「まるで、仮想マシンの自動販売機だ!」――HPEが新たに投入したHPE Hyper Converged 380 Systemは、ハイパーコンバージド製品の本命とも言える仕上がりとなった。ハイパーコンバージドならではの優れた俊敏性・コスト効率・運用管理性に加え、ユーザー企業固有の要件や多様な環境の統合に対応できる「より選択肢の多い柔軟なハードウェア構成」を可能にしたことが大きな特長だ。最新モデルの紹介を中心に、「ハイパーコンバージド最前線」シリーズ第3回をお届けしよう。

日本ヒューレット・パッカード株式会社
サーバー事業統括本部
サーバー製品統括本部
コンバージド・データセンター製品部
尾崎亨

日本ヒューレット・パッカード株式会社
サーバー事業統括本部
サーバー製品統括本部
コンバージド・データセンター製品部
梁瀬東子

ハイパーコンバージド製品の「本命」がやってきた

――新しいハイパーコンバージド製品を投入した狙いを聞かせてください。

(梁瀬) HPEは、2015年3月に最初のハイパーコンバージド製品を出荷しました。2Uに4サーバーノードを収容する「HPE Hyper Converged 250 System」は、主力製品としてすでに多くのお客様に導入いただいています。実際に運用を経験したお客様からは、「仮想化基盤をシンプルに構築できるところがいいね」「もっと幅広い用途で使ってみたい」という評価をお聞きします。一方で、採用範囲が広がるにつれて「もっと拡張性が欲しい」「もっとオプションが選べるといいね」といったご要望も増えてきました。

◎用途に応じてコア数の多い / クロックの高いCPUを選びたい
◎200Vだけではなく100V電源環境でも稼働したい
◎ネットワークやストレージにもっと選択肢が欲しい

2016年4月に発表した「HPE Hyper Converged 380 System」は、まさにこうしたお客様の期待にお応えするハイパーコンバージド製品です。世界で最も多くの台数を出荷している2Uラックマウント型サーバー「HPE ProLiant DL380 Gen9」をベースモデルに採用し、ハイパーコンバージドならではの優れた俊敏性・コスト効率・運用管理性をそのままに、より選択肢の多い柔軟なハードウェア構成を可能にしました。



(尾崎) せっかく「統合基盤」を構築したのに、要件を満たせず統合できないシステムを生んでしまっては意味がありません。そこで私たちは、2U / 2ソケットサーバーのキャパシティを活かし、十分な拡張性を確保した上で多様なオプション構成を可能にしました。CPUは、インテル® Xeon® プロセッサー E5 v3ファミリーの6コアから18コアまで16モデルからお選びいただけます。VDI環境向けにGPUアクセラレータを追加することも可能です。HPE Hyper Converged 380 Systemは、企業内のあらゆるシステムを統合可能な「懐の深い製品」として完成されています。

(梁瀬) HPE Hyper Converged 380 Systemでは、「仮想化」「クラウド」「VDI」という3つのワークロードに最適なモデルを、構成済み・検証済みの構成でご用意しました。これにより、より柔軟なオプション構成が可能というメリットを活かしながら、お客様の用途に合わせて最も高いパフォーマンスと投資対効果を実現するモデルをお選びいただけます。

キャッチフレーズは「仮想マシンの自動販売機」

――HPE Hyper Converged 380 Systemの使い勝手についてお聞かせください。

(梁瀬) サイジングや構築にかかる期間を大幅に短縮し、迅速に仮想マシンをセットアップし、スケールアウトによる拡張が可能なことは、ハイパーコンバージド製品ならではのメリットです。HPE Hyper Converged 380 Systemは、このビジネスアジリティ(俊敏性)をさらに加速させます。

HPE Hyper Converged 380 Systemでは、「5クリックで仮想マシンをデプロイ」し、稼働中のシステムにおいて「15分でストレージ容量の拡張」が可能です。さらに、「3クリックでサービスを中断させることなくファームウェアやドライバーを更新」することもできます。

ハイパーコンバージド製品は、ソフトウェア・デファインド・ストレージの採用によってハードウェア環境をシンプル化しました。HPE Hyper Converged 380 Systemではさらに進めて、運用管理にかかる操作性やユーザー体験を、よりシンプルで使い勝手の良いものに進化させています。

これを実現するのが、新しいマネージメントインターフェース「HPE OneView HC UX」です。誰でも直感的に扱えるGUIを使って、システム全体のリソース使用状況を把握し、仮想マシンのプロビジョニングを数クリックで行い、パフォーマンスとサービス品質を最適に維持することができます。

(尾崎) 私たちは「仮想マシンの自動販売機」という言葉で表現しているのですが、HPE OneView HC UXでは、プリセットされた設定ボタンから選ぶだけで、仮想マシンのデプロイや削除、再設定などを数分・数秒単位で行えます。バックグラウンドでは自動化されたプロセスが動いていますが、ユーザーや管理者にそれを意識させることはありません。



(梁瀬) 「HPE OneView HC UX」は、100〜数100規模以上の仮想マシンを運用するような環境で威力を発揮します。仮想CPU/メモリ/ストレージ容量を事前に定義しておくことで、「自動販売機のボタンを選ぶだけ」で、スモール/ミディアム/ラージといった仮想マシンを自動的に生成することができます。ITインフラ管理者は、リソース使用状況やパフォーマンスを俯瞰的に把握しながら、必要に応じて最小限の操作で、リソースの割り当て変更を行えます。もちろん、従来どおりVMware vSphere Web Client/HPE OneView for vCenterによる管理も可能ですのでご安心ください。

