Jump to content 日本-日本語

サーバー  >  HP Integrity NonStop サーバー   >  ソリューション  

ストラテジ

適応性のあるネットワークに変えるには何が必要か?

HP Integrity NonStop サーバー

アドバンテージ
コンテンツに進む
適応性のあるネットワークに変えるには何が必要か?
ストラテジ
ZLE
  iHUB

組織が勝ち残るには、環境の変化に速やかに順応し、技術のグローバル化にも対応できなければなりません。また、カスタマ・エコノミとそのすべての要件、つまり市場投入時間の短縮、注文サイクル時間の短縮、予測の向上、より迅速かつ確かな意思決定、そして応答性の向上などを実現する必要があります。適応性があるということは、トランザクション、調達、製造、ロジスティックス、および輸送などのインフラストラクチャ・コストを削減する方法を熟知していることでもあります。適応性があるというとは、問題が企業のビジネスまたは顧客に影響を及ぼす前に解決できるように、変化に対する企業の迅速な対応を可能にする相互接続型のシステムのことなのです

問題点は、企業が既存のシステムを堅牢で適応性のあるネットワークに変えるには何が必要か、ということです。今日の IT 環境では、アプリケーション同士はいくつかの基本的な方法で通信できます。たとえば、バッチ・ファイルによる情報の交換、メッセージの非同期交換 (ストアとフォワード、またはパブリッシュとサブスクライブ)、メッセージの同期交換 (一般的な OLTP アプリケーションにおけるリクエストとリプライ) などが可能です。しかし、これらの統合メカニズムはそれぞれ問題を抱えています。現在と将来のビジネス・モデルをサポートするには、情報の交換を伴うアプリケーションが多数必要になるためより複雑化してしまいます。

包括的な統合プラットフォームの基盤を構築するには、EAI インフラストラクチャとオペレーショナル・データ・ストア (ODS) の両方が必要なのです。


複雑化した既存システム

ZLE( Zero Latency Enterprise)
EAIは各種のツールによる実体のないEAIハブを介して各システムを統合するため、データの一貫性を保つのが難しいという欠点があります。また、リアルタイムにデータの更新を行うことができず、企業内に起きた様々な出来事を瞬時に把握することが不可能となり、実際の販売データによる顧客の購買分析などにタイムラグが生じ、的確な対顧客活動に結びつきません。 そこで提唱するのが「ZLE(Zero Latency Enterprise):ゼロ・レイテンシー・エンタープライズ」(無遅延型企業システム)です。

iHUB
EAI レイヤと HP NonStop サーバーをベースにした ZLE データ・ストアの次世代の統合です。ZLE フレームワークを活用して重要なシステム内のデータを集約し、リアルタイムの変化に対する瞬時の対応を可能にします。ZLE データ・ストアは単一のデータ・ストアとして機能し、情報のキャッシュ、保守、および適切なアプリケーションへの配信を実行します。複数のデータ・ストアを保守する必要がなくなるのです。

ご相談窓口

電話 電話
エンタープライズ向け製品の
ご購入前のご相談
03-5749-8279
09:00-19:00(月曜 - 金曜)
10:00-17:00(土曜)
※日曜、祝祭日、5月1日、年末年始など日本ヒューレットパッカード(株)の休業日を除く
Webからのお問い合わせ Webサイト
各種製品・サービスの
ご購入について

※機器のお見積については、代理店、または弊社営業にご相談下さい。

ショールーム

ショールーム 導入をご検討のお客様へ
業務アプリケーションの継続・標準化・開発性とシステム担当者様、システム開発者様が抱える悩み・疑問に対する解決策実体験して頂けます。

Executive Briefing Center


印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項