Jump to content 日本-日本語

サーバー  >  HP Integrity NonStop サーバー   >  お客様事例  

グループ統合EDIの構築と「流通BMS」への対応

山崎製パン株式会社

HP Integrity NonStop サーバー

アドバンテージ
コンテンツに進む

EDIシステムを支え続ける高信頼性

パンや菓子類を中心とするバラエティ豊かな食品事業と、「デイリーヤマザキ」「ヴィ・ド・フランス」など独自のグループ店舗網を展開する山崎製パン株式会社では、受発注業務を本社で一元管理する「EDI統合システム」をHP Integrity NonStopサーバー上で運用している。山崎製パンでは、現在26か所の工場で生産される1日1,800万個もの商品を全国各地の販売店に配送しており、そのオーダー処理はリアルタイムで行われる。
お客様背景
ソリューション
効果と今後の展望
会社概要
PDF(1.12MB)
山崎製パン株式会社

目的

アプローチ

グループ各社EDI (Electronic Data Interchange)システムの統合
流通BMS (Business Message Standard)などの次世代EDIへの対応
外部接続システムの更なる高信頼化
HP Integrity NonStop NS16200の採用
疎結合アーキテクチャの単一システムによる統合
EDIパッケージのバージョンアップ

導入効果

ビジネスの効果

EDIシステムの更なる高信頼化
複数EDIシステムの統合を可能にした拡張性
次世代EDIへの柔軟な対応が可能に
EDIシステムのグループ統合化によるコスト削減
グループ間取引における業務効率向上
流通BMSなど次世代EDIへの早期対応の実現

お客様背景

山崎製パン株式会社 計算センター 室長 石毛 幾雄 氏
山崎製パン株式会社
計算センター
室長 石毛 幾雄 氏
この「EDI統合システム」は、発注先の様々なメッセージフォーマットに対応しつつ、リアルタイムで受注処理を行っており、万一システム障害が発生するとリカバリが非常に難しい。しかも「受注から生産、工場出荷までわずか十数時間。システムにトラブルがあると、文字通りビジネスが止まる」と計算センター・室長の石毛幾雄氏が言う通り、山崎製パンの“サプライチェーンの起点”を担う極めて重要なシステムとして位置づけられている。

EDI統合システムで採用されているHP NonStopサーバーは、1995年に第1世代のEDIシステムを稼動させて以来、取引先や取引量の拡大に対応しながらバージョンアップを重ねてきた。「しかし、この15年間、驚くことに現在まで一度も障害によるシステム停止を経験していない」と計算センター・次長の水野徹氏は言う。HP NonStopサーバーは文字通り“無停止”でEDIシステムを支え続け、絶対的な信頼を獲得している。


グループのEDI統合と流通BMSへの対応

現在稼動中の「EDI統合システム」は第4世代にあたるものだ。プラットフォームにはプロセッサやメモリが三重化された「HP Integrity NonStop NS16200」が採用され、EDIシステムの無停止運用をより盤石なものにしている。

計算センター・室長代理の土屋昌久氏は、第4世代EDIシステム構築の狙いを次のように語る。「大きな目的が2つありました。ひとつは『EDIシステムの統合によるITコスト削減と業務の効率化』、もうひとつは『次世代EDIへの対応』です」

従来、山崎製パンとデイリーヤマザキをはじめとするグループ企業は、個別の対外接続システムを運用してきた。具体的には、山崎製パンは受注と自社工場・原材料メーカーへの発注を行うシステム。コンビニエンス業態であるデイリーヤマザキは、仕入先への発注を行うシステムだ。1つ目の目的とは、これを山崎製パンが運用する「EDI統合システム」に一本化するというものである。

2つ目の目的は、いち早く次世代のEDIに対応することだ。流通系企業(発注者側)とメーカー系企業(受注者側)を結ぶEDIには、メッセージフォーマットの不統一や低速な通信速度などの問題が指摘されてきたが、こうした問題を解決するものとして期待されているのが「流通BMS」である。
山崎製パン株式会社 計算センター 室長代理 土屋 昌久 氏
山崎製パン株式会社
計算センター
室長代理 土屋 昌久 氏

