Jump to content 日本-日本語
≫  お問い合わせ

サーバー  >  HP Integrity NonStop サーバー   >  ソリューション  

インテグレーションHUB

NonStop ソリューション

HP Integrity NonStop サーバー

アドバンテージ
コンテンツに進む
システム担当者様が抱える悩みを解決!HP NonStopソリューションセミナー開催中!!

インテグレーションHUB
複雑多岐にわたるシステム間の連携、アプリケーション間の連携、システム間データ連携をシンプルに。構成がシンプルになり柔軟性が高まるため、将来の構成変更や機能拡張も容易に行うことができる統合インフラストラクチャ。

「インテグレーションHUB (iHUB) 」とは

現在、企業をささえる業務システムは多岐にわたり、システム間の連携、アプリケーション間の連携、システム間データ連携は複雑多岐にわたっています。 インテグレーションHUBではこれらの、システム間連携、データ連携を一元化し、複雑になったシステム間の連携をシンプルに致します。また、構成がシンプルになり柔軟性が高まるため、将来の構成変更や機能拡張も容易に行うことができます。

インテグレーションHUBは、以下の要素で構成されます。

  1. システム間連携基盤
    • 企業内連携・企業外連携(対外接続)など各種接の続プロトコルを網羅したプラットフォーム基盤
    • 連携の要求に合わせたプロトコル変換・データ変換など相互関連付けを単一の基盤で提供
  1. リアルタイム統合情報
    • システム間連携で通過した業務データを、リアルタイム統合情報として一次蓄積(DWHへのキャッシュ)及びリアルタイム情報としてその他業務に提供可能。
    • 複雑で大規模なクエリ処理を的確に迅速に処理できるデータベース
    • パブリッシュ・サブスクライブ機能(データ更新をトリガーに複数に対してデータを配信する機能)による能動的なアクション促進による、リアルタイムBI

インテグレーションHUBとは
図1: インテグレーションHUBとは

1. システム間連携基盤

現在の企業システムはそれぞれの業務最適化、システム化の歴史により多種・多様なアーキテクチャーのシステムが存在しています。業務変更や機能追加のみならず、企業統合や改編に伴うシステムの統合・改編などにより、結果として業務パッケージシステム・メインフレーム上のレガシーなシステム・取引先との対外接続、などが混在している状況となっています。そのため、システム間連携は膨大になり、システム運用・管理(アクセス経路の管理など)は複雑化の一途をたどっています。

HP NonStop サーバーは、旧来よりメインフレームをはじめとしたレガシーシステムとの接続性を保持しており、最新のインターフェイスのサポートも充実しており、企業内に存在する各種システム間の連携をシンプルにします。また、HP NonStop サーバーは、そのアーキテクチャーから、無停止での運用が可能であり、まさにシステム間連携基盤に適したプラットフォームといえます。

システム間連携基盤は、システムの連携形態を下記三つのプロトコル群に大別し、システム間の連携を統合します。 HP NonStop サーバーでは、以下の非常に幅広いプロトコルをサポートしています。

a) トラディショナルインターフェイス
- 汎用機プロトコルや、旧来のプロトコル(BSCなど回線系のプロトコルを含む)との接続プロトコル
b) オープンインターフェイス
- Java、SOAP、CORBAなどを初めとする、オープン系との接続インターフェイス、また、HULFTやebMSなど、ファイル連携(特に企業間連携で新たに標準化が進むXML通信も含む)
c) 共通サービス
- 各連携先に対して、スケジュール、変換、ルーティング、DBアクセス(リファレンス参照やトランザクション更新)などを共通サービスとして提供し、システム間連携の共通化

システム間連携基盤 - サポートされるインターフェイス
図2: システム間連携基盤 - サポートされるインターフェイス

2. リアルタイム統合情報

  • 現在企業内では、様々な業務情報が蓄積活用されています。複雑化する企業システムが持つ情報は、管理の複雑化・情報の粒度や精度の管理が困難になってきています。
    • DWHなどによる大量・履歴情報の蓄積・活用
    • 業務アプリケーションが持つ情報の活用
    • 部門DBなど、個別に構築した情報系システム
  • リアルタイム統合情報とは、社内に分散した情報・知識の活用を進めるための基盤となるものです。
  • 前記のシステム間連携基盤で統合したシステム間連携を利用して、業務トランザクションレベルでのリアルタイム情報から、バッチ連携での大量データなど、企業間の情報を統合し、全社共通で利用可能な情報ソースを提供します。
    リアルタイム統合情報を実現するには、以下の要素が重要となります。
    • 最新のデータをリアルタイムに更新/検索するための、パフォーマンス
    • 24時間265日様々なシステムからの要求にこたえる、無停止性(高可用性)
    • 更新/検索が混在する複雑なワークロード環境における、プライオリティ制御
    • 刻々と増大するデータに、柔軟に追随できる、システム拡張性

リアルタイム統合情報 - 分散したデータをリアルタイムに可視化
[拡大画像を表示] このリンクをクリックすると、新しいウィンドウが開きます
図3: リアルタイム統合情報 - 分散したデータをリアルタイムに可視化
絶えず変化するシステム間の連携及びそれらの統合情報をリアルタイムな提供を実現する為には、下記ポイントが重要となります。

  • 24時間365日連続稼動
  • 変化し続けるシステム要求に対する柔軟なリソース追加・変更への対応
  • 旧来のシステムと最新のシステムが混在した環境においても、幅広く対応する柔軟なシステムアーキテクチャーと連携ソリューション

HP NonStop サーバーとシステム間連携・情報の統合一元化を可能にするインテグレーションHUBソリューションにより、お客様の運用シンプル化、コスト削減、業務変化に対するシステム変更への対応容易性、を提供いたします。

HP NonStopソリューションセミナーでシステム担当者様が抱える問題解決策が体験できます!

日頃抱えている業務継続性に対する悩み・疑問を紐解いてみませんか。HP NonStopソリューションセミナーでは業務アプリケーションの継続・標準化・開発性とシステム担当者様、システム開発者様が抱える悩み・疑問に対する解決策を実体験していただきます。ぜひお申し込みください。


その他 製造/流通業向けソリューション

EDI (Electronic Data Interchange)
EDI (Electronic Data Interchange) HP NonStop Server powered with ACMS なら止まらないB2B環境を容易に構築。
   
 


ご相談窓口

電話 電話
エンタープライズ向け製品の
ご購入前のご相談
03-5749-8279
09:00-19:00(月曜 - 金曜)
10:00-17:00(土曜)
※日曜、祝祭日、5月1日、年末年始など日本ヒューレットパッカード(株)の休業日を除く
Webからのお問い合わせ Webサイト
各種製品・サービスの
ご購入について

※機器のお見積については、代理店、または弊社営業にご相談下さい。

ショールーム

ショールーム 導入をご検討のお客様へ
業務アプリケーションの継続・標準化・開発性とシステム担当者様、システム開発者様が抱える悩み・疑問に対する解決策実体験して頂けます。

Executive Briefing Center


このページのトップへ戻る
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項