このシンプルで使いやすいユーザーインターフェースは、「Grommet」と呼ばれるGUI標準化プロジェクトの指針に基づいて設計されたものです。HPEはISVパートナーとも協力して、直感的な把握や操作が可能なこのGUIの採用を広く進めていく考えです。



仮想マシン単位でのリソース使用状況、ストレージIOPSのトレンド、ファームウェアアップデートの各画面

ハイパーコンバージド製品をどう選ぶべきか

――ハイパーコンバージド製品を選択するにあたり、留意すべきポイントは何でしょう。

(梁瀬) ある調査では、ハイパーコンバージド市場は2019年までに50億ドル規模に拡大すると報告されています。2014年時点で4億ドルに達していなかった市場ですから、驚くべき急成長と言えるでしょう。日本でもお客様の関心は急速に高まっており、サーバーとSANストレージを組み合わせた従来型システムと、ハイパーコンバージド製品を比較検討されるケースが増えています。どのお客様も、従来型システムを上回る俊敏性・コスト効率・運用管理性を期待されていますが、期待通りの成果を手に入れるにはいくつかのポイントをクリアする必要があります。

◎「サイロ化させない」:既存ITインフラと統合的な運用管理が可能なこと
◎「例外システムをつくらない」:多様なシステムを広範に統合可能なこと
◎「ハイブリッド・インフラ」:自社のITインフラロードマップに沿っていること



(尾崎) ハイパーコンバージド製品を導入してITインフラのシンプル化を着実に進め、複雑化やサイロに逆戻りさせないためには、既存の環境と統合的に運用できるかを見極める必要があります。また、最新機能は魅力的ですが、そもそも統合できるシステムが限られてしまっては本末転倒。実用性・実効性の高い機能を本番環境で使えることの方がはるかに重要です。

私たちは、「ITインフラ全体をいかに最適化するか」という視点が最も重要だと考えています。自社のITインフラのあるべき姿を描き、ロードマップに沿って着実にステージを高めていくアプローチが求められます。これに逆行するサイロ化やベンダーロックインは避けなければなりません。

(梁瀬) HPE Hyper Converged 380 Systemは、世界標準のx86サーバー「HPE ProLiant DL380 Gen9」をベースモデルに採用したハイパーコンバージド製品です。業界で最も完成度の高いハードウェアをプラットフォームとし、200万ライセンスの実績を持つソフトウェア・デファインド・ストレージ「HPE StoreVirtual VSA」を統合しています。お客様、販売パートナー様からは、「安心感が違う」とご評価いただいています。

ハードウェアRAIDの採用、高信頼のSAS HDDを選べることは、運用段階での信頼性を底上げしています。HPE iLOマネジメントエンジンが提供する「自働サーバー」としてのメリットも、そのままHPEハイパーコンバージド製品の優位性につながっています。さらに、何らかの問題が発生したときに、原因がハードウェアなのか、ハイパーバイザーなのか、SDSなのか、ネットワークなのかに限らずHPEがワンストップでサポートできることも、「安心感が違う」とご評価いただける理由になっています。

企業の成長を支えるハイブリッド・インフラへ

――企業はハイパーコンバージドのトレンドをどのように捉えるべきでしょうか。

(尾崎) 「仮想化」「クラウド」「VDI」に特化したハイパーコンバージド製品に、より多くのワークロードをまとめていくことで、複雑化した従来のITインフラのシンプル化は一気に前進します。ハイパーコンバージドの主役が出揃った今こそ、理想的なハイブリッド・インフラ/ソフトウェア・デファインド・インフラへの移行に備える絶好のタイミングではないでしょうか。HPEのハイパーコンバージド製品は、お客様のITインフラロードマップの重要なステージを担うことができると確信しています。

(梁瀬) HPE Hyper Converged 380 Systemをご紹介すると、「このスペックを待っていた」「HPE ProLiant DL380 Gen9ベースというのが安心」という反応をいただけます。市場の盛り上がりを実感する毎日です。ハイパーコンバージドは、ニッチな製品、一過性のトレンドではないことは明らかです。HPE Hyper Converged 380 Systemは、お客様に安心してお使いいただけるハイパーコンバージドインフラとして、優れた投資対効果をお約束できる製品に仕上がりました。自信を持ってお勧めします。

本ページは、PDFでも閲覧頂けます。 PDF (1.76MB)

ご購入を検討中のお客様に読んで頂きたい資料

ハイパーコンバージドインフラに関するホワイトペーパーライブラリーはこちらから

お問合わせ窓口

上記に関する詳細情報、およびご購入の際は弊社販売店、または各種サポートまでお問い合わせください。

電話

カスタマーインフォメーションセンター

0120-268-186 または 03-5749-8279

受付時間:月曜日〜金曜日 9:00〜19:00(土曜日、日曜日、祝日、年末年始、および5月1日 お休み)

※ご購入後のお問い合わせは、お手元の保証書内保証規定に記載の電話番号へお問い合わせください。


Brought to you by HPE and Intel
Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Intel Atom、Intel Atom Inside、Intel Core、Core Inside、Intel vPro、vPro Inside、Celeron、Celeron Inside、Itanium、Itanium Inside、Pentium、Pentium Inside、Xeon、Xeon Phi、Xeon Inside、Ultrabook は、アメリカ合衆国および/またはその他の国における Intel Corporation の商標です。