Jump to content 日本-日本語

サーバー  >  HP Integrity NonStop サーバー   >  ハードウェア  

HP Integrity NonStop NS16000 サーバー(販売終了)

無限のスケーラビリティを実現した超並列高可用性サーバー

HP Integrity NonStop サーバー

アドバンテージ
コンテンツに進む
システム担当者様が抱える悩みを解決!HP NonStopソリューションセミナー開催中!!

主な特長


業界標準インテル® Itanium® プロセッサーを搭載したIntegrity NonStop サーバーは、圧倒的なスループットを提供します。
可用性、拡張性、完全データ整合性と、HP NonStop サーバー製品が本質的に備える管理・運用機能が組み合わされることで、あらゆるミッションクリティカルなユーザ要件にも対応できるシステムを実現します。

EPICの超並列処理により高速化を実現
NonStop アドバンスド・アーキテクチャ(NSAA)採用
モジュール化による柔軟なコンフィギュレーション
製品情報
  概要
特長
仕様
 

EPICの超並列処理により高速化を実現

CISCからRISC、そしてスーパースカラRISCと発展してきたアーキテクチャにおいて、RISCでは構造上、これ以上の並列度をあげるのが困難で、さらなるパフォーマンスの向上が限界に近づいています。EPICは、コンパイルの段階で明示的に生成された並列処理を含むコードを、プロセッサーのファンクショナルユニットが実行することで、高度の並列化を実現しています。これによりRISCが抱えていた問題点を解決し、ハイフォーマンスを達成することが可能となりました。この新しいアーキテクチャは、RISCの限界を超え、次世代のパフォーマンスを実現します。
このように、インテル® Itanium® 2プロセッサーは次世代のプロセッサーであり、今後の開発によってパフォーマンスはさらに飛躍的に向上する可能性があります。この将来性のあるインテル® Itanium® 2プロセッサーは、HPをはじめとする多くのハードウェアベンダーが採用し、次世代の業界標準のプロセッサーとなりつつあります。

NonStop アドバンスド・アーキテクチャ(NSAA)採用

HP Integrity NonStop サーバーは、次世代のNonStop サーバーの基盤となるNonStop アドバンスド・アーキテクチャー(NSAA)を採用しています。従来のNonStop アーキテクチャとは異なり、プロセッサーを二重化したデュプレックスモデル(DMR)、および、三重化したトリプレックスモデル(TMR)の2種類の構成をもち、可用性、拡張性、データ整合性を一段と高めています。
トリプレックスモデルの場合(図:プロセッサー構成例)、4プロセッサーを搭載するコンポーネント(プロセッサースライス)が3つ構成されます。プロセッサースライスの各プロセッサーは、それぞれ4つの論理同期ユニット(LSU)に接続されます。各LSUは同期をとりつつデータ整合性のチェックを行い、エラー検出時には、問題の発生したプロセッサースライスをハードウェア的に自動的に切り離します。これにより処理を中断することなくデータの一貫性が保たれます。(デュプレックスモデルの場合は、2つのプロセッサースライスから構成され、現行のNonStop アーキテクチャと類似した方法で障害が検知されます)
NonStop アドバンスド・アーキテクチャ(NSAA)採用
 
利点:
  • 完全なデータ整合性
  • 多重ハードウェア障害にも対応した完璧なハードウェア・フォルトトレランス
  • 既存アプリケーションへの投資保護と旧システムとの共存
詳しい情報は以下をご覧ください。
PDF HP NonStop Advanced Architecture (NSAA) White paper (PDF、294KB)

icon_acrobat reader

HP NonStop Advanced Architecture ストリーミングビデオ配信(英語)
(When downtime is not an option)

モジュール化による柔軟なコンフィギュレーション

HP Integrity NonStop NS16000はこれまでの専用キャビネットを使用したシステム構成ではなく、プロセッサー、IO、ストレージのエレメントはそれぞれのモジュールとして提供され、19インチラックに搭載されます。これにより業務に必要なサイズの各モジュールの購入が可能となり、無駄な投資を抑制します。さらに、今回のモジュール化は設置面積の縮小を可能とし、環境面での投資金額を抑えられます。
各エレメントは最新のServerNetアーキテクチャで接続されポイント・ツー・ポイント接続の無駄の無く、極小化された待ち時間によるデータ転送が可能です。またこのServerNetは、一般のLANスイッチにサーバーやクライアントを接続するのと同じように、各エレメントの増設がサーバーを止めることなく容易に行えます。各ノード間もこのServerNetを使用したNonStop ServerNet Clusterで接続され、ノードをまたがったトランザクション処理のスループットはほとんど低下することはありません。

前のページへ
次のページへ

ご相談窓口

※機器のお見積については、代理店、または弊社営業にご相談下さい。

ショールーム

ショールーム 導入をご検討のお客様へ
業務アプリケーションの継続・標準化・開発性とシステム担当者様、システム開発者様が抱える悩み・疑問に対する解決策実体験して頂けます。

Executive Briefing Center


印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項