Jump to content 日本-日本語

サーバー  >  HP Integrity NonStop サーバー  > テクノロジー

直線的拡張性

疎結合アーキテクチャーにより直線的な性能の拡張を実現

HP Integrity NonStop サーバー

アドバンテージ
コンテンツに進む
システム担当者様が抱える悩みを解決!HP NonStopソリューションセミナー開催中!!

直線的性能拡張性
疎結合アーキテクチャー(シェアード・ナッシングアーキテクチャー)によりハードウェアもソフトウェアも共有部分を持たないHP Integrity NonStop サーバーは、拡張すればしただけの直線的な性能の拡張が見込め、1システムあたり最大4,080CPUまでの拡張が可能です。

疎結合アーキテクチャーにより直線的拡張性を実現

疎結合アーキテクチャーにより直線的拡張性を実現するHP Integrity NonStop サーバーは、トランザクション増加によるリソース設計にも柔軟に対応することが出来ます。
並列処理を実現するアーキテクチャーには、SMP(対称型マルチプロセッシング)と呼ばれるメモリ共有方式(シェアード・メモリ方式)やクラスタと呼ばれるディスク共有方式(シェアード・ディスク方式)がありますが、これらはリソースを拡張していくと、ある所で性能が頭打ちになります。
一方、HP Integrity NonStop サーバーは、疎結合のマルチプロセッサー・システムであり、各プロセッサーはメモリ、ディスク、I/Oを所有する非共有方式である疎結合アーキテクチャーを採用し、オペレーティング・システム(HP NonStop OS)がそれぞれのプロセッサー上で動作します。
HP NonStop OSは、最大4,080個のプロセッサーを接続する超並列処理アーキテクチャー(MPP)を実現し、全てのリソースは単一システムイメージでアクセス可能です。また、この共有リソースのない疎結合アーキテクチャーにより、拡張時に得られる性能の拡張は直線的であり、トランザクションの増加に対応するリソース追加の計画に対しても柔軟なキャパシティ・プランニングを提供することができます。

疎結合アーキテクチャーにより直線的拡張性を実現
図1:疎結合アーキテクチャーにより直線的拡張性を実現

この性能の直線的拡張性は、WebアプリケーションやOLTP(オンライントランザクション処理) アプリケーションはもちろん、他のアーキテクチャーではスケールアップが困難なデータベース領域でも享受することができ、業務処理量やデータ量の増大に合わせて、計画的な最適なハードウェア追加を実施することを可能とします。

HP NonStopソリューションセミナーでシステム担当者様が抱える問題解決策が体験できます!

日頃抱えている業務継続性に対する悩み・疑問を紐解いてみませんか。HP NonStopソリューションセミナーでは業務アプリケーションの継続・標準化・開発性とシステム担当者様、システム開発者様が抱える悩み・疑問に対する解決策を実体験していただきます。ぜひお申し込みください。

ご相談窓口

※機器のお見積については、代理店、または弊社営業にご相談下さい。

ショールーム

ショールーム 導入をご検討のお客様へ
業務アプリケーションの継続・標準化・開発性とシステム担当者様、システム開発者様が抱える悩み・疑問に対する解決策実体験して頂けます。

Executive Briefing Center


このページのトップへ戻る
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項