Jump to content 日本-日本語

サーバー  >  HP Integrity NonStop サーバー   >  コンセプト  

35周年を迎えた HP NonStop サーバー

「NonStop の歴史」 Part2:オープンアーキテクチャーへの取り組み

HP Integrity NonStop サーバー

アドバンテージ
コンテンツに進む
コンセプト
HP NonStop アーキテクチャーは、サービスを止めないことを第一に設計されたものです。1975年に世界初の耐障害性 (フォールトトレラント) システムとして世に送り出されて以来、以下の HP Integrity HP Integrity NonStop サーバーの基本アーキテクチャーのコンセプトは、今日まで変わらずに引き継がれています。

これらのコンセプトが評価され、ATMやクレジットカード認証基盤など公益性の高いサービス、金融取引など高額な取引を扱うサービスや、製造・流通業における企業間受発注システムなどシステム停止の影響度合いが極めて高いシステムにおいて、いままで数多くの実績を重ねています。

一方で、旧タンデムコンピューターズは早くからオープンアーキテクチャへの取り組みを積極的に行なってきました。1988年にはミップスコンピュータ・システムズとの技術提携を発表し、トレイビックは同社の副社長に就任。「NonStop System」へのRISCテクノロジー採用を発表します。
当時、RISC製品はサン・マイクロシステムズの「SPARC」、モトローラの「88000」などがありましたが、そのなかでもミップスコンピュータ・システムズの「Rシリーズ」だけが当初から64bitの高速アーキテクチャを想定して設計されていました。またミップスコンピュータ・システムズは設計専門の会社であり、製造はライセンス提供する半導体会社が行なっていたため、世界有数の半導体メーカーが製造している製品のなかから自由に安価で高品質な製品を選ぶことができました。さらに、MPUのデザインを変更する権利があるというオープンなものであったことが、トレイビックがミップスコンピュータ・システムズを選んだ理由です。
Part1
フォールト・トレラント・コンピューターの誕生
Part2
オープンアーキテクチャーへの取り組み
Part3
パフォーマンスと拡張性を向上する ServerNet
Part4
新世代HP NonStop サーバーの誕生

Integrity S2
  Integrity S2
1990年には、オープンシステムに対応した製品「Integrity S2」を発表しました。CPUにミップスコンピュータ・システムズの「R2000」を採用。そしてOSにはUNIX完全準拠の「NonStop-UX」を新たに開発・搭載した、世界初のフォールト・トレラントUNIXシステムです。
当時、UNIXシステムはエンジニアリング向けのOSという認識が一般的であり、ビジネス市場での信頼性にはかけると思われていましたが、「Integrity S2」は旧タンデムコンピューターズの特徴であるフォールト・トレラントを取り込んでいます。採用されたOS「NonStop-UX」は、それまで他社のUNIXシステム上で開発されたアプリケーションのソースコードレベルでの互換性を実現していたため、既存のUNIXアプリケーションを「Integrity S2」に移植し、フォールト・トレラントなどのメリットを享受することができました。
「Integrity S2」の高信頼性は当時のUNIXユーザーから新しい用途を開く画期的な製品として受け入れられ、旧タンデムコンピューターズはその後ユーザーの要求に応じてさまざまなモデルを投入しました。

NonStop Cyclone/R
  NonStop Cyclone/R
NonStop Himalaya(Kシリーズ)
  NonStop Himalaya
(Kシリーズ)
「Integrity」は主力製品とは別系統として投入された製品でした。その次に発表されたのが、主力製品である「NonStop Cyclone」および「NonStop CLX」へのRISCテクノロジーの採用です。1991年には、大型コンピュータとして初めてRISCチップを搭載した「NonStop Cyclone/R」「NonStop CLX/R」が発表され、業界に大きな衝撃を与えました。

そして、1993年には「NonStop Himalaya(Kシリーズ)」が発表されます。「NonStop Himalaya」は、現在主流となっているOSのマイクロカーネル化を打ち出した製品でした。
 オープンシステムに対応するため、「NonStopカーネル」という核をベースにおき、その上に従来の独自OS「GUARDIAN」のAPIと、業界標準であるPOSIXのAPIをそれぞれかぶせることによって、どちらのソフトウェア資産も継承できるようにしています。さらにその上に、ネットワークやトランザクション、データベースなどの主要なミドルウェアを配置するという、現在のシステムソフトの基本となる形が完全に提供されたOSでした。

さらに、1994年に業界に先駆けた超並列対応のソフトウェア製品として、RDBMS「NonStop SQL/MP」、トランザクションサービス「NonStop TS/MP」、トランザクション・マネージャ「NonStop TM/MP」の3製品を発表しました。
同時に、オープンシステム対応のミドルウェア群を発表しました。トランザクション・モニターとして自社製品「Pathway」のほかに、UNIX市場で定評ある「TUXEDO」やIBMの「CICS」への対応を打ち出したり、データベースでも自社の「NonStop SQL/MP」を核に、マイクロソフト「ODBC」「DDE」、アップルコンピュータ「DAL」、IBI/アシスト社の「IDA/SQL」など多くの標準的なオープン・インタフェースに対応して、「ORACLE」「SYBASE」などと同様のデータベースアクセスを可能にするといった取り組みが行なわれました。


  歴史  
  « 戻る | Part1  Part2  Part3  Part4 | 次へ »  

ご相談窓口

※機器のお見積については、代理店、または弊社営業にご相談下さい。

ショールーム

ショールーム 導入をご検討のお客様へ
業務アプリケーションの継続・標準化・開発性とシステム担当者様、システム開発者様が抱える悩み・疑問に対する解決策実体験して頂けます。

Executive Briefing Center


印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項
フォールト・トレラント・コンピュータの誕生 オープンアーキテクチャへの取り組み パフォーマンスと拡張性を向上するServerNet 新世代HP NonStop サーバーの誕生