Jump to content
日本-日本語

サーバー & システム

 お問い合わせ

良品廉価のパンを食卓に届けるために

東日本大震災後の対応と流通BMS
Content starts here
良品廉価のパンを食卓に届けるために 東日本大震災後の対応と流通BMS

「真に価値ある製品と真に価値あるサービスの提供」という企業理念のもと、日本全国に27拠点の生産工場と、約10万の店舗、そしてそれを結ぶ独自の配送システムを持つ山崎製パン様。

2011年3月11日の東日本大震災の際は、仙台工場をはじめ工場や店舗に大きな被害を受けました。さらに原料の調達、計画停電や物流障害と震災後の緊急事態が続く中、食品企業としての使命として被災地への緊急食糧支援を実施。

こうした事態に対応した受発注業務を一元管理するシステムと、震災後の対応について、山崎製パン様に伺いました。

5Sの業務改善と、ドラッカー5つの質問
震災時に対応した受発注管理
震災後の改善と流通BMSと、将来の流通像




関連情報