Jump to content
日本-日本語

サーバー & システム

 製品 
 サポート 
 ソリューション 

エンタープライズサーバー・ストレージ・ネットワーク製品事業戦略説明会を開催

2012年1月10日(火)、「2012年 日本ヒューレット・パッカードエンタープライズサーバー・ストレージ・ネットワーク製品事業戦略説明会」を開催致しました。

Content starts here
ICT(Information and Communication Technology)利用は、企業の生産性向上から人の生活の向上へと変遷し、次は豊かな社会の実現に向けてその目的が変化しており、今後迎える「超高齢化社会」、「エネルギー問題」、「安全・安心」といった日本の課題を解決する“FUTURE CITY”の実現を加速していきます。斬新なイノベーションのサーバー製品開発を始め、HP Storageの業界をリードするコンバージドストレージポートフォリオ、HP Networkingのネットワークのすべてをカバーするポートフォリオに加え、シスコでは30必要な管理ソフトを1つにまとめることができる優れた管理性、これらのイノベーションで、日本の課題の解決に貢献し、営業力強化、パートナー連携強化、サービス強化をしていきます。

市場予測を打破する、2012年HPサーバー製品施策

1.斬新なイノベーションで、ITを駆使した新たなビジネスを創造

  • 超低消費電力のハイパースケールコンピューティングを実現する“Project Moonshot”
  • ミッションクリティカルインフラをx86分野にも拡大する“Project Odyssey”

2.スペックの提供から、顧客体験の提供へ

  • 単なるスペックを提供する製品から、これまで想像もしなかった「体験」を提供する製品群を用意

3.ITの新たな活用方法を模索する、コミュニケーション施策

  • 「データベース改革推進アライアンス」の継続
  • PartnerONE(ESSNパートナープログラム)のプラチナパートナーを拡大
  • お客様間の異業種交流をご支援していく「ユーザーフォーラムビレッジ構想」

超低消費電力のハイパースケールコンピューティングを実現する“Project Moonshot”

“Project Moonshot”は、「Shared Everything Architecture」といった設計思想に基づいた超低電力/省スペースサーバーの開発計画です。Intel Atomなどの超低消費電力プロセッサーの採用を想定しており、消費電力は約6ワットの手のひらサイズの1つのモジュール上にサーバー機能を4ノード実装し、1シャーシ当たりでは288ノード、1ラック当たりでは2880ノードを収納できる超高密度サーバーの実現を目指しています。既存のx86サーバーと比較し、消費電力で89%、スペースで94%、導入コストで63%、ケーブルで97%の大幅な消費電力や設置スペース、コストの削減を可能にします。

ミッションクリティカルインフラをx86分野にも拡大する“Project Odyssey”

“Project Odyssey”は、これまでメインフレームやUNIXサーバーが担っていたミッションクリティカルな技術をx86サーバーにまで拡大する計画です。今後、様々な業種・業態の変化により、ミッションクリティカル性が求められるシステムは拡大していきます。HP IntegrityサーバーとHP-UXで培った技術を、WindowsやLinuxが動作するx86サーバーに移植していきます。これにより、Superdome 2のラック上にUNIXとx86サーバーを混在させることが可能になります。

お問い合わせ

日本ヒューレット・パッカード担当営業、または日本ヒューレット・パッカードパートナー企業の担当者にお問い合わせください。担当者が不明の場合はHP カスタマー・インフォメーションセンターまでお問い合わせください。