HP ProLiant m400サーバーカートリッジを活用し、研究者が新たなタイプのクラウドを研究できるCloudLabを構築

alt_text

「ARM 64ビットのシステムオンチップのサーバーカートリッジを搭載したHP Moonshotは、低コスト、高密度、省電力という将来のクラウドコンピューティングに不可欠な3つの要素を実現します。私たちは、CloudLabにあるHP Moonshotプラットフォームへのアクセス権を付与することにより、研究者が現状を打破し、将来のクラウドの機能、パフォーマンス、信頼性、およびセキュリティを変革できるようサポートしています」

−ユタ大学コンピューターサイエンス学部研究助教授
Robert Ricci氏

 

「ARM 64ビットのシステムオンチップのサーバーカートリッジを搭載したHP Moonshotは、低コスト、高密度、省電力という将来のクラウドコンピューティングに不可欠な3つの要素を実現します。私たちは、CloudLabにあるHP Moonshotプラットフォームへのアクセス権を付与することにより、研究者が現状を打破し、将来のクラウドの機能、パフォーマンス、信頼性、およびセキュリティを変革できるようサポートしています」

業界

  • 高等教育および研究機関

目的

  • 全米の研究者の広範なワークロードを実行するための効率的なクラウドコンピューティング環境を構築する。

アプローチ

ビジネスの効果

  • 従来のインフラストラクチャよりも省スペース、省電力、低コストかつ柔軟なプラットフォームでクラウドの研究をサポート
  • 全米の研究者および教育者による、将来のクラウドアーキテクチャーおよびアプリケーションに関する研究を後押し
  • 研究者が、クラウド環境で重要となる、自身で構築したシステムの機能と熱特性を監視し、詳細に把握することが可能に
  • ソフトウェア・デファインド・ネットワーク (SDN) 向けの直接制御切り替えコンポーネントを研究者に提供
 

ユタ大学

本件でご紹介のHP製品・サービス

HP Moonshot System HP ProLiant m400サーバーカートリッジ

本ページの導入事例は、PDFで閲覧頂けます。  PDF (1.04MB)

本ページに記載されている情報は取材時におけるものであり、閲覧される時点で変更されている可能性があります。予めご了承下さい。