Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ

サーバー  

インフラソリューションセミナー

ビジネスを止めない!

〜止まらないシステムで実現する事業継続〜

HP Integrity NonStop サーバー

アドバンテージ

HP BC & A お客さま事例のご紹介

日本ヒューレット・パッカード株式会社
テクニカルセールスサポート統括本部
エンタープライズストレージ・サーバー推進本部
赤城知光


ビジネスクリティカルな領域で実績の豊富なHP NonStopサーバーは、事業継続・災害対策用のシステムとして、ワールドワイドで500システム以上の導入実績がある。中には、20年も前から既に災害対策を講じているシステムも存在する。
 
今、事業継続/IT継続の実現に向けた課題とは
止まらないという絶対価値 事業継続のために最適なITインフラとは?
HP BC & A お客さま事例のご紹介
関連リンク
その中でも、ニューヨーク商品取引所は、2001年9月11日の米国同時多発テロによりビル自体が壊滅的な被害を受けた。その災害からの復旧までの経緯を追うと、それより前の1993年に同じワールドトレードセンターで起こった爆破テロの教訓を活かし、1995年からBCP(事業継続計画)を立案・策定していた。

9月11日のテロ当時、プライマリサイトから数キロ離れた場所にバックアップサイトが設けられていたが、同日の午後8時には災害復旧を完了。被害にあったシステムの中では、もっとも復旧が早かった。

ここでポイントになるのは、各種災害の想定に基づくBCPを実施していたこと、コンピュータ設備以外の立会い設備などの一式を揃えていたこと、四半期に一度切替試験を実施していたことにあった。単に災害対策ソリューションを導入しただけでなく、災害時にも業務を継続できる裏づけがあったのである。
9.11以前のWTC(世界貿易センター) ニューヨーク商品取引所の災害対策
9.11以前のWTC(世界貿易センター) ニューヨーク商品取引所の災害対策
[拡大画像を表示] このリンクをクリックすると、新しいウィンドウが開きます [拡大画像を表示] このリンクをクリックすると、新しいウィンドウが開きます

一方、災害を回避したシステムとしては、2005年9月に米国の南東部を襲ったハリケーン「リタ」の例がある。銀行間の電子資金決済などのサービスを提供するPULSE社は、災害対策としてテキサス州ヒューストンとダラスにあるデータセンター間で、GoldenGateによるActive-Active型(共有式)の構成による双方向のリアルタイム同期の環境を整えていた。

通常は、金融機関接続ノードとATM/POS接続のノードに役割分担しつつ、災害時には透過的なアプリケーションの移動とフェイルオーバーが実現できる環境が実装されていた。リタの発生から消滅までの5日間、緊迫する中でBCPを実行に移し、無事に難を逃れることに成功した。

これらの事例を通して言えることは、綿密なBCPの実施とそれに基づく準備、定期的な切替試験の実施が、災害対策のポイントとして重要であるということだ。

関連リンク
HP ITソリューション
事業継続・災害対策 数十年に一度の事態にも備える継続的な取り組み
HP NonStopサーバーの災害対策ソリューション
  • トランザクションを複製するNonStop RDF
  • ZLT(Zero Lost Transactions)
  • 高機能なサードパーティ・ツールGoldenGate
お客様事例
トップへ  戻る    

お問い合わせ

HPカスタマーインフォメーションセンターの電話番号は03-5749-8328、平日午前9時から午後7時、土曜午前10時から午後6時、祝祭日、5月1日、年末年始など弊社指定の休業日は除きます。お問い合わせ
ウェブからのお問い合わせはこちら
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