Jump to content 日本-日本語

サーバー  >  HP Integrity NonStop サーバー 

コンセプト

35年以上に渡り、変わることのないHP Integrity NonStop サーバーの製品基本方針

HP Integrity NonStop サーバー

アドバンテージ
コンテンツに進む
システム担当者様が抱える悩みを解決!HP NonStopソリューションセミナー開催中!!

コンセプト
HP NonStop アーキテクチャーは、サービスを止めないことを第一に設計されたものです。1975年に世界初の耐障害性 (フォールトトレラント) システムとして世に送り出されて以来、以下の HP Integrity NonStop サーバーの基本アーキテクチャーのコンセプトは、今日まで変わらずに引き継がれています。

これらのコンセプトが評価され、ATMやクレジットカード認証基盤など公益性の高いサービス、金融取引など高額な取引を扱うサービスや、製造・流通業における企業間受発注システムなどシステム停止の影響度合いが極めて高いシステムにおいて、いままで数多くの実績を重ねています。

製品価値 - Tab - Selected

無停止性(フォールトトレラント)

35年以上のフォールトトレラント・サーバーの実績を誇る HP Integrity NonStop サーバーは、すべてが冗長化されたハードウェア・コンポーネントと、プロセスペア技術などの耐障害性機能を持つオペレーティング・システムやソフトウェア・コンポーネントによって、ハードウェアとソフトウェアの両面から他に類を見ない高度なフォールトトレランスを実現しています。連続稼働を前提に設計、開発された HP Integrity NonStop サーバーでは、ハードウェアやソフトウェアで障害が発生した場合にも処理を再起動するのではなく、代替のコンポーネントが即座に処理を引き継ぎます。このため、単一システムで信頼性の高い連続稼働が可能となります。ただし、特別なアプリケーションを開発する必要はまったくなく、通常のアプリケーション開発でこのメリットを享受できます。
また、障害発生時にも決してデータを破損しないというデータの整合性(信頼性)に関しての技術を組み込んでおり、トランザクション処理において最高の信頼性を提供します。プロセッサー間データ通信やデータ通信において全てのパケットをチェックし、ディスクI/Oにおいてもエンドツーエンドのチェックサムを実施します。またトランザクションレベルでの一貫性を保証します。このような厳密なチェック機能によりデータ破壊防止を保証し、万一何らかの障害が発生しても重要なデータは完全に保護されます。

HP Integrity NonStop サーバーとFTサーバーとの違い

拡張性、リニアスケーラビリティー (モジュール方式)

HP Integrity NonStop サーバーは、MPP (Massively Parallel Processing; 超並列処理 アーキテクチャーの採用により、それぞれのリソースへのオーバーヘッドを最小限にししつつ最高のパフォーマンスを提供します。
HP Integrity NonStop サーバーは、最大 4,080プロセッサー (クアッドコア搭載の場合 16,320 コア) 構成まで拡張できます。
また、HP Integrity NonStop サーバーでは、それぞれのコンポーネントがシステム内ネットワーク (ServerNet) に独立して接続されており、プロセッサー間のメッセージ交換なども含めて、相互干渉が極めて少なく、ほとんどボトルネック無く、追加したリソース分は直線的にパフォーマンスが向上します。
システム稼働中にCPUやディスクなどハードウェア・コンポーネントの追加を行うことはもちろん、データベースの再構成・再編成などもシステムを停止せずに実行できます。HP Integrity NonStop サーバーは止まらないという機能に加え、止めなくてもよいという機能を持っています。

リニアスケーラビリティ構成図
図1:リニアスケーラビリティ構成図

柔軟性 (オンラインメンテナンス)

MPP アーキテクチャーを採用しているため、HP Integrity NonStop サーバーを構成しているコンポーネントは、連携しながらも、独立して稼働しています。また、HP NonStop OS は、連続運用性を考慮して設計されているため、ハードウェアやソフトウェアのコンポーネントに対して、構成変更などをする際にも、運用を停止することなく、オンラインで実施することが可能です。もちろん、構成変更だけではなく、故障時の修理対応やメンテナンス時も同様であり、メンテナンスなどのためにシステムを止める、いわゆる計画停止も最小限に抑えます。システム稼働中にCPUやディスクなどハードウェア・コンポーネントの追加を行うことはもちろん、データベースの再構成・再編成などもシステムを停止せずに実行できます。

投資保護

HP Integrity NonStop サーバーは、お客様の投資の保護を最優先にシステムを進化させてきました。アプリケーションの開発には、規模により膨大な投資が必要となります。HPではそのようなお客様の投資を最大限長期的に効率的にご利用いただけるよう、以下のような2つのアプローチで長期にわたる投資保護を実現しています。

同一のプログラムを長期に利用可能

HP Integrity NonStop サーバーは、過去採用しているプロセッサーを CISC, RISC, Itanium とその時代に合わせ、変遷してきました。バージョンアップだけにとどまらず、プロセッサーアーキテクチャーの変更を行っていますが、その間、OSのソースコードレベルだけでなく、バイナリーコードまでも世代間の互換性を保っています。実際、20年以上前に CISCプロセッサー上で開発したアプリケーションを、最新のHP Integrity NonStop サーバー上で稼働されているユーザーもいます。

業界標準を採用し、特殊機能は利用者に意識させない

HP Integrity NonStop サーバーは、他のサーバーでは実現できないさまざまな特別な機能により、お客様へ価値をお届けしていますが、アプリケーション開発者にはプラットフォームの独自性をほとんど意識させません。業界標準であるANSIやPOSIX等の規格をそのままサポートしており、Linux 等での開発を理解されていれば、ほとんど変更の必要なく、HP Integrity NonStop サーバーで動作するアプリケーションを開発できます。

また、将来的に他サーバーへの移行も容易です。例えば、将来クラウドプラットフォームサービスなど汎用性の高いサービスへの移行を進める場合においても、NonStop 上で開発したアプリケーションであれば、ほどんど変更がいらず、容易に移すことが可能です。

世代を超えて互換性を維持するHP Integrity NonStop サーバー
図2:世代を超えて互換性を維持するHP Integrity NonStop サーバー
[拡大画像を表示] このリンクをクリックすると、新しいウィンドウが開きます
このページのトップへ戻る

ご相談窓口

※機器のお見積については、代理店、または弊社営業にご相談下さい。

ショールーム

ショールーム 導入をご検討のお客様へ
業務アプリケーションの継続・標準化・開発性とシステム担当者様、システム開発者様が抱える悩み・疑問に対する解決策実体験して頂けます。

Executive Briefing Center


このページのトップへ戻る
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項
フォールト・トレラント・コンピュータの誕生 オープンアーキテクチャーへの取り組み パフォーマンスと拡張性を向上するServerNet 新世代HP NonStop サーバーの誕生