Jump to content 日本-日本語

サーバー  >  HP Integrity NonStop サーバー   >  コンセプト  

35周年を迎えた HP NonStop サーバー

「NonStop の歴史」 Part4:新世代HP NonStop サーバーの誕生

HP Integrity NonStop サーバー

アドバンテージ
コンテンツに進む
システム担当者様が抱える悩みを解決!HP NonStopソリューションセミナー開催中!!

コンセプト
HP NonStop アーキテクチャーは、サービスを止めないことを第一に設計されたものです。1975年に世界初の耐障害性 (フォールトトレラント) システムとして世に送り出されて以来、以下の HP Integrity HP Integrity NonStop サーバーの基本アーキテクチャーのコンセプトは、今日まで変わらずに引き継がれています。

これらのコンセプトが評価され、ATMやクレジットカード認証基盤など公益性の高いサービス、金融取引など高額な取引を扱うサービスや、製造・流通業における企業間受発注システムなどシステム停止の影響度合いが極めて高いシステムにおいて、いままで数多くの実績を重ねています。

1998年には、旧タンデムコンピューターズとコンパックコンピューターズの合併、コンパックコンピュータとディジタルイクイップメントの合併が続きました。さらに、2002年にはヒューレット・パッカード(以下HP)とコンパックコンピュータが合併。これにともない、「NonStop Himalaya」は「HP NonStop サーバー」に名称が変更されます。
従来のアーキテクチャを踏襲した「HP NonStop サーバー S74ファミリ」「HP NonStop サーバー S78ファミリ」「HP NonStop サーバー S88000」などの発表を経て、2005年5月に新世代の Integrity NonStop サーバーが発表されました。

この Integrity NonStop サーバーのための基盤として設計されたのが、最強の可用性と高信頼性を提供する「HP NonStop アドバンスド アーキテクチャ」です。
Part1
フォールト・トレラント・コンピューターの誕生
Part2
オープンアーキテクチャーへの取り組み
Part3
パフォーマンスと拡張性を向上する ServerNet
Part4
新世代HP NonStop サーバーの誕生
HP Integrity NonStop NB50000c BladeSystem
  HP Integrity NonStop
NB50000c BladeSystem
これまでのNonStop アーキテクチャとは異なり、プロセッサーを二重化したデュプレックス・モデル(DMR)と、最強の可用性と信頼性を提供する三重化したトリプレックスモデル(TMR)の2つのモデルにより、可用性のレベルに合わせたシステム構築を可能にします。なお、DMR構成は、従来のNonStop アーキテクチャと同等もしくはそれ以上の可用性を提供します。

この「HP NonStop アドバンスド アーキテクチャ」を採用したのが、「インテル® Itanium® プロセッサー搭載 Integrity NonStop サーバー」です。HP NonStop サーバーのフォールト・トレランス性を継承していることはもちろん、アプリケーションはオブジェクト互換。またモジュラーI/O、アダプタ、ディスク、ESSとGigaEthernetが既存のSシリーズに接続できますので、そのままItaniumベースのプロセッサーに移行可能です。

更に、2008年6月にはブレードにNonStopサーバーの超並列フォールトトレラント技術を搭載したIntegrity NonStop BladeSystemが発表されました。

Integrity NonStop BladeSystemは業界最高レベルの超並列フォールトトレラントサーバーの機能を、コンパクトで管理性・拡張性に優れたHP BladeSystemに集約しています。Integrity NonStopサーバー及び従来のNonStopサーバーとの完全なバイナリ互換性・ソース互換性を維持しながら、NonStopサーバーとしては初めてとなる最新のデュアルコア インテル Itaniumプロセッサーを搭載しています。これにより従来の製品に対して約2倍の性能向上を実現しつつ、製品コストの引き下げと、およそ50%の設置面積の低減を実現しています。また、新I/Oサブシステム「CLIM」の導入により、最新のハードウェア技術を活用した低コスト・小型・省電力のストレージやネットワークI/Oの構築が可能です。

新世代HP NonStopサーバーは「高信頼性」「拡張性」「運用管理性」にItaniumプロセッサーの採用による「高速性」、さらにブレード化による「管理性」が加わり、ミッションクリティカルシステムの構築を容易に実現することができます。

  歴史  
  « 戻る | Part1  Part2  Part3  Part4
戦略・将来性 »

ご相談窓口

※機器のお見積については、代理店、または弊社営業にご相談下さい。

ショールーム

ショールーム 導入をご検討のお客様へ
業務アプリケーションの継続・標準化・開発性とシステム担当者様、システム開発者様が抱える悩み・疑問に対する解決策実体験して頂けます。

Executive Briefing Center


印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項
フォールト・トレラント・コンピュータの誕生 オープンアーキテクチャへの取り組み パフォーマンスと拡張性を向上するServerNet 新世代HP NonStop サーバーの誕生