がれない場合があります。
一方、HP Integrity NonStop サーバーではデバイスドライバー(DAM)の部分がOSの一部としてソフトウェアで実装されているため、アプリケーションに設定した優先度はディスクアクセスのレベルまで透過的に継承され一貫したOSでの制御が可能になります。

混在処理の実現
図1:混在処理の実現

この独自の優先度制御機能により、HP Integrity NonStop サーバーでは性質の異なるアプリケーションを1つの筐体で同時に稼動させる事ができ、複数業務アプリケーションをシングルシステムに統合する事が可能になります。

統合データベースシステムを可能に

HP Integrity NonStop サーバーは独自の優先度制御機能により、複数の業務アプリケーション統合だけでなく、複数のデータベースを統合することも可能です。
上述の通り、一般的なデータベースシステムではデバイスドライバーの層まで優先度が引き継がれません。
例えば市場分析等の分析系クエリーを実行中にOLTP等の業務系クエリーの要求がきた場合には、業務系クエリーのレスポンスに影響を及ぼす可能性があります。
そのため、マルチOSで稼動するデータベースシステムの多くではデータベース(インスタンス)を業務毎に分けることになるのですが、すると以下のような問題点が出てきます。

問題点
  • 複数業務データベース間でデータの二重持ちが発生し、リアルタイムなデータ解析が困難になる
  • 新規業務追加・業務変更時のデータベース変更作業が煩雑になる
  • バージョンアップ等のデータベースメンテナンス時の作業が煩雑になる
  • データベース管理者の負担、運用コストが増大する
  • データベース毎にサーバーが必要になるため導入コストも増大する

HP Integrity NonStop サーバーを導入することで、これらの問題は解決できます。HP Integrity NonStop サーバー独自の優先度制御機能により複数業務のデータベースを統合することが可能になるからです。

解決策
  • シングルデータベースによりリアルタイムデータを何時でも分析可能
  • 新規業務追加・業務変更時のデータベース変更作業はシンプル(シングルデータベースに対してのみの作業)
  • データベース管理者の削減、運用コストの削減が可能に
  • CPUリソースは業務アプリケーション、データベースの配置により最大限に有効

統合DBシステム
図2:統合データベースシステム


HP NonStopソリューションセミナーでシステム担当者様が抱える問題解決策が体験できます!

日頃抱えている業務継続性に対する悩み・疑問を紐解いてみませんか。HP NonStopソリューションセミナーでは業務アプリケーションの継続・標準化・開発性とシステム担当者様、システム開発者様が抱える悩み・疑問に対する解決策を実体験していただきます。ぜひお申し込みください。

ご相談窓口

電話 電話
エンタープライズ向け製品の
ご購入前のご相談
03-5749-8279
09:00-19:00(月曜 - 金曜)
10:00-17:00(土曜)
※日曜、祝祭日、5月1日、年末年始など日本ヒューレットパッカード(株)の休業日を除く
Webからのお問い合わせ Webサイト
各種製品・サービスの
ご購入について

※機器のお見積については、代理店、または弊社営業にご相談下さい。

ショールーム

ショールーム 導入をご検討のお客様へ
業務アプリケーションの継続・標準化・開発性とシステム担当者様、システム開発者様が抱える悩み・疑問に対する解決策実体験して頂けます。

Executive Briefing Center


このページのトップへ戻る
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項