Jump to content 日本-日本語
≫  お問い合わせ

サーバー  >  HP Integrity NonStop サーバー 

教えてNonStop
〜システム管理者のお悩み解決〜

第5回:HP NonStopサーバーであらゆるシステムとの連携を実現

HP Integrity NonStop サーバー

アドバンテージ
コンテンツに進む
システム担当者様が抱える悩みを解決!HP NonStopソリューションセミナー開催中!!
教えてNonStop
教えてNonStop
〜システム管理者のお悩み解決〜第5回
システムの連携を助けるHP NonStopサーバー
システムの連携を助けるHP NonStopサーバー
Twitterでフォローする - 日本ヒューレット・パッカード外のウェブサイトへ Twitterでつぶやく

2010年11月
西村 めぐみ

ページ:  戻る | 1 2

システムの連携を助けるHP NonStopサーバー

高橋さん
高橋さん:
今の話だと、HP NonStopサーバーが端末とホストの間に入るFEPとしての役割を果たしていたわけだけれど、ホスト同士の仲介だって当然できる。
清水さん:
へぇ。
清水さん
高橋さん
高橋さん:
高橋さん:たとえば、SNA関係ならなら、SNAX/APN、SNAX/XF、LU6.2アプリケーション開発キットなんかもカバーされているんだ。もちろん標準でね。
HP NonStopサーバーのSNA通信機能
図3:HP NonStopサーバーのSNA通信機能
清水さん:
メインフレームアプリのプロセス間通信も問題ないのか。
清水さん
高橋さん
高橋さん:
とにかく通信プロトコルの種類が豊富なんだ。だから、HP NonStopサーバーはいろんなシステムを繋ぎ込む“ハブシステム”として利用されることもある。多数のデバイス、多数のサーバーの仲介をすることで、かんたんにシステムの相互連携ができるようになるんだ。
清水さん:
システムの構成変更も柔軟にできるようになるね。
清水さん
高橋さん
高橋さん:
その通り。HP NonStopサーバーなら、どんな相手とでも通信できちゃうからね。Windows系のシステムが来たって平気だよ。
清水さん:
なんでもありだな。
清水さん
高橋さん
高橋さん:
対応プロトコルが多いからあらゆるシステムとの連携ができる、ってだけじゃないよ。実装して運用していくには、「拡張性(スケーラビリティ)」と「高可用性(アベイラビリティ)」。これが大事だ。そしてHP NonStopサーバーならどちらも実現されている。
清水さん:
システムとシステムの間にハブとしてHP NonStopサーバーがいるから、安心して運用できるってわけだ。
清水さん
高橋さん
高橋さん:
HP NonStopサーバー自体の処理能力の高さゆえ、だよね。

このページのトップへ戻る

システムの連携を助けるHP NonStopサーバー

清水さん:
HP NonStopサーバーを間に入れれば大丈夫だってわかったよ。ありがとう。
清水さん
高橋さん
高橋さん:
ちょっと待って。HP NonStopサーバーはFEPやハブのような位置でも力を発揮してくれるけど、本来は基幹業務そのものをこなすためのサーバーなんだよ。メインフレームと十分に置き換えられる、それどころか、メインフレームをしのぐ能力だってあるんだ。その拡張性が高さゆえにね。
清水さん:
メインフレームがいらなくなるってこと?
清水さん
高橋さん
高橋さん:
そういうこと。実は、うちもHP NonStopサーバーを通信FEPという位置づけで導入して、それから徐々にメインフレームでやっていた処理をHP NonStopサーバーに置き換えていっているところなんだ。いわゆるMFA(MainFrame Alternative:メインフレーム移行)、ってやつだね。
清水さん:
へぇ。だからこの辺についてくわしかったんだ。
清水さん
高橋さん
高橋さん:
あなんせ通信量は増える一方だし、コンピュータにやらせたい仕事もどんどん増えるけど、メインフレームはそうそう気軽に増やしたりできない。
清水さん:
維持費もばかにならないもんなぁ。
清水さん
高橋さん
高橋さん:
それに、工場や関連会社は海外にも増えているから、24時間いつでも普通に通信ができてないといけない。
清水さん:
夜間のバッチ処理なんて言ってる場合じゃないね。
清水さん
高橋さん
高橋さん:
バッチ処理をしていようと、オンタイムの処理はこなせなきゃならない。日本時間でこの時間はメンテナンス中です、なんて通用しないさ。
清水さん:
そういう意味でもHP NonStopサーバーは最適だったんだ。
清水さん
高橋さん
高橋さん:
そう。うちはまだすべてのリプレースが終わっただけじゃないけど、HP NonStopサーバーを導入してメインフレームを全廃した会社もある(HP Integrity NonStop サーバ採用によりアプリケーション資産の有効活用を実現)。
実は僕も、以前雑誌でこの会社の話を読んで、本気でHP NonStopサーバーに取り組みはじめたんだ。
清水さん:
なんでそのとき教えてくれなかったんだよ!
清水さん
高橋さん
高橋さん:
無茶言うなよ!
清水さん:
MFAかぁ……。いいね。情報システムという観点なら、工場のような資産を抱えてない僕の分野のほうがフットワークが軽いからね。簡単に追いついちゃうかもよ?
清水さん
高橋さん
高橋さん:
なに言ってんだよ。うちだってもうすぐだよ! どんな分野だってね、過去の資産を守りつつ、だけど過去の資産に縛られない柔軟さと拡張性が求められるんだ。堅牢である上で、が大前提だけどね。
清水さん:
そうそう、そこが一番大事だったよな。よし、本気で取り組むぞ。
清水さん
高橋さん
高橋さん:
がんばれよ。また情報交換しようぜ。
このページのトップへ戻る
連載記事一覧 戻る 1 | 2

本ページの内容は執筆時の情報に基づいており、異なる場合があります。

このページのトップへ戻る

ご相談窓口

電話 電話
エンタープライズ向け製品の
ご購入前のご相談
03-5749-8279
09:00-19:00(月曜 - 金曜)
10:00-17:00(土曜)
※日曜、祝祭日、5月1日、年末年始など日本ヒューレットパッカード(株)の休業日を除く
Webからのお問い合わせ Webサイト
各種製品・サービスの
ご購入について

※機器のお見積については、代理店、または弊社営業にご相談下さい。

ショールーム

ショールーム 導入をご検討のお客様へ
業務アプリケーションの継続・標準化・開発性とシステム担当者様、システム開発者様が抱える悩み・疑問に対する解決策実体験して頂けます。

Executive Briefing Center


印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項