Jump to content 日本-日本語

サーバー  >  HP Integrity NonStop サーバー 

教えてNonStop
〜システム管理者のお悩み解決〜

第3回:クラスタ不要!? HP NonStopサーバーで運用コストもダウン

HP Integrity NonStop サーバー

アドバンテージ
コンテンツに進む
システム担当者様が抱える悩みを解決!HP NonStopソリューションセミナー開催中!!
教えてNonStop
教えてNonStop
〜システム管理者のお悩み解決〜第3回
HP NonStopサーバーなら保守・運用がぐっと楽に
HP NonStopサーバーで通常運用もコストダウン
HP NonStopサーバーなら拡張性もばっちり
Twitterでフォローする - 日本ヒューレット・パッカード外のウェブサイトへ Twitterでつぶやく

2010年7月
西村 めぐみ
ページ:  戻る | 1 2

HP NonStopサーバーなら保守・運用がぐっと楽に

木下さん:
なんだか耳慣れないシステムだなぁ。すごそうだけど、僕はUNIXしかわからないから……。
木下さん
山崎さん
山崎さん:
開発ツールや管理ツールの使い勝手はほとんどいっしょだよ。Javaだって使えるし(互換性を維持しつつ、新しい開発環境も取り入れる)。それに、構成もすっきりしているからすぐ把握できるはずだ。管理ツールも HP Systems Insight Manager (SIM) を始め標準のツールが使えるので、他のプラットフォームとの統合管理も簡単。さらに、万が一に備えて、HP のサポートセンターもリモートで常に監視していてくれる。
木下さん:
へぇ。じゃぁそんなに難しくないんだ。
木下さん
山崎さん
山崎さん:
そして、大抵のトラブルはHP NonStopサーバーにとっては“想定内”なんだ。それに、ハードウェアはもちろん、各処理がプロセス単位で二重化されている「プロセスペア技術」という独自のしくみで、どのプロセスがどんなタイミングで異常終了をしても無理なく処理継続(テイクオーバー)できる。だから決して止まらないんだよ(そもそもHP NonStopサーバーって何?)。
木下さん:
でもどこでも切り替えできるような設計になっているんだね。
木下さん
山崎さん
山崎さん:
保守も楽なんだ。なんせ、基本的にはトラブルがあったらそのユニットをガシャンと取り替えるだけでいい。管理ツールを見ていて何か異常があるとわかったら、HPの保守要員が来るのを待っているだけ。その間システムは何の問題もなく動き続けているし、ハードウェアの交換もシステム稼働中に済んでしまうので、リカバリーは特に必要ない。
木下さん:
見て、待っているだけ?
木下さん
山崎さん
山崎さん:
そう。単なる見張りなら別にエキスパートじゃなくたっていい。だってシステムに対しては何もしなくていいんだからね。だから僕は夏休みだってしっかりとれるんだ。
トラブル時も通常の管理ツールで対応可能
図3:トラブル時も通常の管理ツールで対応可能

このページのトップへ戻る

HP NonStopサーバーで通常運用もコストダウン

木下さん:
トラブル対応がそれだけ簡単ってことはさ、普段のメンテナンスなんて楽々なんじゃない?
木下さん
山崎さん
山崎さん:
もちろんだよ。故障したパーツ交換がノンストップでできるんだから、当然、CPUやディスクの増設もノンストップでできる。
木下さん:
運用したまま? つまりその間もシステムへのアクセスはあるんだよね?
木下さん
山崎さん
山崎さん:
そうだよ。イマドキのシステムに止まってていい時間なんてないからね。
木下さん:
ソフトウェアはどうなの? セキュリティパッチはあるでしょ?
木下さん
山崎さん
山崎さん:
セキュリティパッチはあるけど、他のプラットフォームと比べるとセキュリティパッチの頻度がそもそも少ない。また、ウィルスもいまだかつて一度も発見されていないので、管理している身としてはとても安心だよ。(HP NonStopサーバーのセキュリティレベルが高いワケ

