Jump to content 日本-日本語

サーバー  >  HP Integrity NonStop サーバー 

教えてNonStop
〜システム管理者のお悩み解決〜

第1回:HP NonStopサーバーならセキュリティも万全

HP Integrity NonStop サーバー

アドバンテージ
コンテンツに進む
システム担当者様が抱える悩みを解決!HP NonStopソリューションセミナー開催中!!
教えてNonStop
ある全国展開している食品スーパーマーケットに勤務する鈴木さん(36歳)は、現在、即時配達と各地の名産品取り寄せに対応するネットオーダーシステムを企画しています。どんな商品を扱うか、どの地域から始めるか、どう広告展開していくか……プランが徐々に進んで行く中、はたと気がつきました。このようなオーダーシステムを支えるためには、どんなサーバーシステムが必要なのでしょうか?

まずは勉強。大学時代の同期で、現在はSIをやっている岡田さんに相談を持ちかけてみました。
教えてNonStop 〜システム管理者のお悩み解決〜第1回
「セキュリティが命綱」な業界を支えるHP NonStopサーバー
互換性を維持しつつ、新しい開発環境も取り入れる
HP NonStopサーバーのアーキテクチャーはここが違う
Twitterでフォローする - 日本ヒューレット・パッカード外のウェブサイトへ Twitterでつぶやく

2010年3月
西村 めぐみ

ページ: 1 2 3 | 次へ

「セキュリティが命綱」な業界を支えるHP NonStopサーバー

鈴木さん
鈴木さん:
今度、新しい販売システムを全国規模で展開しようと思っていてね。だけどいろいろ不安があるんだ。
岡田さん:
たとえばどんな?
岡田さん
鈴木さん
鈴木さん:
一番はやっぱりセキュリティだよね。お客様の個人情報を預かるわけだし。
岡田さん:
そりゃそうだよね。ネットはもちろんテレビでもセキュリティ関連のニュースにはことかかない。じゃぁ候補の1つとして、HP NonStopサーバーってのを紹介しよう。
岡田さん
鈴木さん
鈴木さん:
HP NonStopサーバー?
岡田さん:
HP NonStopサーバーってのは、その名の通り“24時間365日連続稼働の実現”をコンセプトに作られたサーバーなんだ。そしてこいつは、ただ止まらないってだけじゃない、セキュリティにものすごく力が入っている、ちょっと特別なシステムなんだよ。
岡田さん
鈴木さん
鈴木さん:
あまり聞き慣れない名前だけど、いったいどんなところで使われてるの?
HP NonStopサーバーは、金融や流通を中心とした、ミッションクリティカルな業務で使われています。近年では、医療や情報通信の分野にも利用が広がってきています。
  • 500以上の金融サービス(世界中で行われている電子決済ネットワークの75%)
  • 64の証券・商品取引所(世界中の証券取引所利の60%以上)
  • 135の通信会社(AT & T、British Telecom、NTTで採用)
  • 200以上の病院およびヘルスケア
  • 政府機関(国防省、連邦危機管理局、警察・消防の911緊急電話の50%)
  • 旅行業、レジャー(Sabre、U.S.Posral Service、JALで採用)
  • 450以上の製造業(Copperweld、Mercedes、Porsche、Peugeotなど)
  • 400以上のデパート、小売り、卸業
鈴木さん
鈴木さん:
なるほど。金融サービス、証券取引、政府機関、病院、通信会社。どれもこれもセキュリティが命綱だね。
 
岡田さん:
その通り。もちろん、今日びセキュリティを考えていないサーバーOSなんてないよ。でも、どんなシステムでも出自ってのが案外出てくるものなんだ。
たとえば Linuxは、そもそもは個人が趣味で作ったデスクトップパソコン用のOSだ。そのときは企業が業務用に使うことなんて想定されていなかったので、セキュリティは後付けで機能強化されてきたものだよね。設計の根本は簡単に変えられないので、後付けで考えると無理して対応することになる。だからどうしても穴ができてしまう。
岡田さん
鈴木さん
鈴木さん:
そうだね。確かに僕も Linux を最初に使ったのは自宅のPCだったな……。
岡田さん:
その点、HP NonStopサーバーってのは、誕生の瞬間から、とにかく安全に、とにかく止まらない、そのためにはどうしたらよいかを第一に考えて開発されているシステムなんだ。データベースシステムのような、OSの次にシステムの根幹をなすようなソフトウェアも全部自前でカバーしている。
岡田さん
鈴木さん
鈴木さん:
そういうのってなんとなく古いイメージがあるんだけど……。
岡田さん:
必要なものをすべて1社で提供する、ってのも1つの道として当然アリだ。要はどっちを重視するかってこと。“安全”を主眼に置いた場合、ハードウェアやソフトウェアそれぞれのつなぎの部分を本当に細かい部分まで理解しながら、それぞれの部分を調整できるほうが有利なんだ。そうはいっても、昔のように独自ハードウェアで非常に高価なシステムにならないように、最近のモデルは個々のハードウェアは汎用製品を利用しているから安くなっているんだよ。たとえばCPUはIntel® Itanium® プロセッサーを使ってるし、他の最新のHPサーバー製品とコンポーネントを流用しながら、信頼性を確保しつつコストを下げている。はやりのブレードサーバーもサポートしているよ。
岡田さん

このページのトップへ戻る
連載記事一覧 戻る 1 | 2 | 3
次へ

本ページの内容は執筆時の情報に基づいており、異なる場合があります。

このページのトップへ戻る

ご相談窓口

※機器のお見積については、代理店、または弊社営業にご相談下さい。

ショールーム

ショールーム 導入をご検討のお客様へ
業務アプリケーションの継続・標準化・開発性とシステム担当者様、システム開発者様が抱える悩み・疑問に対する解決策実体験して頂けます。

Executive Briefing Center


印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項