「JCAや全銀TCP/IPといったレガシーな手順だけでなく、『流通BMS』などの新しいプロトコルにいち早く対応することを目指しました」(土屋氏)


ソリューション

無停止かつ柔軟な統合基盤の実現

山崎製パン株式会社 計算センター 次長 水野 徹 氏
山崎製パン株式会社
計算センター
次長 水野 徹 氏
2007年にスタートさせたプロジェクトでは、まずプラットフォームを「HP Integrity NonStop NS16200」に移行し、第4世代EDIシステムの基盤部分を確立。次に、UNIXシステムで稼動していたデイリーヤマザキの発注システムを同プラットフォーム上に統合。最終段階として、2010年3月に「流通BMS」への対応を完了させた。

先述したとおり、EDI統合システムは山崎製パンのサプライチェーンの起点を担うミッションクリティカルなシステムだ。稼動中のシステムを新しいプラットフォームに移行させ、複数システムの統合基盤として再構築するプロジェクトに対し、水野氏は「難度は非常に高かったが、トラブルもなくスムーズに進めてくれた」と評する。

本システムにはデイリーヤマザキの発注システムが統合されたが、今後は小規模な小売店からの発注に対する集配信も統合していく計画だ。また、グループ各社のシステムも順次統合されていくことになろう。

今後は「流通BMS」ベースの発注が増えていくことが予想されるが、「これは、システムにとっては必ずしも嬉しいことではない」と水野氏は指摘する。流通BMSでは、すべての企業が共通メッセージとして使えるように構造やデータ項目を標準化しているが、このことが従来の「40倍」というデータ量の増加を招く要因となった。これに対しては、不要なデータをホスト側に転送しないよう処理し、逆にホストから戻す際にはデータを復元する処理をEDI統合システム側につくり込んだ。「大幅にパフォーマンスが向上したHP Integrity NonStop NS16200であったからこそ十分な対応ができた」と水野氏は言う。

図:山崎製パン株式会社様ソリューション概要図
図:山崎製パン株式会社様ソリューション概要図

効果と今後の展望

HP Integrity NonStopサーバーは、他に類のない無停止性、スケーラビリティ、データの信頼性を提供してきたが、現在ではこれらに加えて“オープン性”を大幅に強化。他のシステムとの柔軟な連携はもちろん、開発生産性の向上を含むシステム全体のコストダウンを実現している。

最後に、石毛氏が次のように締めくくった。
「お客様のニーズも、流通の業態も刻々と変化していきます。しかし、私たちの使命は変わりません。ヤマザキブランドの多様な商品を、タイムリーかつ確実にお客様へお届けする仕組みをITで実現することです。HP Integrity NonStopサーバーの圧倒的な信頼性と柔軟性を活かして、私たちは使命を遂行していきます」

会社概要

山崎製パン株式会社
所在地: 東京都千代田区岩本町3-10-1
資本金: 110億1,414万3千円(2010年9月現在)
従業員数: 16,060人(2010年9月現在)
設立: 1948年6月21日
URL: http://www.yamazakipan.co.jp/ このリンクをクリックすると、HP社外へリンクします。

事例キーワード

業種: 製造
ソリューション: iTP Messaging Model F(集配信パッケージ)
製品: HP Integrity NonStop NS16200 サーバー

  本ページに記載されている情報は取材時におけるものであり、閲覧される時点で変更されている可能性があります。予めご了承下さい。  

お問い合わせ

HPカスタマーインフォメーションセンターの電話番号は03-5749-8328、平日午前9時から午後7時、土曜午前10時から午後6時、祝祭日、5月1日、年末年始など弊社指定の休業日は除きます。お問い合わせ
ウェブからのお問い合わせはこちら
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項