それに、ソフトウェアはほとんどが HPから提供されているので、OSをバージョンアップしても、データベースサーバーやミドルウェアは何の変更もなくそのままサポートされる。だから、古いバージョンにしがみついてなきゃいけないなんてこともない。
木下さん:
バージョンアップの追っかけって大変だもんなぁ。各ソフトウェアごとのサポート状況を確認して、アップデートするタイミングを計って手順を考えて、それでもうまくいかなくて頭を抱えて……。
木下さん
山崎さん
山崎さん:
大変だよね。
木下さん:
ほんっとに大変だよ。それでまた、そのための新しい管理ツールなんてのも登場しちゃうんだ。
木下さん
山崎さん
山崎さん:
あはは。僕は管理に関してはずっと標準のHP SIMしか使ってないや。それで充分なんだもの。

このページのトップへ戻る

HP NonStopサーバーなら拡張性もばっちり

山崎さん
山崎さん:
それにしても、木下のところは保守や運用でそれだけ大変なら、拡張性なんて言ってられない、って感じだね。
木下さん:
“不可能ではない”、ってレベルだよね。もちろんトラフィックが増加するのはわかっているから、最初から大きなサーバーを買って、あとはそのサーバーの拡張範囲内でプロセッサを追加してしのいでいる。当然、初期投資額は大きくなるんだよね。
木下さん
山崎さん
山崎さん:
HP NonStopサーバーはそこも違うんだ。HP NonStopサーバーは、拡張性にも定評がある。2プロセッサから4080プロセッサまで1つの環境で対応できるし、大きな箱という考えもなく、ユニットをどんどん追加するだけだから初期投資も抑えられるし、パフォーマンスも追加した分だけ速くなる。
木下さん:
止まらないってだけじゃないんだね。そうは言っても予算がなぁ。やっぱりそんなシステムは高いんじゃない?
木下さん
山崎さん
山崎さん:
昔はずいぶん高かったみたいだけど、最近は標準コンポーネントを使っているからそうでもないよ。クラスタ化したDBサーバーなんて構成と比べたら、かえって安いくらいだ。
木下さん:
そうなんだ。てっきり独自なものを使っているから、ずいぶん高いんだろうなと思ってたよ。
木下さん
山崎さん
山崎さん:
ちなみにね、僕が中途で入ったあとすぐ、会社がちょうどシステムの増強を図ろうとし始めたんだ。それで、HP NonStopサーバーになったら、想像以上に運用が楽だったもんで、管理の人員を減らしちゃったくらいだよ。
木下さん:
ハードも安いし、人員も要らない。トータルではだんぜん安くなりそうだね。運用コストってほんとばかにならないもんなぁ。
木下さん
山崎さん
山崎さん:
クラスタ、クラスタって言うけど、なんのためのクラスタなのかってのを考えないとね。
木下さん:
そうだよなぁ。必要なのは、止まらないっていう“高可用性(アベイラビリティ)”と、使い勝手はそのままで規模を柔軟に変えることができる“拡張性(スケーラビリティ)”、だもんね。HP NonStopサーバーはどっちも実現できているってことか。
木下さん
山崎さん
山崎さん:
その通り。論より証拠、「HP NonStopサーバーを導入してから10年間無停止でずっと動いていますよ」っていう会社もめずらしくないんだよ(Celebrating 35 Years of NonStop Innovation米国のサイトへ)。
木下さん:
ちょっと本気で検討してみるよ。僕も旅行くらい行きたいし。
木下さん
山崎さん
山崎さん:
同期のやつら誘ってどっか行こうよ。お前んところでチケット買うからさ。
このページのトップへ戻る
連載記事一覧 戻る 1 | 2

本ページの内容は執筆時の情報に基づいており、異なる場合があります。

このページのトップへ戻る

ご相談窓口

※機器のお見積については、代理店、または弊社営業にご相談下さい。

ショールーム

ショールーム 導入をご検討のお客様へ
業務アプリケーションの継続・標準化・開発性とシステム担当者様、システム開発者様が抱える悩み・疑問に対する解決策実体験して頂けます。

Executive Briefing Center


印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項