Jump to content 日本-日本語

サーバー  >  HP Integrity NonStop サーバー   >  ソリューション  

iHUB

EAI フレームワークと ZLE データ・ストアの統合インフラストラクチャ

HP Integrity NonStop サーバー

アドバンテージ
コンテンツに進む
HP社内のSCM統合に採用されたHP NonStop サーバーをベースとしたキーソリューション
  ストラテジ
ZLE
  iHUB
iHUB事例

iHUBとは?


iHUBはEAI フレームワークと ZLE データ・ストアの両方を備える堅実な統合インフラストラクチャです。つまり EAI レイヤと HP NonStop サーバーをベースにした ZLE データ・ストアの統合です。メッセージング・ミドルウェアを含む EAI コンポーネントは、定義済みのビジネス・ルールに従ってルーティングや変換を実行します。また、メッセージやデータを ZLE データ・ストアに渡します。ZLE データ・ストアは、全社のシステムやアプリケーションに関するリアルタイム情報が中央に集約されたソースの役割を担います。また、EAI レイヤに対するサブスクライバとしても機能します。

  • エンタープライズ・アプリケーションによるコストの高いポイント・ツー・ポイントのバッチ・ファイル統合への依存性を排除し、1 回限りのカスタム ODS を構築したりアプリケーション間の統合をサポートする方法を開発したりする必要性をなくす。

  • 統一されたデータ統合プラットフォームを提供する。このプラットフォームでは、企業全体の情報を統一されたリアルタイムのビューで確認できる。

  • システム間のパフォーマンスと可用性への依存性を排除し、アーキテクチャの拡張性と可用性を企業に提供する。

  • 標準のソフトウェア統合方法による統合を可能にすることで、ソリューションの実装を高速化し、統合コストを削減する。

  • カスタム開発の必要性を排除してより迅速なソフトウェア・アップグレード・サイクルを可能にすることで、サポート・コストを削減する。
  iHUBイメージ図

段階的な成功へアプローチ


 
iHUBは、顧客にとってもっとも価値の高い複数のビジネス・エンティティを優先させて、段階的なプロジェクト手法で実装に着手でき、ある程度の間隔で機能を追加していくことが可能です。データ・モデルを論理的な単位で構築し、優先度の高い重要なビジネスを中心に「段階的な成功のアプローチ」により、すぐに確実な利益を得られるのです。

このアプローチは、「前進型」アーキテクチャを構築するための安全な投資です。最初に実装する必要があるのは基本アーキテクチャだけです。そして後でシステム要件やプロジェクト計画に応じて適切な EAI コンポーネントを追加することができます。同様に、追加されたビジネス・イベントの取得に使用する新しいテーブルを追加して ZLE データ・ストアを拡張することもできます。うまく設計されたアーキテクチャの利点は、変化するニーズや新しいビジネス要件にいつでも適合できるということです。

  次のページへ

ご相談窓口

電話 電話
エンタープライズ向け製品の
ご購入前のご相談
03-5749-8279
09:00-19:00(月曜 - 金曜)
10:00-17:00(土曜)
※日曜、祝祭日、5月1日、年末年始など日本ヒューレットパッカード(株)の休業日を除く
Webからのお問い合わせ Webサイト
各種製品・サービスの
ご購入について

※機器のお見積については、代理店、または弊社営業にご相談下さい。

ショールーム

ショールーム 導入をご検討のお客様へ
業務アプリケーションの継続・標準化・開発性とシステム担当者様、システム開発者様が抱える悩み・疑問に対する解決策実体験して頂けます。

Executive Briefing Center


印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項