Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫  お問い合わせ

サーバー  >  HP Integrity NonStop サーバー 

教えてNonStop
〜システム管理者のお悩み解決〜

第1回:HP NonStopサーバーならセキュリティも万全

HP Integrity NonStop サーバー

アドバンテージ
コンテンツに進む
システム担当者様が抱える悩みを解決!HP NonStopソリューションセミナー開催中!!
教えてNonStop
ある全国展開している食品スーパーマーケットに勤務する鈴木さん(36歳)は、現在、即時配達と各地の名産品取り寄せに対応するネットオーダーシステムを企画しています。どんな商品を扱うか、どの地域から始めるか、どう広告展開していくか……プランが徐々に進んで行く中、はたと気がつきました。このようなオーダーシステムを支えるためには、どんなサーバーシステムが必要なのでしょうか?

岡田さんから紹介されたHP NonStopサーバーですが、鈴木さんはまだまだ不安がいっぱいです。引き続き開発環境について質問します。
教えてNonStop 〜システム管理者のお悩み解決〜第1回
「セキュリティが命綱」な業界を支えるHP NonStopサーバー
互換性を維持しつつ、新しい開発環境も取り入れる
HP NonStopサーバーのアーキテクチャーはここが違う
Twitterでフォローする - 日本ヒューレット・パッカード外のウェブサイトへ Twitterでつぶやく

2010年3月
西村 めぐみ

ページ:  戻る | 1 2 3 | 次へ

互換性を維持しつつ、新しい開発環境も取り入れる

鈴木さん
鈴木さん:
なるほど。セキュリティが命綱のシステムで利用されることを前提に設計されたシステムだから、安心感も高いし、実はコンポーネントとしては最新のものが使われているんだね。ところで、そういう一部の領域に特化したシステムと聞くと、なんとなく先々が不安になったりするけど、そのへんは大丈夫なんだね?
岡田さん:
大丈夫。HP NonStopサーバーは30年以上の実績がある。もちろんその間にハードウェアの変遷はあるけれど、設計思想は一貫して変わっていないし、ソフトウェア動作環境の互換性も保たれているよ。その上で新しいソフトウェア開発の技術も取り入れられているから、これから開発するアプリケーションは、Javaなどのおなじみの環境が使えるんだ。
岡田さん
世代を超えて互換性が維持されているのもHP NonStopサーバーの特徴です。アーキテクチャーやOSが変わってもオブジェクト互換が保たれており、多くの企業で同じアプリケーションを10年以上継続使用、中には20年以上稼働しているシステムも存在します。

世代を超えて互換性を維持するHP NonStopサーバー
図1:世代を超えて互換性を維持するHP NonStopサーバー
[拡大画像を表示] このリンクをクリックすると、新しいウィンドウが開きます

最新のNonStop OSでは、EclipseおよびMicrosoft Visual Studioのクロス開発環境があるほか、C/C++、COBOL、Javaといった通常の言語で、ANSIやPOSIX標準のAPIを使用すればNonStop OSの機能が使えるようになっています。なお、OSの操作環境としてはUNIX/Linux互換インターフェイスを備えています(⇒UNIX/Linux互換インターフェイスのサポート)。

NonStop OSで使える開発環境
  • Eclipse、Microsoft Visual Studio .NETのクロス開発環境(PCによるコーディングとコンパイルが可能)
  • HP C/C++ Compiler(ANSI 準拠コンパイラ)
  • HP COBOL Compiler(ANSI 準拠コンパイラ)
  • HP NonStop SQL (ANSI準拠 RDBMS)
鈴木さん
鈴木さん:
なるほど、表面上の特殊性はあまりないんだね。開発も普通にできるんだ。
岡田さん:
その通り。クロスプラットフォームだから、何なら手元のパソコンで開発したっていいんだよ。
岡田さん

このページのトップへ戻る

HP NonStopサーバーのセキュリティレベルが高いワケ

鈴木さん
鈴木さん:
じゃぁ、具体的にセキュリティ関係について聞かせてよ。一体どんなところが特徴的なの?
岡田さん:
その前にHP NonStopサーバーが持つ“止まらなさ”を知ったほうがいいね。
岡田さん
鈴木さん
鈴木さん:
え? “止まらなさ”?
岡田さん:
別の言い方をすれば稼働率だよ。システムが平均でどのくらい止めずに連続稼働できたかを示す数字さ。これは、第三者の調査機関が実際の顧客システムの実績調査から計算した数字なんだけど、99.999%を維持できていたのは実はHP NonStopサーバーだけだったんだ。
岡田さん
鈴木さん
鈴木さん:
99.999%? 9が5つ並んでるってこと? それってすごいことなの?
岡田さん:
もちろん! 並みや大抵できることじゃあないよ。年間で計算すると停止時間は約5分程度になるからね。
岡田さん
鈴木さん
鈴木さん:
へえー、それはすごいな。でもそれがセキュリティとどう関係するの?
岡田さん:
たとえば、何か問題があってパッチをあてたとする。そしてそれを有効にするためには、少なくともどこかの箇所は再起動しなければならないよね。もしそんなふうに再起動させることがしょっちゅうあったとしたら、とても99.999%は実現できないんだよ。
岡田さん
鈴木さん
鈴木さん:
そうか! 見方を変えると、その数字にはそんな意味もあるんだ!
岡田さん:
そうなんだ。まあそもそもの話として、HP NonStopサーバーの場合、ウィルスの事例もないし、セキュリティパッチのようなものが出る幕もほとんどないんだけどね。
岡田さん
鈴木さん
鈴木さん:
どうして? セキュリティホールってのは日々見つかるものでしょ?
岡田さん:
セキュリティホールというのは、得てしてソフトウェア同士を組み合わせている部分にあったり、逆に、メモリなどを共有している箇所が悪用されたりすることでできてしまったりするものなんだ。HP NonStopサーバーにはその両方がない。
岡田さん
鈴木さん
鈴木さん:
え? 業務ではネットワークやデータベースシステムを扱うんだから、いろいろなソフトを組み合わせるという点は、HP NonStopサーバーだって他のシステムと一緒だよね?
岡田さん:
HP NonStopサーバーは専用のハードウェアに専用のOSが乗っているって話したよね。NonStop環境では、さらに、リレーショナルデータベース「NonStop SQL/MX」や、Webサーバー「iTP WebServer」、Sun Java完全互換の「HP NonStop Server for Java」など、システムの根幹をなすソフトウェア群もHP NonStopサーバー用に開発されているんだ(⇒NonStop ソフトウェア)。だから、くっついているべきところは最初からくっついているし、分離されているべきところはきっちり分離されている。綻びができないようになっているんだよ。
岡田さん
鈴木さん
鈴木さん:
ふむ。そんなものかな。
連載記事一覧 戻る 1 | 2 | 3 次へ

本ページの内容は執筆時の情報に基づいており、異なる場合があります。

このページのトップへ戻る

ご相談窓口

電話 電話
エンタープライズ向け製品の
ご購入前のご相談
03-5749-8279
09:00-19:00(月曜 - 金曜)
10:00-17:00(土曜)
※日曜、祝祭日、5月1日、年末年始など日本ヒューレットパッカード(株)の休業日を除く
Webからのお問い合わせ Webサイト
各種製品・サービスの
ご購入について

※機器のお見積については、代理店、または弊社営業にご相談下さい。

ショールーム

ショールーム 導入をご検討のお客様へ
業務アプリケーションの継続・標準化・開発性とシステム担当者様、システム開発者様が抱える悩み・疑問に対する解決策実体験して頂けます。

Executive Briefing Center


印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