Jump to content 日本-日本語

サーバー  >  HP Integrity NonStop サーバー 

「レガシーマイグレーション米国先進事例説明会」
講演レポート

HP Integrity NonStop サーバー

アドバンテージ
コンテンツに進む
日本ヒューレット・パッカードでは2005年9月7日(水)、「レガシーマイグレーション米国先進事例説明会」と題して、HP NonStopサーバーとLinuxオープンソースのハイブリッド・システムによる米国先進事例を中心にご紹介するセミナーを開催いたしました。
セミナーレポート TOP
HPのレガシーマイグレーションに対する取り組み
  NonStopサーバーとLinuxオープンソースのHybridシステムでの米国先進事例
  NonStopサーバー & オープンソースについて

セッション3:HP NonStop+オープンソースについて

 
赤井 誠氏
日本ヒューレット・パッカード株式会社
エンタープライズサーバー統括本部
LINUX/HPC推進部
部長 赤井 誠
 

HP NonStop+オープンソースで盤石のシステムを構築

セミナー風景
最後のセッション「NonStop&オープンソースについて」では、日本ヒューレット・パッカードのエンタープライズサーバー統括本部LINUX/HPC推進部部長、赤井誠より、HP NonStopサーバーにおけるオープンソース対応についての紹介がありました。  
まず赤井が強調したのは、HPによるLinuxサーバー出荷実績の多さです。「弊社ではすでに100万台以上のLinuxサーバーを出荷している。これだけの台数を出荷すると、トラブルの情報もたくさんの件数が集まってくる。そこで、もし新たにトラブルが起こったとしても、過去の経験に基づいてお客様に対してすばやい障害対応を提供できる」(赤井)。またオープンソース・ソフトウェアについても、「JBossとMySQLに対して、ワールドワイドな保守サービスを提供しているのはHPが始めて」と説明。またTPCベンチマークでは世界でもっとも高い費用対効果を上げているのがHP ProLiantであることを紹介し、価格性能比の高さも強調しました。これらの実績やサポート体制により、「弊社のLinuxサーバーの売り上げについて、今年の初めに『2倍以上の伸び』が目標であると公表したが、この目標はすでに達成済みで、いま目指しているのは『3倍増』である」と説明しています。  
また日本ヒューレット・パッカードでは2004年8月より、米国Red Hatとのワールドワイド契約により、同社に常駐するHP専任スタッフと連携をとったサポート体制を提供しています。さらに2005年4月からは、このサポート体制をさらに強化し、日本法人であるレッドハット株式会社内に日本ヒューレット・パッカード専任のテクニカルアカウントマネージャを配置。これにより、即時性の高いサポートの提供が可能となっています。

「止めなくてもよいシステム」を作るNonStopサーバー

赤井は、こうしたオープンソース分野でのHPの確固とした実績、サポート体制をベースに、HP NonStopサーバー上でオープンソース・ソフトウェアを運用することで、Linuxサーバーだけでは得られないアドバンテージが生まれると指摘します。とりわけ、ミッションクリティカル環境の構築では、NonStopサーバーとオープンソースそれぞれの真価を発揮できると説明します。「Linuxサーバーでは、システムが止まること、もしくは止めることを前提に構築するのが原則となる。これに対してNonStopサーバーでは、システムが止まらないのはもちろんのこと、止めなくても運用できることが重要なポイントだ」(赤井)。  
とはいえ、これまでLinuxサーバーに親しんできたエンジニアからすると、NonStopサーバーで本当にオープンソース・ソフトウェアが問題なく利用できるかが懸案となります。そうした声に応えるべく、HPでは、オープンソース・ソフトウェアのNonStopサーバーへの移植を積極的に進めています。Apache Webサーバーをはじめ、Tomcat、Zope、Ploneといった200種類以上の主要なパッケージがすでにポーティング済みで、さらに300以上のポーティングを予定。またNonStopサーバーでは、Java/J2EEやCORBA、XML/SOAP、SQL/ODBC/JDBC、Tuxedoといった業界標準のAPIを豊富にサポートしており、オープン標準による開発をスムーズに進める環境を整えています。
 
HP NonStopサーバーによるオープン標準のサポート
図3:HP NonStopサーバーによるオープン標準のサポート
  こうしたオープンソース・ソリューションのパワーを活用しつつ、NonStopサーバーにより「止まらない・止めなくてよいシステム」を構築する。これが、日本ヒューレット・パッカードが提案するオープンシステムによるミッションクリティカル環境構築の、他社にはない大きなアドバンテージなのです。

  本ページに記載されている情報は2005年9月時点におけるものであり、変更されている可能性があります。予めご了承下さい。  

前のページへ  

お問い合わせ

HPカスタマーインフォメーションセンターの電話番号は03-5749-8328、平日午前9時から午後7時、土曜午前10時から午後6時、祝祭日、5月1日、年末年始など弊社指定の休業日は除きます。お問い合わせ
ウェブからのお問い合わせはこちら
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項