Jump to content 日本-日本語

サーバー  >  HP Integrity NonStop サーバー 

教えてNonStop
〜システム管理者のお悩み解決〜

第1回:HP NonStopサーバーならセキュリティも万全

HP Integrity NonStop サーバー

アドバンテージ
コンテンツに進む
システム担当者様が抱える悩みを解決!HP NonStopソリューションセミナー開催中!!
教えてNonStop
ある全国展開している食品スーパーマーケットに勤務する鈴木さん(36歳)は、現在、即時配達と各地の名産品取り寄せに対応するネットオーダーシステムを企画しています。どんな商品を扱うか、どの地域から始めるか、どう広告展開していくか……プランが徐々に進んで行く中、はたと気がつきました。このようなオーダーシステムを支えるためには、どんなサーバーシステムが必要なのでしょうか?

HP NonStopサーバーにはセキュリティホールが無く、色々なソフトウェア群もある。他のシステムとどこが違うかを見ていきましょう。
教えてNonStop 〜システム管理者のお悩み解決〜第1回
「セキュリティが命綱」な業界を支えるHP NonStopサーバー
互換性を維持しつつ、新しい開発環境も取り入れる
HP NonStopサーバーのアーキテクチャーはここが違う
Twitterでフォローする - 日本ヒューレット・パッカード外のウェブサイトへ Twitterでつぶやく

2010年3月
西村 めぐみ

ページ:  戻る | 1 2 3

HP NonStopサーバーのアーキテクチャーはここが違う

岡田さん:
もう1つ、これが一番大きいんだけど、HP NonStopサーバーではそれぞれのCPUごとにOSが動いている上、それぞれのプロセスがデバイスドライバのレベルまで、完全に分離したメモリ空間で動いているんだ。そして、プロセス間の通信はすべてメッセージで行う。だから、万が一悪意のあるプログラムがどこかに侵入したとしても、そこから外へ出て行くことができない。
岡田さん
鈴木さん
鈴木さん:
どういうこと?
岡田さん:
たとえば、TCP/IPの脆弱性を突いたプログラムがあったとする。多くのOSでは、そこを足がかりにしてシステムが破壊されたり乗っ取られてしまったりするよね。だけど、HP NonStopサーバーの場合はそれができない。他のOSだとドライバとして実行されている機能も、HP NonStopサーバーではそれらもプロセスのひとつだから、そのプロセスを乗っ取ったところで、他に影響を与えることができないんだ。
岡田さん
NonStopとLinuxのアーキテクチャー比較
図2:NonStopとLinuxのアーキテクチャー比較

NonStopとLinuxのアーキテクチャー比較
ドライバーは OS カーネルの一部分であり、全メモリにアクセス可能なため、ディスク I/O キャッシュのの傍聴、悪意のあるモジュールの埋め込み、などの攻撃を受ける可能性がある。 ドライバーはカーネルとは別のプロセスとして稼働しているため、そのプロセスで利用しているメモリ領域にしかアクセスできない。
鈴木さん
鈴木さん:
ウィルス等の感染例がないって言うけど、利用者が少ないから狙われないって要素もあるんじゃないの? ちょっと意地悪な言い方かもしれないけどさ。
岡田さん:
確かにその通り。稼働台数だけで言えば、HP NonStopサーバーは他のサーバーより断然少ない。だってHP NonStopサーバーが圧倒的なシェアを誇っているのは金融、証券などのミッションクリティカルな分野において、だからね。部門サーバーとしてオフィスの片隅に置いてある、大学の研究室にもある、場合によっちゃ個人宅にもある、そういうサーバーと比べれば、HP NonStopサーバーの利用者は格段に少ないよね。
岡田さん
鈴木さん
鈴木さん:
そりゃそうか。台数が多いってのはつまりそういうことだもんね。Windowsマシンが多いのと一緒だ。
岡田さん:
そう。悪意を持った人がウィルスを作れる環境を簡単に用意できない、ということもセキュリティには重要なんだ。それに、HP NonStop サーバーは細かいアーキテクチャーや内部のソースコードが公開されていない。徹頭徹尾守られたシステムなんだよ。
岡田さん

このページのトップへ戻る

セキュリティ対策基準PCI DSSにもばっちり対応

岡田さん:
セキュリティといえば「PCI DSS」って知ってる?
岡田さん
鈴木さん
鈴木さん:
聞いたことがあるよ。クレジットカードのセキュリティ基準だろ? うちの販売システムもクレジットカードを使うから考えなくちゃいけないなぁ。
岡田さん:
PCI DSSは確かにクレジットカード業界から提言されたセキュリティ基準だけど、情報セキュリティに対する具体的な内容を示しているので、クレジットカードに限らずシステムのセキュリティ対策を考える上でも便利なんだよ。
岡田さん
鈴木さん
鈴木さん:
なるほどね。だから話題にのぼるんだ。
岡田さん:
PCI DSSの要件は運用面での要件も多いから、ソフトウェアだけですべてカバーできるものじゃない。運用とセキュリティ製品の組み合わせで実現させるものだけど、HP NonStopサーバーにももちろん必要な製品はそろっているよ。
岡田さん
鈴木さん
鈴木さん:
今日はいろいろ勉強になったよ、ありがとう。うちのシステム担当に推薦してみるよ。費用面や、どうやって拡張していくかって話を改めて聞かせてもらうかもしれない。そのときはよろしく頼むよ。
岡田さん:
OK。実際に使うとなると、拡張性や管理コストなんてのも大切だもんね。最近の HP NonStop サーバーは、コストもずいぶん安くなっているから一度検討してみる価値はあるんじゃないかな。いつでも相談にのるよ。
岡田さん
連載記事一覧 戻る 1 | 2 | 3

本ページの内容は執筆時の情報に基づいており、異なる場合があります。

このページのトップへ戻る

ご相談窓口

電話 電話
エンタープライズ向け製品の
ご購入前のご相談
03-5749-8279
09:00-19:00(月曜 - 金曜)
10:00-17:00(土曜)
※日曜、祝祭日、5月1日、年末年始など日本ヒューレットパッカード(株)の休業日を除く
Webからのお問い合わせ Webサイト
各種製品・サービスの
ご購入について

※機器のお見積については、代理店、または弊社営業にご相談下さい。

ショールーム

ショールーム 導入をご検討のお客様へ
業務アプリケーションの継続・標準化・開発性とシステム担当者様、システム開発者様が抱える悩み・疑問に対する解決策実体験して頂けます。

Executive Briefing Center


印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項